MENU

介護職員が退職する際の「手続きと注意点」を詳しく解説!退職理由記事付き

手続き

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今回の記事は、介護職員の退職に関して取り上げました。

退職するに当たって、どのような流れと仕組みなのか、どのような手続きをふめばいいのか解説していきます。

ぜひ、読者のみなさんにはこの記事を読んで『退職の手続きと注意点』を踏まえて頂いて、良い転職につながればと思います。

本記事の退職に関して,主な内容・お得な情報

  1. 退職する際は法律と就業規則にのっとり退職手順を踏む
  2. 退職意思が決まったら、転職先を決める有給休暇を使い切る
  3. 有給休暇の買取が出来るケース
  4. 自己都合退職で失業給付の給付制限期間を無くす方法
  5. 介護職員の主な退職理由
  6. 転職の際は必ず給料アップを図る
  7. 退職代行サービスについて
    ※青い文字は、直接そのリンク先へ案内しています。

>>関連記事:辞める時に押さえておくべき手順

目次

介護施設での退職に関してどのような法律・ルールがあるのか?

f:id:shimazo3:20211112122342p:plain

退職届を出してからどのくらいの期間が必要か?というと、民法と就業規則・雇用契約によりとらえ方が違います。

退職に関する法律的な考え(民法により2週間後に退職できる)

まず、

民法では627条1項により、退職日を2週間後以上とした退職届を提出しなければなりません。

つまり、退職届の提出日と退職日を最低2週間空けてくださいという事です。

雇用主にとっては、突然辞められると困るからです。

施設では就業規則により退職までの期間のとらえ方が違う

ただ、勤め先の施設にも退職に関する規定が就業規則、雇用契約書に記載されています。

1か月後、2か月後、3か月、6か月後など、それぞれの施設に規定があります。

では、雇用契約書や就業規則と民法627条どちらが優先されるのかというと、調べてみましたが、どちらともいえないはっきりとしない内容でケースバイケースでした。

ただ私の経験では、雇用主と退職希望者がお互い歩み寄り、長くて3か月、最低1か月程度で退職は出来るでしょう。

退職意思が決まったら直ぐにすべきこと2つ

f:id:shimazo3:20211112122959p:plain

①:転職先を決めてから退職するのがセオリー

転職先が決まっていない状態で退職するのは避けるべきでしょう。

普通の企業であれば、退職後も転職先が決まらないケースも多いです。収入が無い状態では安心できません。

ただ介護業態内での転職ならば、介護の人材の需要が大きいです。

そのため、転職サイトやエージェントに登録すれば割と早く次の就職先が決まります。利用料、相談料全て無料ですので是非登録してください。

しまぞー

ここで登録から就職まで全て無料の介護専門の転職エージェントを目的別に紹介します。転職エージェントにはそれぞれ強みがあるので、ぜひ退職理由から最適なエージェントを見つけてください!

①給料アップならここ!ポイント!

   公式ページ

しまぞー年収140万円アップきっかけのエージェント

   公式ページ

紹介先施設に詳しく熱心な担当者
②ホワイトな職場に転職ならここポイント!

   公式ページ

完全非公開求人で
ホワイトな職場環境を紹介

  公式ページ

無資格未経験案件多数
年間休日120日求人多数
③新人に優しいエージェントはここ!ポイント!
                                  
  公式ページ


就労後も相談できる手厚いサポート

  公式ページ

無資格未経験案件多数
新人に優しい転職エージェント
しまぞー

さらに、しまぞーおすすめ介護転職エージェントを比較しランキングで紹介します!

スクロールできます
運営特徴おススメ
ポイント
求人数対応エリア雇用形態しまぞー
詳細記事


公式サイト

4割非公開求人

しまぞー年収
140万円アップのきっかけ
62,000件

全国23社

正社員
契約社員
パート


詳細記事

公式サイト
手厚いサポート
非公開求人多数
訪問介護求人
多数


  56,000件


  全国

正社員
契約社員
パート


詳細記事

公式サイト
無資格未経験案件多数
無料の資格支援制度

年間休日120日求人多数


  10,000件


  全国

正社員
派遣社員
契約社員
パート


詳細記事

公式サイト

ホワイトな職場環境を紹介

完全非公開求人
利用者満足度
96.3%


 年間利用者数     23,500件
拠点:
東京・大阪

正社員
派遣社員
パート


詳細記事

公式サイト

熱心なキャリアアドバイザー
転職経験が少ない方におススメ 87,400件

全国16拠点

正社員
派遣社員
パート
                  公式サイト

公式サイト

未経験・無資格OK

月収33万円以上の好条件求人多数!
10万件
  
全国

正社員
派遣社員
契約社員
パート

公式サイト

更にランキングを詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ
⋙現役介護士がおすすめ【介護転職エージェント】を比較しランキング! 

②:退職日までに有給休暇は全て消化しましょう

有給休暇は最大で6年半未使用の場合は、40日残っています。(※2)

たとえば有給休暇の残日数が40日の場合で、8月末日で退職日を考えた場合は・・・

  • そこから40日を引く
  • 8月分の法定休日日数8日を引く
  • 7月の休日日数分を引いた日から休む

つまり、有給休暇を全て消化するには、8月分の休日数(法定休日)、7月分の休日残数を考えて休暇を入れる。

長く働いているため、有給休暇の残日数が多い職員の場合は、1~2ヵ月近く前に、退職を申し込まないと有給休暇の全消化にならないのです。

退職時は有給休暇の買取が出来る

有給休暇は退職の際は買取をしてもいい通常だと有給休暇の買取は違法だが、退職にかかわる場合は違反ではないのです)

ただし、相手先施設・事業所と合意のもとです。事業所も買取をする義務はありません

有給休暇の買取に関して疑問もあると思いましたので、厚生労働省の長野労働局の見解があります。ご確認ください。

有給休暇の退職時の買取が労基法の違反ではない問題について(2020年8月18日追記)

f:id:shimazo3:20200818084355p:plain

引用:年次有給休暇に関する相談|長野労働局

(※2)平成31年度より有給休暇は年に5日は会社が与えなければならないようになりました。

厚生労働省:年次有給休暇についての分かりやすい解説

>>関連記事:介護に関わる労働基準法を解説

介護施設での退職届提出の流れと注意点 

f:id:shimazo3:20190813083358p:plain

介護職員の主な退職理由

読者のみなさんの退職理由は人それぞれでしょう。以前、厚生労働省介護労働者の雇用管理状況について(介護事業所を辞めた理由)の統計により、介護職員の主な退職理由をあげて、その理由と対策を書いた記事がありますので紹介します。

>>関連記事:介護職員の退職理由の記事

退職届の提出先

退職届の提出先は、直属の上司以上、リーダー、主任、施設長です。

その施設のルールがあるでしょうが、誰に提出すれば良いのか分からなければ、上記の役職者であればだれでもいいと思います。

いずれにしても施設長が了解をすることになります。

退職届はネットのテンプレートから引っ張ってきて記入し提出すると、施設もしくは本部より正式な退職届の様式を渡され記入し提出することになります。

退職届の詳しい内容と退職届のテンプレートあり、マイナビジョブ様にお借りしました。
マイナビジョブ様:退職届のテンプレート  

退職する際、事業主との関係は良好な関係で退職すべき

あくまでも飛ぶ鳥跡を濁さず、喧嘩別れではなく、きれいに退職しましょう。

なぜかというと、介護福祉士の受験資格にある実務経験は3年以上とあります。

複数にわたる事業所経験の場合、実務経験証明書を複数の施設から取り寄せなければなりません。

事業所には、実務経験証明書を記入する義務が無く事業所の任意の証明書なのです。

ですから雇用主とのトラブルでの退職は、資格を受験する際に相手施設・事業所からスムーズに実務経験証明書を得られない可能性があります。

ユニホームや健康保険証は速やかに返却しましょう。

介護職員の自己都合退職と会社都合の退職の違い 

f:id:shimazo3:20200818062435p:plain

自己都合の退職理由

自己都合の退職とは、自分の意志で退職するケースです。

自己都合退職の例
  1. 勤務条件の不満からの転職(賃金・労働時間・休日・仕事内容・人間関係など)
  2. 病気やケガで体調を崩した場合
  3. 結婚・出産・妊娠などライフステージの変化
  4. 家族の介護や看護により退職する

会社都合の退職理由

会社都合退職は、リストラや倒産や経営悪化に伴い、会社側から労働契約の解約申し出がある場合など、退職の主な原因が会社(雇用主)側にあるものとされています。

会社都合退職の例
  1. 会社の倒産
  2. 会社のリストラ計画
  3. 事業所の廃止
  4. 解雇
  5. 退職するよう勧められた

※「早期退職優遇制度」などに応募した場合は該当しない 
>>厚生労働省「特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要」より

>>関連記事:退職時は転職先を決めてから開始しましょう!

自己都合と会社都合の主な違いについて

この違いの大きな点は、退職した際の失業給付に関して大きな差があります。

自己都合とも会社都合とも失業認定後7日間の待機期間があります。

自己都合の場合

7日間の待機期間後、2か月~3か月の失業給付制限がある 

会社都合の場合

7日間の待期間終了後、すぐ失業給付金支給対象になる

つまり自己都合退職の場合は、退職後2か月~3か月プラス7日間は失業給付金の期間の対象外です。

ちなみに退職後速やかにハロワに行き失業認定を受けなければ、失業給付金の受給開始時期はどんどん先送りされてしまいます。通常ですと離職票をハローワークに提出しますが、離職票は企業によっては一か月程度かかるところがあります。

ここがとても重要! 

離職票が遅くなる場合は、介護施設もしくは本部に「退職証明書」を記入してもらい、速やかにハローワークに退職の認定をしてもらいましょう。 

ちなみにこの退職証明書の請求は任意であり、施設は退職する職員が請求しない限り出してくれません。 

何が言いたいかというと、失業給付は基本失業者が離職票をハローワークに持ち込んでから計算されます。黙っていると離職票が発行されるまで待つ事になります。

退職する際は施設・事業所から離職票が届くまで待つのではなく、退職証明書を作成してもらい速やかに「ハローワーク」に提出してください。

>>ハローワーク雇用保険の具体的な手続き

失業の給付制限をうけないかしこい方法(職業訓練の受講)

ハローワークが案内している職業訓練は2か月から2年くらいまでさまざまあります。

例えば介護の初任者研修ならば2~3か月のコースです。

つまり、自己都合の退職でも当初から職業訓練をうければ、2か月~3か月の給付制限がなくなります。

初任者研修を受けて、研修中に介護の仕事先を探してしまえば、収入が無い期間を避けて再就職できます。

>>ハローワーク職業訓練・一覧インタネッ検索トサービス

介護職員の転職は、給料アップを狙うべき

f:id:shimazo3:20200807025723p:plain

同じ介護業界への転職なら必ず年収アップする転職先を探しましょう。

同じ介護業態に転職希望の場合

私は居宅介護の小規模多機能型から今の特別養護老人ホームの転職で年収は140万円と大幅にアップしています。

転職の条件としては3年介護職員として実務を経験し国家資格である介護福祉士であれば、介護業態への転職はとてもたやすいです。(※3)

首都圏での特別養護老人ホームであれば、どこでも年収400万円近く行きます。

 私が年収を140万円あげた記事です

>>【再現性大】私が転職で年収を140万円アップさせた記事

給料がいいから少し「いわくつきの職場」だろうと思われるかもしれません。

しかし、私の経験では特別養護老人ホームであれば、サービス残業などのひどい職場環境は少ないです。

⋙私が年収140円アップしたきっかけは、転職エージェント「マイナビ介護職」を利用し居宅系から施設に転職をしたことです。

介護とは違う業態に転職希望の場合 

若い方で優秀な方ほど転職される方がいます。「介護ならいつでも戻ってこられるから」と言われて転職されます。

ただし、介護福祉士の資格は、他の職業への転職には何も有利な点がないです。(※3)

あくまでも、介護の資格は介護の仕事でつかえる資格ですね。

>>関連記事:転職のまとめ記事随時追記中

退職代行サービス

もし、退職したいが、なかなか勇気がなくて言い出せない、トラブルを抱えているなら退職代行という手段があります。

>>退職代行について詳しくは下の記事からどうぞ! 

最後に、介護に転職・就職を考えている介護職希望の方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

しまぞー

こんな人におすすめ!

  • 介護職に興味がある
  • ハロワの職業訓練を受けている
  • 転職先がなかなか見つからない
  • 今の職場の人間関係に悩んでいる
  • 会社の理念が合わない

このような状況にいるなら、ぜひ無料なので私のおすすめ転職エージェントの【マイナビ介護職に相談してみてください。

私の経験から、転職活動を成功させるために”転職エージェント”への無料登録をおすすめします。

私が転職活動で転職エージェントを利用した時に、とても助かったのが、”面接同行”と”希望の収入”マッチした施設を探してくれることでした。

実際に利用して分かった”マイナビ介護職”の7つの特徴とメリット

  1. 介護の無資格・未経験OK求人多数掲載。
  2. 担当者が面接に同行してくれる。
  3. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  4. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  5. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  6. 面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所がある。
  7. 求人の4割が非公開求人
しまぞー

私が実際に利用して分かったマイナビ介護職」のおすすめ理由を下の記事でさらに詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

>>しまぞーおすすめ転職エージェント,【マイナビ介護職】を紹介

\4割が非公開求人/

私の一番のおすすめ転職エージェントはマイナビ介護職ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20200807030139p:plain
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる