中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護の仕事に就こうか考えている中高年に向けて【50歳の転職面接編】を解説します。

特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

今回は介護職に就く方に特別養護老人ホーム大手営利企業の介護参入組の面接などに関する情報をお話しします。

f:id:shimazo3:20190403184646p:plain

 

介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設)の場合

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの面接は前回記載した通り、
「特別養護老人ホームや介護老人保健施設などは、面接自体があまり履歴書を見ない、面接時の人物本位(印象)で採用を決める事務長や施設長が多いです。

 

昔気質の方が多く「よっし、やってみるか?」で決まってしまう事もあります。一応本部には通しますが、採用に関しては、管理者が人事権を持ってます。」

 

www.shimazo3.com

 

 有料老人ホームの場合

 

はどうでしょう、大手企業の介護業態への参入が見られます。

介護子会社には、ベネッセ【教育関係】、損保ジャパン【損害保険会社】、アルソック【警備会社】、木下建設【建築業】、すっと思い出すだけで大手大企業の子会社参入企業が出てきます。

 

これらの企業は、はっきり言って大企業です。大学出ても中々就くことが出来ない企業ばかりです。

 

その大企業に入りやすいのが介護参入企業です。メリットが大きいのが

福利厚生です。

参入大手企業と同じ休日数、有給休暇、各種割引サービス、静養施設の利用、退職金制度、住宅補助等を受ける事が出来る参入企業があります。

有料老人ホームの面接 

 

ただ面接となると特別養護老人ホームと比べれば難易度は高くなります。

まず選考には書類選考があります。郵送で履歴書、職務経歴書を送り、その時点でしっかりとふるいにかけられます。

そして書類選考に合格すると次は面接です。

 

www.shimazo3.com

 

SPI性格判断テスト

 

その面接の前に、新卒同様SPI性格判断テストがあります。この適性検査は数百問の質問があり、結果介護職に向いているか判断されます。難しい質問ではないです。

 

例えば「貴方は人と接すると汗をかきますか?」との質問に5段階の回答がありその中から選択します。

かきます少しかきます普通にあります多々あります必ず大汗かきます。

 

同じ質問が数問あり、ランダムに入り込んでいて(実はしっかり決められた位置に配置されています)この中で「大汗をかく」を多く選択していたら、何らかの人と接する事に、ストレスがあると判断されるでしょう。

 

※向き不向きを判断されるだけで人格否定をしているわけではありません。

また算数や国語の試験があります。算数は1-(-1)=など頭の体操、国語は漢字の読み書き程度が多いです。

 

私の経験では、「SPI性格判断テストや算数、国語のテストは」営利企業の有料老人ホームの採用に際してとても重要な判断材料にされていると思います。

 

そして同じ日に面接となります。施設のホーム長や本社の人事部から採用担当者を派遣されてきます。面接内容は圧迫面接などは無いです。ただ話し方や身なり(スーツで面接に来ない方多いです)ダメでしょですよね、一般社会の常識ですが結構見られてますよ。

 

 また二次面接(最終面接)があります。本社人事部の部長、社長面接です。

 

 関連記事

www.shimazo3.com

 

 

www.shimazo3.com

 

今日は以上になります。

ブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

よかったら、読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。