MENU

介護の職業で介護職員は「夜勤など当日欠勤出来るのか?」解説

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今日は介護職員は「当日欠勤は出来るのか?」について解説します。

当日欠勤とは出勤日にかぜや体調不良、親類がお亡くなりになり葬儀に出なければならないなどの理由で、出勤当日に休む場合の事です。

「当日欠勤は出来るのか?」について結論から申し上げますと・・・

「休めます」

ただし、ケースバイケース、間違いなく周り、自分の担当のフロア、ユニットの仲間の職員に迷惑は掛かります。

また、施設・事業所の規模にもよります。規模が大きければ、あなたが休んだ場合の代わりの職員を補完することの難易度は低くなるでしょう。

それではこれから介護の職場での当日欠勤が出来るケースを中心に紹介します。

※ただし、記事の内容は私の経験です。気になる内容は自身の施設にご確認ください。 

まず最初に、どのような職場・介護業態が休みやすいのか解説します。 

目次

大規模施設の方がシフト変更の融通が利く

大規模施設の場合、たとえば、私の職場の施設である特別養護老人ホームですが、介護職員の数は40名を超えます。

これがグループホームでは職員の人数は10名程度です。

グループホームのような小規模事業所と比べると、人数の多い特別養護老人ホームの方が代わりの職員を補完するのが多少容易ではあります。

ただ、夜勤の辛さもあります。私の経験からも、グループホームより特別養護老人ホームの方が夜勤中の仕事が体力面でハードなため、夜勤担当の無理な変更はできません。

施設では、夜勤時における緊急時の対応休憩回しの為の職員が、夜勤フリー(どこのユニットにも属さない補充要員)として勤務しています。

夜勤フリーが、欠員時の代替人員として欠勤した職員のユニットを担当することになります。

小規模事業所(デイ・訪問)・人員が少ない→休みにくい、補充しづらい
大規模施設(老健・特養)・・人員が多い→休んでも、補充しやすい

⋙大規模施設への就職無料相談【マイナビ介護職】はコチラ

>>介護職員としてグループホームに就職する,転職する方に大変さ,楽しさを詳しく解説

>>介護へ転職は特別養護老人ホームを選択すべき!【技術編】

介護施設の当日欠勤シフト変更の難易度ランキング

欠勤による人員変更の難易度が高い順

1位

夜勤

2位

早番

3位

遅番

4位

日勤

もちろん施設により違いはありますが、おおよそこのような順番になると思います。

では、休みにくい位と位のシフト変更の難易度が高い理由を解説します。

一位の夜勤の欠勤の場合

一位の夜勤について、何故シフト変更の難易度が高いか説明しますと、ロング夜勤ですと17時から翌朝9時までの16時間勤務です。

もし、その夜勤者に休まれると、2回分の常勤労働時間の欠員補充をしなければなりません。

そうなると、この長時間勤務を補完できる人員はとても限られてくるのです。

では、なぜ夜勤の代わりの人員を補充するのが難しいのかというと・・・ 

  • 朝に帰った夜勤者に2日続けて夜勤をやってくれなどできません
  • 早番で上がる職員に、そのまま夜勤をやってくれなど言えません
  • 翌日の早番の職員にも夜勤を振ることは出来ません

もちろん、これらのシフトの人員配置を広範囲に組み直したり、変更して対応することはあると思います。

特別養護老人ホームの場合は、他のユニットからヘルプを頼む事態になるでしょう。

>>介護職の夜勤の働き方、ショート夜勤とロング夜勤について

二位の早番の欠勤の場合

早番も意外と厳しいのです。早番出勤者が休む場合、たいがい、午前0時をすぎて真夜中に体調不良が発覚する事が多いです。

そうなると代わりの早番を手配するには、真夜中に連絡を取り合うことになり、リーダーは夜中に眠りから起こされ対処しなければなりません。

⋙就職無料相談【マイナビ介護職】はコチラ

シフト変更をする担当はユニットリーダー

多くの施設では、前もってシフトを変更希望の場合は、介護職員が所属するユニットのリーダーです。また、リーダー不在時は主任クラスが変更を決めているでしょう。

ユニットリーダーが休みでも、私の経験では必ずユニットリーダーに電話して報告していますね。

ここで休みの電話を受けた人に言いたいのは、必ず当日働いている職員には、今日は○○さんが休みで電話があったことを周知させてください。そうでないと休んだ人が、「無断で休み?」とか、「ずる休みをした」とか、「なんで休みなんだろう」って職員間でうわさ話を立てられて嫌な思いをしてしまいます。

>>関連記事:理想のユニットリーダー像


ここから、当日欠勤出来るケースについて解説します。

当日欠勤をする場合の手順を理由別に解説

f:id:shimazo3:20201109214435p:plain

当日欠勤で認められるケースは、かぜを引いた場合とご家族が亡くなった場合です。

>>介護施設の夜勤の休憩時間と労働日数

休む原因が【かぜ】を引いた場合

連絡手順として、「かぜ」をひいて休む場合は、施設の担当ユニットに電話します。リーダーがいればその方に相談です。

とにかく早く連絡です。早ければ早いだけ対応する時間があるからです。

かぜならば、熱がある、寒気がするなどの症状が出ているはずです。すぐに連絡しましょう。

冬場の時期ならば、病院が空いている時間に通院し、「インフルエンザ」を疑い、血液検査をすべきでしょう。

インフルエンザなら、直ぐに検査を受けられてその場で結果が判明します。タミフルなどの薬も処方される場合もあるでしょう。

インフルエンザの施設での対応を解説しますと、インフルエンザ感染者が発生すると、介護施設にとってはとても対応が難しく大変です。

インフルエンザの感染経路は飛沫感染、接触感染です。

施設内で入居者が発症した場合は、対象者は「完全居室隔離」です。最悪どんどん他の入居者にうつってしまいます。

インフルエンザの疑いがある方も居室対応になるので、食事時はとても大変です。

お年寄りの身体は弱いので、ウイルスに感染しやすく免疫力が弱いのです。

施設で発生した場合の原因は、職員の誰かが施設内にインフルエンザウイルスを持ち込む、もしくは来所するご家族からの感染経路が大半だと思います。

つまり、職員が自宅でインフルエンザを発症した場合、入居者、他の職員にうつる可能性があるため出勤させるわけにはいきません。

これから介護職へ転職する方は、特に冬場のかぜのような症状の場合は、インフルエンザの疑いがあるので、症状の辛さを我慢して出勤をしないようにしてください。

そして、くれぐれも体調管理には気をつけてください。

>>関連記事:インフルエンザ対策には加湿

ご家族の葬儀で休む場合

介護職として働いていて父が亡くなった経験がありますが、お年寄りが亡くなる場合は夜間帯、特に朝方が多い印象です。

夜勤中であっても、途中で早退出来ないわけではありません。家族が亡くなるケースでは、喪主にでもなると葬儀の手配等、準備が山積します。

当然、夜勤中でもリーダー及び、急なシフトの変更に対応できる職員に連絡し、出来る限り早く早退できるように手配をお願いします。

早番で朝に出勤する場合でも、身内の忌引き休暇は職場全体でカバーできるような施設・事業所でないといけないですし、そのような職場であるべきでしょう。

パートは休める職場

一番当日欠勤が多いのがパート職です。子どもの体調不良や園行事などの理由で休みを取りたいこともあるでしょう。

もちろんパートであれば、休みに柔軟に対応しています。基本、パートならば夜勤をすることはないので、介護職のパートはその点に関して無理のない職業です。

>>関連記事:4つの雇用形態を紹介

介護職で24時間営業の老人施設です。自分の勝手な都合での当日欠勤は社会人として許されないです。そういう仕事だというのを、働く前に理解しておいてください。

「最初に休めるか?」の疑問に休めると回答したのは、基本的に上記体調不良と葬儀2点の理由のみです。

ただし、仕事でストレスにより精神的負担を感じているときは、リーダーに相談し、休むことも重要だと思います。ただし、当日欠勤は避けるべきでしょう。

当日欠勤以外の希望休は?

私の経験では、介護職は有給休暇をとりやすい環境だと思います。

また、シフトの希望休も取りやすくその法人にもよりますが、月に2,3回は希望休を入れることができます。

もちろん、希望休の偏りが無いようにしたいですね。シフト作成者のリーダーを困らせないようにしましょう。

ちなみに、これだけリーダーに責任を負わせても多くの施設ではリーダー手当てなどは雀の涙程度なのです。

年間休日120日以上の職場を探すなら転職エージェントの【かいご畑】に相談可

>>関連記事:介護職は休日の過ごし方が大事【私の休日公開】

急な休み,当日欠勤を取ったときのマナー

急な休みを取ったときは、次の出勤日に勤務先の上司や同僚に迷惑をかけたことに対して謝り、お礼を言いましょう。

職場への影響が少なくても、急に休んだことで迷惑をかけたことを伝えれば、責任感を持って働いていることが伝わると思います。

さらに挨拶は、職員間での人間関係で大切な事だと思います。

※休んでいる期間は必ず毎日、リーダーもしくは責任者に連絡しましょう。

連絡が無いと周りの職員が「〇〇さんはどうしたの?」など心配されるのはもちろんの事、逆にあらぬ疑いをかけられることがあります。

>>年収を【140万円】上げる具体的な方法

>>休日に関しての労働基準法はこちら!

最後に、転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

  • もっと給料を上げたい
  • 職場の人間関係に悩んでいる
  • 法人の運営に不満がある

ぶっちゃけ、このような職場の悩みを解決する一番現実的な方法は転職することです。

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談するのが良いです。しかも無料。

では、数ある転職エージェントの中でどれが一番有利なの?と問われると、おすすめは(マイナビ介護職)です。

私が実際に利用して分かった”マイナビ介護職”の7つのメリット

  1. 介護の無資格・未経験OK求人多数掲載。
  2. 担当者が面接に同行してくれる。
  3. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  4. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  5. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  6. 面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所がある。
  7. 求人の4割が非公開求人
しまぞー

更に詳しいマイナビ介護職」のおすすめ理由を、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

>>しまぞーおすすめ転職エージェント,【マイナビ介護職】を紹介

\4割が非公開求人/

私の一番のおすすめ転職エージェントはマイナビ介護職ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20201109221121p:plain
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる