MENU

介護職から年収1000万円稼ぐまでの4つの方法を紹介!

介護職から年収1000万円稼ぐまでの4つの方法を紹介!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【@しまぞー】です。

しまぞー

介護職は3K(きつい、汚い、危険)と言われる職業です。また、低賃金と言われています。

しかし昨今、介護職の賃金は都市部では改善されつつあります。 

介護職の給料は
  • 介護福祉士の資格を取得すると手当がつく
  • 処遇改善加算により賃金が毎年上がる(私の場合は月5万円)

この2つの要素で年収は400万円越えが出来ます。この金額は平均のサラリーマンと同じ程度の賃金です。

更に、本記事のタイトルにある通り介護職から年収1000万円までいく方法はあります。

そこで今回は、介護職から夢の年収1000万円を目指す方法を4例紹介します。  

下の記事で、私の給料明細と源泉徴収票を現役介護福祉士の給与明細を暴露!年収を【140万円】上げる具体的な方法」でスクショし添付しています。資格を取得する前後の明細にご興味のある方どうぞご覧ください。

昨年より特定処遇改善加算が始まり、勤続10年以上の介護福祉士は年収が440万円もしくは月に8万円支給できるように国が政策をすすめています。

介護職は施設の定期昇給が少ないため、年功序列ではなかなか賃金が上がらないのです。

何故かと言うと介護報酬が国で決められているためです。

施設なら入居待ちがあり、稼働率がほとんどMaxで入居人数を増やせないわけですから施設の売り上げは上がらないですよね。

これが介護職の給料が上がらない原因なのです。

下の記事では、「介護の職業はなぜ給料が低い?5つの原因を詳しく解説!」と題して介護職員のなかなか上がらない収入に関して紹介しています。

下の記事では、脱低賃金と題し「介護職員が給料をアップさせるための7つの方法」を紹介しています。

介護職、看護職の副業「単発バイトアプリカイテク」を運営している、カイテク様のケアマガジンより

夢見すぎ?介護士で年収1000万稼ぐ事は出来るのか?

ぜひご覧ください。

単発バイトアプリはこちらをタップ!

目次

介護職から年収1000万円稼ぐ方法①:経営者になる

介護職から年収1000万円稼ぐ方法①:経営者になる

経営者になれば、年収1000万円以上はいくでしょう。いかないなら開業する夢が無いですよね。

実際に私が参加していたヤフー知恵袋やTwitterでも、経営者で多店舗経営し、数億円を売り上げている方がいました。

介護現場で10年程度働いて経営者になる方や、看護師から経営者になる方もいました。

今回は経営者になるためのマネジメントを紹介するわけではないので、あまり深掘りはしませんが、ひとつ提案です。

それは介護事業所の売買があるサイトで介護事業所そのものを購入するのです。

 介護の業態の中では、一番安く人件費のかからない事業は、訪問介護事業所と言われています。

訪問介護事業のオーナーの年収は、500万円から1300万円と言われていて、一般的には約700万円が相場だそうです。

その後、事業展開をしていけば、年収1,000万円越えは可能でしょう。

こちらが介護施設、事業所の売買サイトです。金額等が掲載されていますのでご興味ある方はどうぞ!
>>介護M&A仲介の専門サイト | 介護M&A支援センター®
※このサイトは「アフィリエイト」ではありません。

介護事業で開業する場合、訪問介護事業所が設備面でお金がかからないため開業しやすいと言われています。

訪問介護事業の立ち上げに必要となる資金に関してご紹介します。

年収1000万円はケアマネジャー資格所有が近道

しまぞー

私の知る限り、独立した経営者の多くはケアマネジャーの資格を所有しています。

ただ、以前は介護初任者研修の取得後5年でケアマネの受験資格がありましたが。

近年は、介護福祉士(実務経験3年)の資格所有後、更に資格所有者として実務経験が5年間(900日)必要。

つまりケアマネジャーの受験資格を得るには、介護の仕事に勤めてから最低でも8年は介護職として実務経験が必要です。

(医療系資格者などは別のルートがありますが、ここでは介護職からのルートを紹介しています。また細かい条件は割愛しています)

特にケアマネジャーになると、利用者本人やご家族との関係はもちろん、対外的な折衝能力が必要で身に付けることができます。

ケアマネジャーのお仕事には、一般職でいう営業の仕事もあるので、独立して大きく稼ぎたい方はケアマネになると夢は大きく近づくでしょう。

介護職からの独立と比較すると、ケアマネジャーはその経験によりマネジメントなどのスキルを身に付けることが可能なため、独立に向いている資格といえます。

参考:厚生労働省:介護職員・介護支援専門員(ケアマネジャー)

訪問介護事業の立ち上げ資金

訪問介護事業を立ち上げるために必要な資金は、求人費用や広告宣伝費が主で、500万円から1000万円です。

訪問介護事業の人員配置

小さなオフィスを構え、訪問介護事業を運営するための必要費用には賃料と光熱費などがありますが、大きな費用は人件費でしょう。

訪問介護事業所の必要人員配置

  • 常勤管理者
  • サービス提供責任者(実務者研修修了者または介護福祉士の資格所有)
  • 訪問介護員は初任者研修修了者(ヘルパー2級)

③は常勤換算で2.5人以上(②のサービス提供責任者を含む)配置します。

少なくとも開業後最初の年は人件費が年間700万円はかかるでしょう。

介護の職業に興味があるなら、転職エージェントに相談してみて!

【完全無料】介護職で高収入を得るためには、まず転職エージェント利用しよう!

しまぞー

一番現実的に給料アップを図るなら、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用すると給料アップできる理由
  • 担当者(コーディネーター)が付き、給料の交渉などを代行してくれる。
  • 給料がいくらぐらいなのか業種業態により違いがあるため相場が確認できる。
  • 資格やキャリアアップの条件によって収入の交渉ができる。
転職エージェント担当者

介護は”業態”、”地域”、”資格の有無”によって収入や手当がだいぶ違ってきますので、私達転職エージェントに相場を聞いてみることをおすすめします。

▼給料アップに強い転職エージェントを2社紹介!

年収140万円アップのマイナビ介護職

スクロールできます
給料アップならここ!ポイント!

カンタン無料登録
マイナビの非公開求人は、給料が高く福利厚生が充実している案件が多い。
条件の良い大規模な施設系の案件を厳選して保有している。

マイナビ介護職は、私の年収を140万円大幅アップさせてくれたエージェント

600万円以上求人多数掲載の介護ワーカー

スクロールできます
給料アップならここ!ポイント!

カンタン無料登録
営業力が強いのが特徴。そのため、条件の良い案件を多数保有している。
営業担当が頻繁に紹介先施設を訪問することで、条件の良い施設と強いパイプができている。
400万・500万・600万円求人が多数掲載
400万円以上の求人
500万円以上の求人
600万円以上の求人

\求人数は最大の9万件/

カンタン無料登録

▼しまぞーおすすめ介護転職エージェントを比較しランキングで紹介!(ここをタップ)
スクロールできます

運営

特徴
おススメ
ポイント

求人数

対応エリア
雇用形態しまぞー
詳細記事

公式サイト
月収33万円以上の好条件求人多数!非公開求人多数
未経験・無資格OK

181,616
年間利用者数
80万人


全国

正社員
派遣社員
契約社員
パート

詳細記事

公式サイト
就労後も手厚いサポートを受けられるのはここだけ!
会員限定の
非公開求人多数訪問介護求人あり


56,000件


全国

正社員
契約社員
パート

詳細記事

公式サイト
転職最大手マイ
ナビ系列!
給料の大幅アップ
を狙うならここ!

4割が非公開求人

68,000件


全国

正社員
契約社員
パート

詳細記事
ミラクス介護王冠
公式サイト
業界最大求人12万件
地方にも強い
業界に詳しい専属コンサル
履歴書作成、面接同行

135,547
非公開求人9万件


全国

正社員
派遣社員


詳細記事

公式サイト
無資格未経験
案件多数!
無料の資格支援制度
年間休日120日求人多数
公開:10,000件
非公開求人多数


全国

正社員・パート
派遣社員
契約社員

詳細記事

公式サイト
400万から600万円の高年収求人多数掲載転職経験が
少ない方に
おススメ

 90,000件


全国16拠点

正社員
派遣社員
パート
                 詳細記事

公式サイト
地域求人に強い
担当者が全面バックカップ
非公開、レア求人多数
正社員求人に強い

30,000件
月間10万人利用


全国

正社員
契約社員
パート

詳細記事
介護の転職サイト・エージェント比較ランキング表

※「冠の画像」をタップすると公式サイトにジャンプします。
※一番右の「詳細記事」をタップするとしまぞーの記事にジャンプします。

しまぞー

下の記事では、しまぞーが選んだ転職エージェントを、それぞれ詳しく紹介しています。

下の記事は「現役介護士がおすすめ【介護転職エージェント】を比較しランキング!」で紹介しています。ぜひご覧ください!

私の経験から「介護業態別介護職員の年収と仕事内容を詳しく紹介!」しています。興味のある方どうぞご覧ください!

転職エージェント体験談!

下の4つの記事は、私が転職エージェントを利用した時の経験談です。特に2番目は、私が転職活動をしていたのを当時の在職中の施設管理者にばれてしまう恐怖の体験談です。

しまぞー

転職活動の際にはぜひご覧ください!

介護職から年収1000万円稼ぐ方法②:民間介護企業の役員

介護職から年収1000万円稼ぐ方法②:民間介護企業の役員

今は金融系や建設系、資格系大手企業の子会社が介護事業に参入しています。

大手民間介護老人ホームの役員並みの役職に就けば、年収1000万円以上いく可能性は高いです。

ある大手民間有料老人ホームの部長クラスで、年収800万円と謳い広告を出していました。

だとすると、その上の役員クラスに出世すれば、年収1000万円までいく可能性は高いです。

ただし子会社なので、親会社からの役員が選出されることが多いですが。

年収を大幅にアップ、出世希望なら有料老人ホームの非公開求人を紹介できる転職エージェントはコチラ ↓
⋙相談料円介護職の就業・転職はマイナビ介護職

下の記事では、「管理者希望の方必見!」と題し施設管理者について詳しく解説しています。

下の記事は「一般企業と介護職の違い」を詳しく解説しています。ぜひ転職の際には参考にしてください!

介護職から年収1000万円稼ぐ方法③:副業

介護職から年収1000万円稼ぐ方法③:副業

介護の副業としては、私が行っている特化型ブログやYouTubeがあります。

ブログとYouTubeの良いところは比較的お金がかからない、自宅で出来る副業というのが特徴でしょう。

ただ、制作に時間がかかるのが難点です。

どちらも制作時間を3時間程度で計算すると、時給換算すると私の経験では数百円になるでしょう。

特にブログは、開設当初読者が増えるのには30本くらい投稿しなければなりません。

また、ブログは稼げるようになるまで、時間がかかり、Googleのシステム変更が大きく影響します。

検索順位が3~10位だとしても、何かのGoogleの動き次第で圏外(300位以下)に飛ばされます。

下の記事は「介護ブログSEO対策」について解説しています。興味のある方ご覧ください!

ちなみに、YouTubeは規約の変更があったとしても、閲覧回数がいきなり下がるようなことは無いでしょう。

ヒカキンなど人気ユーチューバーですと、登録者数何百万人で、何千万円から何億円と稼いでいます。

職業に特化したYouTubeで何十万人の登録者数を抱えるユーチューバーはいます。

調理人、税理士、弁護士、ストレッチ、ヨガ、パソコンなど多岐にわたる職業ユーチューバーで人気のあるが方いますね。

介護のYouTube動画に関しても、その可能性は大きいと思いますよ。

しかし、介護系で年収1000万円となると、ブログ、YouTuberでは、まだ難しいようです。

介護職から年収1000万円を稼ぐ方法④:コンサル年収1000万円

介護職から年収1000万円を稼ぐ方法④:コンサル年収1000万円

介護事業のコンサルで年収1000万円

企業のコンサルで、実績のある方の年収1000万円は軽く超えていて。
大手のコンサル会社に入社すれば、他の企業より厳しい環境の中、数年で会社員として年収1000万円は超えています。

また、企業の各種研修の運営を行っているコンサル会社、介護事業の場合は、転職エージェント(人材紹介会社)の営業職が、コンサルタントの役割を担っているケースもあるようです。

ちなみに、私の知っている優秀な転職エージェントの担当者は、月間20名の人材を施設への転職で成約させていました。

単純に20名✖相場の50万円ならば月間1000万円の売り上げです。

歩合がどの程度あるのか分かりませんが、年収1000万円近くはいっていると思われます。

優秀な方は、営業実績を上げてコンサルタントとして独立した方もいました。

また資格ですが、コンサルに向いている資格に【介護福祉経営士】があります。
詳しい内容はこちら!
介護福祉経営士とは | 一般社団法人 日本介護福祉経営人材教育協会

一般のコンサルから介護のコンサルまで「コンサルファームを解説」しています。興味のある方ご覧ください!

ブログコンサルで年収1000万円

私もブログを始めて2年以上になりますが、名前の知られていないブログのコンサルはたくさんいます。その中でも年収1000万を有に超えている方がいます。

これは意外と知られていないのです。というか稼いでも隠してますね笑

そもそもブログコンサルとは

情報を提供し、解決のためのサポートをする仕事です。もちろん細かくはさまざまな仕事があります。

ブログコンサルで言えば、GoogleSEO、文章力、アドセンスの申請方法、アフィリエイトのやり方を教えて生徒さんからお金を頂く仕事です。

ブログのコンサルは特に資格はなく誰でも名乗れますしかしお客さんが付くには実績が必要です。

どのような条件が必要かというと

  1. ブログで稼いだ実績
  2. ブログで月間数万PVの実績
  3. SNSで情報発信をしている
  4. セミナーなどを開催し話すことが出来る
  5. コンサル会社に勤めていた経験がある

このような条件に当てはまっていれば、コンサルとして稼ぐことが出来る可能性はあります。

どのくらい稼いでいるのか?

これは人それぞれで、数十万円以上するが悪質な情報商材を販売するだけの方もいますので、気を付けなければなりません。

ただある程度実績をつめば、年間1000万円は十分に可能です。

例えば、2か月限定で一か月5万円のコンサル料を10人集めれば50万円です。

その方がアドバイスを継続したり、自分のブログ収入を入れると年収1000万円は超えることができます。

しかし、SNSは偽名、電話番号不明、住所不明の契約が多いです。今の時代だからでしょうが、例え数万円だとしても個人の信用が大事でしょう。

転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

転職した方がいい理由

職場の人間関係に悩んでいる。会社に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職したほうが良い理由

なぜ転職した方がいいと言えるのでしょうか?

  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業が求める人材は能力より人柄重視です。さらに、介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私は介護職での転職を数多く経験していますが、転職のデメリットはほとんどありませんでした。

転職意思が決まったら転職エージェントに相談!

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談することです。

私の経験から、特に異業種から介護職へ転職する場合は、最初の就業先が肝心です。

何故かというと・・・

良い職場環境には良い仲間、良い指導者がいるのが常で、その出会いによって介護の仕事を続けることができるかの分かれ道。

また介護の職業は、仕事内容は同じでも介護の施設事業所によって

  • 受け取れる給与が違う。
  • 給与上げるためのキャリアアップに差がある。

そのため最初の第一歩を、介護の業界をよく知っている転職エージェントのアドバイザーに相談することで転職の失敗のリスクを低下させることができます。

しまぞー

では、数ある転職エージェントの中でどこが一番おすすめ?

と問われると、それはレバウェル介護(旧:きらケア)です。

介護の転職エージェント一押し、レバウェル介護(旧:きらケア)

2023年6月1日より「きらケア介護」は、サービス名が「レバウェル介護」に変更になりました。

転職活動には、介護専門の転職エージェントである「レバウェル介護(旧:きらケア)」に相談するのをおすすめします。

非公開求人多数
レバウェル介護(旧:きらケア)の求人の特徴
  • 求人数最大級の10万件
  • 非公開求人が多数登録
  • 無資格・未経験者でも利用可
  • 年間休日120日以上など好条件が多数掲載
  • 福利厚生の整った求人

>>レバウェル介護(旧:きらケア)の無料の相談・登録はこちら!

\カンタン1分登録/

非公開求人が多数登録

レバウェル介護(旧:きらケア)の求人数は最大級の10万件

多くの求人の中から専任コンサルタントが、あなたにベストな求人を紹介します。

また転職エージェントの中でも珍しく、無資格・未経験者が応募できる求人があるのも特徴です。

なぜならレバウェル介護(旧:きらケア)では、介護の入り口の資格「介護初任者研修」を無料で受講できる制度があるからです。

そのため、施設、介護事業所から高い評価を受け、レバウェル介護(旧:きらケア)には多くの無資格・未経験OKの求人が集まってきます。

これから介護に就職する方」はもちろん、「今、介護職で職場環境に悩んでいる方」におすすめできるのが、

レバウェル介護(旧:きらケア)」です。

しまぞー

とはいえ、ブラックな環境は避けたいですよね。

もちろん、全ての介護の職場が悪いとは言いませんが、職場環境が悪いところはあります。

しかし、きらケア介護は専任のコンサルタントが紹介企業を入念にリサーチし、不安なあなたをしっかりサポートします。

転職をするか迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

>>レバウェル介護(旧:きらケア)の無料の相談・登録はこちら!

あなたが以下のような状況で誰かに相談したいなら

  • 介護の仕事に興味があるので話を聞いてみたい
  • サービス残業はもう嫌だ
  • もっと休みがある施設で働きたい!

レバウェル介護(旧:きらケア)の無料相談をおすすめします。

\カンタン1分登録/

未経験から経験者まで

しまぞー

更にくわしいレバウェル介護(旧:きらケア)」の口コミ・評判、おススメ理由を、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

一番のおすすめ転職エージェントはレバウェル介護(旧:きらケア)ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護専門の転職エージェントをランキング形式で紹介しています。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、あなたが望む条件を強みにしているエージェントを2社程度に選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職サイト・エージェント】ランキング!

まとめ

以上、介護職で年収1000万円まで収入が上がる方法を4つ上げてみました。

介護職で年収1000万円の道のりは険しいと思います。しかし、意外と方法はあるのです。

実際に介護職員を始めてから社長として介護事業所を開業する方は大勢います。

その中には年収1000万円を稼いでいる方がいます。

また、介護系の上場企業の役員は、年収1000万円はあるでしょう。

その他、目からうろこの関連記事をご紹介。

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20200503151542p:plain
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 面白かったです。
    年収1000万は、福祉業界ではかなり狭い道のりですよね。

目次