MENU

介護施設の夜勤は、ショートとロングどっちが良い?介護職へ転職する方に向けて!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今回は「特別養護老人ホームの夜勤体制」について徹底解説!します。

しまぞー

特別養護老人ホームの夜勤はユニット型であればロング夜勤とショート夜勤の2種類があります。

  • ユニット型(個室)の施設:ショート夜勤、ロング夜勤ありますが、基本、夜勤は介護職員が1名での対応です。
  • 従来型(4人部屋等)の施設:ほとんどがロング夜勤で2・3名の介護職員が担当します。

>>関連記事:一般企業と介護職の違い

今回の記事では主に「ショート夜勤」と「ロング夜勤」、2種類の夜勤体制を以下の5つの労働環境に分けて詳しく解説します。

  1. 休日
  2. 労働時間
  3. 仕事内容
  4. 休憩時間
  5. 夜勤手当
目次

Twitterでショート夜勤とロング夜勤どちらか聞いてみた

f:id:shimazo3:20200801012617p:plain

特別養護老人ホームのユニット型の夜勤にはロング夜勤(16時間夜勤)とショート夜勤(時間夜勤)があります。

しまぞー

最初に申し上げておきますが、私は休日が多く感じるロング夜勤の方が好きです。また身体にも合っていると感じます。

参考のために、Twitterでショート夜勤とロング夜勤、どちらが多いのかアンケートを取ってみました。

Twitterに参加されている方の多くはロング夜勤が多いようです。

①:ショート夜勤とロング夜勤の休日の違い

【ここは分かりづらいので飛ばして結構です】

ショート夜勤の休日

労働基準法でいう休日とは24時間仕事をしない、つまり「24時間」間を開けないと休日にはなりません。

そのため、ショート夜勤の場合は労働基準法上の休み少なくなるケースがあります。

夜勤が多くなると、朝7時に勤務が終わり、その日の夜22時に夜勤に入ることが少なくありません。

私がショート夜勤をおすすめしない理由
  1. ショート夜勤の場合:シフト表が夜勤→夜勤と続く場合がある。
  2. 明けが無く、その日に夜勤に入る場合は7時から22時まで15時間空けているが休んだ気にならない。(もちろん夜勤終わりの明けた日が休日というわけではありません)
  3. ショート夜勤は、夜勤の労働時間は少なくても、ロング夜勤のような明けが無い。
  4. ショートは、夜勤を入れた労働時間の為、海外旅行のような時差ボケがある。

以上の様に私の経験でもショート夜勤は慣れるまで、体力面で疲れる傾向です。

つまり、夜勤が多くなると、労働基準法でいう休日(24時間働いている状態が無い)が少なくなる場合があります。

>>関連記事:介護の仕事に関わる労働基準法

ロング夜勤の休日

ロング夜勤の労働時間は16時間就労です。2日分働くことになりますね。


明けの次は必ず休みとなり、その休みも一か月当たり5回もしくは6回
貰えるでしょう。

上記しました通り、私は経験からロング夜勤は明けが休日に含まれないため、休みが多く感じるロング夜勤の方がショート夜勤よりも好きです。

ただ気を付けなければならないのは、就職する際、どちらの夜勤体制を選ぶのか決めなければいけません。

働いている先の途中では転職しない限り変更できませんよね。

私がロング夜勤を進める理由
  1. ロング夜勤の場合:シフト表が夜勤→明け→公休(明けを入れると、実際は明けは休日ではないが体感として2日間休日があるのと同様です)
  2. ロング夜勤は確かに長い労働時間を働かなければなりませんが、しっかり休みがあるので私は楽に感じます。
  3. ロング夜勤の場合、月に6回夜勤があると明けがある為、倍の12回休んだ気持ちになります。

「明け」とは、16時間勤務で朝の9時に終業した場合、その日は「明け」と言われその次の日はほとんど休日になります。

夜勤の働き方を選んで転職したい方、求人を探すならコチラ!
 ⋙【マイナビ介護職】に無料相談!

>>関連記事:夜勤の休憩時間と労働日数を解説!

②:ショート夜勤とロング夜勤の労働時間の違い

ショート夜勤の労働時間

  • 22時から0時まで・・・時間)
  • 0時から朝7時まで・・・時間)

合計:時間(1時間休憩の8時間労働)

ロング夜勤の労働時間

  • 17時から午前0時まで時間)
  • 午前0時から10時まで10時間)

合計:時間(時間休憩:16時間)

>>特別養護老人ホームの夜勤に関する質問コーナ

③:ロング夜勤とショート夜勤の仕事内容の違い

仕事内容はどちらが大変かというと、これは1夜勤で16時間連続勤務になるため圧倒的にロング夜勤です。

 ショート夜勤の仕事内容

出勤時間は基本22時です。2ユニット20名対応し、0時と5時におむつ交換朝の7時退社になります。

ショート夜勤は、この2回のおむつ交換が主な仕事です。

22時までは、2ユニットに1名ずつ介護職員が配置されていて、それぞれのユニットの入居者様の就寝介助が終わっています。

朝5時のおむつ交換が終わり、7時になると早番が2名出勤し、2名の早番がそれぞれのユニットを対応して起床介助を行い、早番と交代した夜勤者は退社となります。

つまり、ショート夜勤なら、夜の就寝介助もなければ朝の起床介助もありません

>>特別養護老人ホームの看取り対象者の対応についての記事

 ロング夜勤の仕事内容

私が勤める特別養護老人ホームのロング夜勤の場合

ロング夜勤の場合は、17時出勤で夕食介助、服薬介助、口腔ケア、就寝介助

そして20時には遅番が退社します。つまり20時までは、それぞれのユニットに介護職員が配置されています。

片側のユニットを夜勤者が担当、もう片方のユニットは遅番者が担当です。

20時以降は2ユニット1人体制になります。

その後夜勤者は記録等を記載し、0時と5時におむつ交換周り、起床介助を終わらせる時間の朝の7時に早番が来ます。

7時からの食事介助以降が、早番と夜勤者の2ユニット2人体制になるのです。

そして、朝食介助、服薬介助、口腔ケア迄行ったら9時の退社時間になります。

ここでロング夜勤の大きな問題なのは、起床介助にパジャマ更衣があるかですね。

これが朝の起床介助の時間に大きく左右し、夜勤の仕事のきつさが出る介助の時間です。

正直、ユニット全員の入居者「20名」のパジャマ更衣などロング夜勤の場合は出来ません。

単純に1人につき5分のパジャマ更衣があったとすると時間40かかります。

無理です。

>>関連記事:夜勤の当日欠勤は出来るのか?

④:ショート夜勤とロング夜勤の休憩の違い

ショート夜勤、ロング夜勤ともに休憩時間は1時間です。

労働基準法の休憩時間の考え方は、8時間を超えたら1時間休憩を与えるまでしか決まっていない。つまり、16時間勤務でも1時間休憩は問題ないのです。

ただ、実際休憩時間をとれているかというと施設によりけりです。

休憩をとれる施設は、夜勤体制に夜勤フリーという名前で一人余剰人員を配置しています。

各ユニットの担当者に休憩を取らせるため、プラス、緊急時の対応のために配置させています。

>>看取り介護対応ではない施設の緊急時の対応

⑤:ショート夜勤とロング夜勤の手当の違い

  • ロング夜勤の手当
    8,000から12,000
  • ショート夜勤の手当
    5,000から6,000

つまり、夜勤手当が倍近くロング夜勤の方が多い。←労働時間が倍だから当然ですね

>>私の年収140万円アップの給料明細・源泉徴収票を公開!

介護のショート・ロング夜勤の求人

無料で登録できる,介護の転職おすすめエージェント
登録から利用まで全て無料!
私がおすすめする夜勤の働き方は、もちろんロング夜勤です。

  1. しまぞー1押し4割が非公開求人
    ⋙転職エージェント最大手【マイナビ介護職】
  2. 施設はもちろん訪問介護の求人にも強い
    ⋙介護業界最大級の規模【カイゴジョブ】
  3. 好条件求人を紹介できる
    ⋙介護職の就業・転職は介護専門求人サイト【かいご畑】 
  4. ホワイト介護施設に特化した求人施設紹介サービス
    ⋙転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】
  5. 情報通で熱心なキャリアアドバイザー
    ⋙全国12拠点での地域密着【介護転職なら介護ワーカー】

更にランキングを詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ
⋙現役介護士がおすすめ【介護転職エージェント】を比較しランキング! 

介護の転職エージェントを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

ユニット型の夜勤体制に関して「厚生労働省令

厚生労働省が指定する人員配置基準

日中は、看護職員もしくは介護職員を入所者3人に対して最低1人配置することが求められており、どの介護施設でもこの基準を遵守しています。」

つまり、入居者様3名対:介護職員1名です。

 夜間・深夜はユニット型特養の場合2ユニット毎に1人以上の介護職員、もしくは看護職員を配置することとなっており、人数は少なくなります。

 ユニットケアの人員配置の考え方

「在宅の生活リズムを持ち込み、馴染みの職員がお世話をし、生活していく場を作るとなっています。その為、介護職員は1つのユニットに固定配置する。」

つまり、介護職員は完全に1つのユニットに所属する事がうたい文句だったのです。

しかし、今では人員不足、それに伴う休憩回しの為、2ユニットを行ったり来たりする人員配置になっています。

もともとのユニット型の夜間帯の勤務者は、うたい文句では「ショート勤務で片方のユニット」は知らなくても「おむつ交換は出来るでしょう」という事でした。

>>転職に役立つ私の作ったマニュアル公開!

最後に、転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

  • もっと給料を上げたい
  • 職場の人間関係に悩んでいる
  • 法人の運営に不満がある

ぶっちゃけ、このような職場の悩みを解決する一番現実的な方法は転職することです。

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談するのが良いです。しかも無料。

では、数ある転職エージェントの中でどれが一番有利なの?と問われると、おすすめは(マイナビ介護職)です。

私が実際に利用して分かった”マイナビ介護職”の7つのメリット

  1. 介護の無資格・未経験OK求人多数掲載。
  2. 担当者が面接に同行してくれる。
  3. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  4. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  5. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  6. 面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所がある。
  7. 求人の4割が非公開求人
しまぞー

更に詳しいマイナビ介護職」のおすすめ理由を、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

>>しまぞーおすすめ転職エージェント,【マイナビ介護職】を紹介

\4割が非公開求人/

私の一番のおすすめ転職エージェントはマイナビ介護職ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20200801013637p:plain
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる