中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

【暴露】中高年50歳で介護職への転職!人材紹介社【転職エージェント】の仕組みを大公開!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

介護人材紹介会社【転職エージェント】の仕組み


転職希望の方が、人材紹介会社(転職エージェント)を利用するには、Google検索で「介護、転職」などのキーワードで検索します。

そうすると、人材紹介会社(転職エージェント)のホームページが沢山出てきて、その中から更に検索していく方法。

ブログ等で、介護関係の記事を閲覧していると、人材紹介会社の広告が載ってます。そこからクリックすると人材紹介会社(転職エージェント)のホームページに飛ぶシステム。

 

今までの介護職への転職で、人材紹介会社(転職エージェント)を利用し方は、パソコンをいじるたびに、人材紹介会社の広告が載っています。

 

その中には、「介護職で年収500万円」、「管理者募集」、「年間休日125日以上」など魅力的な広告が張ってあります。

この段階で気になりますよね

 

更に「もっと詳しく見たい方はこちらをクリック!」とありクリックすると、人材紹介会社(転職エージェント)の登録ページに移動します。

人材紹介会社(転職エージェント)の登録

 

人材紹介会社(転職エージェント)の登録ページでは「3分で登録終了」と登録の簡単さを謳います。

「住所、電話番号、メールアドレス、所有資格等々」を打ち込み登録されます。

 

翌日には、転職希望している、しないないに関わらず、人材紹介会社(転職エージェント)から電話がかかってきます。「今現在お仕事お探しですか?」と電話がかかってくるのです。

 

登録者は「年収500万円!」と謳っている広告を「詳しい内容はこちらをクリック!」と書いてあったからそれを見たいだけなのにです。

 

人材紹介会社(転職エージェント)にとって登録者は「転職希望者」としての扱いとなります。

このシステムは、転職希望ではない方にとっては少し強引だと思うでしょう。

 

実際の話、ほとんどの人材紹介会社(転職エージェント)の担当の方は、「年収500万円以上」の広告内容を知らないのです。

人材紹介会社(転職エージェント)の担当者より「広告部門と紹介担当は違いますから」と言われた事もあります。

人材紹介会社(転職エージェント)経由で転職する流れ(体験談)

 

  • 担当者より「今介護の仕事をお探しですか?」と聞かれます。

  「はい、探しています」と答えます。

  

  • 「資格は何をお持ちですか?」

   「介護福祉士です。」

 

  • 「今お給料はどのくらい貰ってますか?」

   「400万円位です。」

 

  • 「お探しの業態は何ですか?」

   「特別養護老人ホーム、介護老人保健施設あたりです。」

 

  • 「ご希望の勤務地は?」

   「車や電車で通勤時間が30分以内希望です。」

 

  • 「いつ頃から働けますか?」

   「一か月後位です。」

 

登録時に記載した資格などの条件の確認を行います。

 

転職希望者の条件を確認し、「では、希望の条件でお探ししますのでお待ちください」といったん電話を切ります。

 

その日のうち、もしくは翌日には人材紹介会社(転職エージェント)の担当者より再度電話がかかってきます。もしくはメールで、紹介施設が送られてきます。

 

具体的に施設名、給料などの条件等、労働条件通知書と同じ内容を紹介されます。

大体、複数の施設を用意してくれます。

 

つまり人材紹介会社は、希望の条件の施設を探してくれます。

 

人材紹介会社(転職エージェント)の売り上げの仕組み

 

まず多くの人材紹介会社(転職エージェント)が紹介する業態は「特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム」がほとんどです。

 

何故紹介会社が特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームを紹介するのかというと・・・

 

人材紹介会社(転職エージェント)は、最初に紹介するのは基本自分の持ち分の施設なのです。

  • 人材紹介会社と紹介する施設は、もともとつながりがあり、施設はその人材紹介会社より紹介の実績がある事で信用されているのです。
  • 人材紹介会社も、施設に人材を送り込むことによって実績が出来るのです。
  • 紹介料は上記の様な大規模施設でないと支払えないのです。

紹介料の仕組み

人材紹介会社(転職エージェント)は、もちろんボランティアで求職者に仕事を紹介しているわけではありません。

紹介料は紹介先の施設より転職エージェント会社に支払われるのです。

 私たち求職者が紹介料を支払うことはありません、無料です。

紹介料は、採用者の年収の30%という所、紹介料50万円など相場が決まっています。

紹介先施設も直ぐに退職されては困るので、「3か月働いたら全額の50万円支払います」という契約を結ぶそうです。

※因みに一般企業は紹介料100万円だそうです。

 

つまり人材紹介会社(転職エージェント)を経由して求人する施設は、この金額を払えることが出来る大規模の施設となります。

 

小さな規模、グループホームや訪問サービスなどの居宅系の事業所は人材紹介会社を利用して求人はしていないでしょう。それだけの金額(コスト)をかける費用は用意できないのです。

私も紹介されたことないです。

 

人材紹介会社の担当の方に、少し人材紹介会社の内情を聞いたことが有ります。

その方は月に20人の転職のお手伝いをしているそうです。

そうすると、その担当者の月間の売り上げは20名×50万円=1000万円です。

 

さすがに、担当者の方も給料は教えてはいただけませんでした。(笑)

 

施設を紹介されてからの流れに、話を戻します。

3か所くらい紹介され、面接の段取りを組んでいただきます。

 

 

www.shimazo3.com

 良い人材紹介会社(転職エージェント)の見分け方を紹介

  • 一度面接の前に面談をする転職エージェント。 
  • 履歴書や職務経歴書を確認し、職務経歴書を手直ししてくれる転職エージェント。
  • 面接に同席してくれる転職エージェント(面接時フォローを入れてくれるため安心です)

2年前くらい前に、私が人材紹介会社(転職エージェント)を利用した時は、人材紹介会社(転職エージェント)の担当者が面接の同行は普通でした。しかし最近は、面接の同行さえない紹介会社が増えているようです。

 

実際紹介会社は求人者が登録したら、自分の持ち分の施設を紹介する、面接に同行する、結果を知らせるだけなのです。それで売り上げが50万円立つなら、いい商売だと思います。

 

面接後求職者は帰りますが、紹介会社の担当者は施設に残り面接官とお話をします。
内容は面接の印象、前向きなどの返答があると思います。

後日人材紹介会社(転職エージェント)より、合否の連絡が求職者に来る流れです。

 

最低3カ月紹介先の施設で働けば、施設は紹介会社に50万円の紹介料を支払うというシステムのようです。

採用後の流れ

例えば複数面接受けて、複数社から採用された場合は、正直めんどくさい内定辞退を言わなければなりません。

 

しかし転職エージェントを通していれば、内定辞退はエージェントに任せれば大丈夫です。

いやな思いをしなくてすみます。

人材紹介会社経由での就職のメリット(体験談)

転職の紹介先を依頼する介護士に金銭の負担はない

人材紹介会社が持っている施設が求職者と合わない場合は、もちろん希望に合う介護施設を探してくれます。

 

求職者は面接する以外、何をしなくても人材紹介会社が段取りしてくれます。

 

条件面も自身で求職する際は聞きずらいですが、人材紹介会社経由ならば、もともと付き合いがある為条件を知っていて教えてくれます。

人材紹介会社経由の就職のデメリット

  • 採用に対してお金がかかる為採用のハードルは高くなる傾向です。
  • 入社後人材紹介会社経由の就職は施設にとって、お金がかかっている為、仕事が出来ないと、施設から「お前には金かかってんだぞ!」と言われることが有ります。
  • 入社後周りの職員が、人材紹介会社経由を知っていて、何故かプレッシャーを受けます。

いい加減な紹介会社の例

①ある介護施設に入ろうと思っていた時に、たまたま人材紹介会社から連絡があり、私が「この企業の面接を受けたい」と言ったらすぐ面接の段取りが決まりました。
しかしその企業は幹部候補も募集していて、その担当者に「幹部候補の求人があったからそちら断って」と言いました。

 

その担当者が「いやいや全て私がやりますから、〇〇さんは絶対連絡しないでください。」と言われたのですが、すぐに連絡があり、書類選考で落ちました。

 

更に当初予定されていた一般職員での紹介も、面接で落されました。

この人材紹介会社は面接にも同行しませんでした。

 

その施設とはつながりがありそうでしたが、面接に同行しない等人材紹介の流れ作業になっていると思いました。

 

②紹介会社がなかなか仕事先を探せなくて困っていたころ、私はたまたまパソコンで検索中、あるサイトで施設の一覧表があるのを見つけました。

私は、この一覧から家に近い施設を選んで、ホームページから募集をしてるか調べる方法に気が付いたのです。

 

紹介会社(転職エージェント)から電話が来た時に、このような一覧表がありましたよ。と言ったら「〇〇さん行きたいとこ教えて下さいよ、私が連絡しますから」と言ったのです。
私は担当者に「私だって電話ぐらいできますよ、なんであなたに50万円儲けさせることのお手伝いをしなければならないの?」

 と言ったら黙ってしまいました。

 

介護施設の一覧表サイト

 

新しい転職エージェントの仕組み

 

介護の転職業界を物流で例えます。

昨今indeeedと言うポータルサイトが登場してきました。そこから人材紹介会社や企業が登録しています。

 スーパーがindeeed、仲卸が人材紹介会社、八百屋が介護施設といえます。
このようなシステムが構築されていて、どこがお金を搾取してるんだろうと言う感じです。

私の聞いた話では、indeeedへの広告掲載は無料だそうです。

しかし実際は、掲載が見やすい位置にするには結局お金がかかるそうです。

 

私の介護おすすめ、転職エージェントを記事にしました、どうぞご覧ください。

⇊      ⇊

www.shimazo3.com

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。