MENU

介護の転職は、特別養護老人ホームが絶対おすすめ!その理由

f:id:shimazo3:20190704002556p:plain

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今回は、特に中高年の介護職へ転職する方に向けて、私が勧める特別養護老人ホームについて紹介します。

しまぞー

介護の仕事に就くなら、特別養護老人ホームが絶対おすすめです。

その主張をもとに、特別養護老人ホームの人員配置、仕事の流れ、夜勤について解説し、後半は、特別養護老人ホームのおすすめ理由3つ紹介します。

特別養護老人ホームは【終の棲家】と言われています。

介護保険の要介護度が3以上で入居可能jです。

そのため、比較的他の介護業態よりも介護度が重たい入居者が住まわれています。

従来型(多床室)とユニット型(個室)がありますが、2000年に始まった介護保険制度施行後はユニット型(個室)の普及が進められています。

>>特養と有料老人ホームの面接内容を比較した記事

目次

特別養護老人ホームの人員配置

会社と人員のイメージ

特養の人員配置は、厚生労働省令で決まっていて、入居者3名に対して介護職員もしくは看護師1名です。

ユニット型は、私の経験(3施設)でも、日中は1ユニットに職員1名での対応、夜勤は2ユニット20名に1人で対応する人員配置になっています。

そのため、他の業態と比べて、レクリエーションは少なく、外部のボランティアに頼ってます。

>>詳細記事:私の勤める特別養護老人ホームでのレクリエーション、イベント

特別養護老人ホームの日中の仕事の流れ

スケジュールのイメージ

特別養護老人ホームの日中の仕事内容を記事にしました。

>>詳しい内容を知りたい方は(3分程度)で読めますのでご覧ください

特別養護老人ホームの夜勤

夜勤のイメージ
  • ショート夜勤とロング夜勤の違いは?
  • 夜勤は何時間働くの?
  • 休憩時間は?
  • 夜勤に関する11の質問

本章では、「これから介護へ就職を考えている」「転職で業態を変えたい。」このような疑問、質問にお答えする為に夜勤に関する3つの記事を用意しました。

特に、特別養護老人ホームの夜勤についての内容となっています。

転職に特別養護老人ホームがおすすめ,3つの理由

下の記事は、中高年50歳代の介護へ転職する方は特別養護老人ホームを選択すべき!と最近記事にしたものを紹介しています。

この記事では、入社3か月を経過すれば問題ない、特別養護老人ホームで経験すればどこの介護業態へ行っても通用するという記事です。

お勧め理由①:介護に専念しやすい環境

入居者の心身や生活のご様子、ケア内容を日々記録するケース記録は、電子データだったり、紙媒体だったりとそれぞれです。

その中でも、特別養護老人ホームは電子データで管理するケースが多いです。そのような施設の介護職員は介護業務に専念できる環境です。

パソコンでの記録の利点は・・・

  1. 例えば、夜間帯入眠中の記載を【入眠一括ボタン】で20名分一気に記録できる。
  2. 後から個別に【徘徊されている】と打ち直しが出来る。
  3. 看護師、ケアマネの端末に記録を転送する事が、ボタン一つで出来きる。

そのため、転記作業のある紙媒体(手書き)と比較すると圧倒的に速くなるでしょう。

特別養護老人ホームの業務内容の詳細記事を3つご用意しました。

お勧め理由②:グループホームVS特別養護老人ホーム

夜勤で比較して、どちらもロング夜勤(16時間勤務)の場合

  • グループホーム入居者9名対応
  • 特別養護老人ホームの夜勤20名対応

しかし、どちらが楽かと言えば、特別養護老人ホームの方がです。

特別養護老人ホームがグループホームと比べて楽な3つの理由

  1. 特養は清拭タオルをリネンでに出している
  2. 清掃は特養によりますが業者が入っている
  3. 利用者の衣類の洗濯はクリーニングに出している

>>介護職員としてグループホームに就職する,転職する方に大変さ,楽しさを詳しく解説

お勧め理由③:入居者の容体変化が日常茶飯事

入居者の特変、救急搬送が日常茶飯事

特別養護老人ホームの大変なところは、ご入居者様がとても高齢で要介護度が3以上であることです。

いつ特変があってもおかしくない方々です。その時はスピーディーな対応が求められます。

熱が出た時の対応

入居者の発熱などは、ざらにあります。ご入居者様が突然震えだし、熱を測ったら40度だったなど頻繁にあります。

>>介護施設での緊急時の対応の記事

誤嚥時の対応

食事中に食物をのどに詰まらせて救急車で病院に運ばれる。食事介助をしていて誤嚥し、その後誤嚥性肺炎が原因で救急搬送などがあります。

>高齢者の食事形態、誤嚥についての記事

利用者に対して健康チェックを怠らない

健康チェックのイメージ

毎日、バイタルサインで健康状態を確認し、その数値がそのご入居様の普段の状態と違いがないか把握しなければなりません。

バイタルサインとは

BT(体温)BP(血圧)P(脈拍)spo2(血中酸素飽和濃度)の計測で、異常がないか判断します。プラス意識と呼吸も確認します。

この様に特別養護老人ホームは、医療的ケアの面も学ぶ必要があります。

まとめ

私は50歳代の介護への転職を考えている方には、特別養護老人ホームをおすすめします。

一度記載しましたが、特別養護老人ホームは介護職に専念できます。

私は介護士には「気づき」と「注意力」が必要だと思います。

入居者様の変化に気づくことが必要なのです。

例えば食事介助をしていても、周りの入居者の食事も確認していなければなりません。

特別養護老人ホームで働けば、コミュニケーション能力、介護技術、医療的ケアの知識、注意力等介護にかかわるスキルを磨くことができます。

これからも私の勤める「特別養護老人ホーム」の情報は発信していきたいと思います。

最後に、介護に転職・就職を考えている介護職希望の方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

しまぞー

こんな人におすすめ!

  • 介護職に興味がある
  • ハロワの職業訓練を受けている
  • 転職先がなかなか見つからない
  • 今の職場の人間関係に悩んでいる
  • 会社の理念が合わない

このような状況にいるなら、ぜひ無料なので私のおすすめ転職エージェントの【マイナビ介護職に相談してみてください。

私の経験から、転職活動を成功させるために”転職エージェント”への無料登録をおすすめします。

私が転職活動で転職エージェントを利用した時に、とても助かったのが、”面接同行”と”希望の収入”マッチした施設を探してくれることでした。

実際に利用して分かった”マイナビ介護職”の7つの特徴とメリット

  1. 介護の無資格・未経験OK求人多数掲載。
  2. 担当者が面接に同行してくれる。
  3. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  4. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  5. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  6. 面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所がある。
  7. 求人の4割が非公開求人
しまぞー

私が実際に利用して分かったマイナビ介護職」のおすすめ理由を下の記事でさらに詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

>>しまぞーおすすめ転職エージェント,【マイナビ介護職】を紹介

\4割が非公開求人/

私の一番のおすすめ転職エージェントはマイナビ介護職ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。.

良かったらスマホにブックマークしていただけるとうれしいです。

 今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる