MENU

介護施設の夜勤の休憩時間と労働日数について,法律上の問題を解説!

f:id:shimazo3:20211112095204p:plain

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

しまぞー

今回の記事は、これから介護に転職する方へ向けて、介護施設の夜勤中の休憩時間と労働日数について記事にしました。

本記事で読者のみなさんに伝えたい事

  • 介護施設での夜勤の休憩時間に関して、私が参加していたヤフー知恵袋で、質問者から頂いたベストアンサーの回答を法律上の観点で紹介する
  • 更に介護施設のロング夜勤の日の労働日数に関して、労働基準法などの問題を確認しながら解説!
    ※青いリンクをクリックすると該当の見出しに移動します。

介護業態の労働日数は、休日が週休2日で月の休日は9日の場合が多いので月の労働日数は、21日or22日が多いでしょう。

>>関連記事:介護職員は休日の過ごし方大事【私の休日公開】

目次

介護施設の休憩時間が取れない問題

f:id:shimazo3:20200613064524p:plain

夜勤業務で休憩が取得できないのは問題ないのか?

特別養護老人ホームで夜勤業務を行っているのですが、16時間連続勤務です。休憩がありません。法律上問題ないのですか ️?

休憩に関する法律

法律上問題はあります。 

労働基準法第34条 第1項により

「使用者は、労働時間が6時間を超える場合には45分以上、8時間を超える場合には60分以上の休憩時間を労働者に与えなければなりません。」 

労働基準法 | e-Gov法令検索


つまり

  • 6時間以上8時間未満の労働時間には45分の休憩
  • 8時間以上の労働時間には1時間の休憩

を与えなければなりません。

ロング夜勤16時間勤務の場合の休憩時間

では、ロング夜勤の17時から翌朝9時の16時間連続勤務の休憩時間は倍の時間ではないのか?

この場合、法律上時間の休憩で問題ないのです。

労働基準法には時間を超える場合は時間の休憩」としか決められていないからです。

>>夜勤の働き方、ショート夜勤とロング夜勤について

休憩時間の過ごし方の法律もあります

労働基準法

第34条 3項(休憩)
「使用者は、休憩時間を自由に利用させなければいけない。」

第109条 1項(罰則)

「第三十四条の規定に違反した者は、六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。」

この法律が言いたいことは、休憩時間中は完全に仕事から離れなければいけないという事です。更に罰則もあります。
労働基準法 | e-Gov法令検索

休憩時間中の介護職員は・・・

  • 「コール対応している」
  • 「電話は受けなければいけない」
  • 「見守りをしている」

このような対応をしながら休憩をとっている職場では、法律上「休憩時間」とは言えません。

法律違反です。

Q:グループホームの夜勤は休憩がとれない?

夜勤の人数を増やすことが出来ないのはグループホームだからですか?

A:グループホームでは労働基準法でいう休憩はとれません

私の経験上、グループホームの多くは、ユニット、もしくは2階建てのユニットです。ここが問題なのです。

解説していきますね。

このケースで休憩が取れない理由

  1. 2階建て2ユニットを、ひとりで見守ることになり、それは出来ない
  2. 片方のユニットの職員がいなくなると利用者の転倒などを防ぐための見守りが出来なくなる

介護職員が休憩時間をとるためだけに、その時間だけ夜勤の人数を増やす事も出来ません。そこまで柔軟に人員を配置できないためです。

特別養護老人ホームの場合は、同じひとり夜勤でも休憩が取得できる職場があります。

夜勤の休憩をユニットごとに時間を変えて、その職員の休憩を取るための人員をプラス1名配置しているケースです。

なかなか特別養護老人ホームの現状では人員不足の為、毎回夜勤回しの人員配置をとれる状況は難しいでしょう。 

ただし、平成27年に千葉地裁において、「イオンディライトセキュリティ事件」の判決で、仮眠時間も労働時間に該当する等の判決が出ています。
出典:労働基準判例検索-全情報

では、なぜ法律違反なのに、介護の現場において、休憩が取れない施設・事業所が問題にならないのか?ですが、実際は法的に訴えると違法で罰せられるケースもあるようです。また、訴える人が少ない、裁判沙汰になっていないため問題にならないとも言われています。そして管轄の厚生労働省が見逃している、暗黙の了解となっているといろいろな事が言われています。


>>関連記事:介護施設の夜勤に関する質問と回答

>>関連記事:認知症対応型グループホーム

介護施設の労働日数に関して

f:id:shimazo3:20200613065348p:plain

上にも記載しましたが、介護業態の労働日数は、週休2日、月の休日は日(年間の休日日数は109日程度)が多いです。

ですので、労働日数は月21日から22日でしょう。

一般職と違うところは、祝日の休日数分の休みが少ない事です。

月の休日が一般の企業のように120日以上の介護求人も存在します ↓
年間休日120日以上の職場を探すなら転職エージェントの【かいご畑】に相談!

>>関連記事:一般企業と介護職の違いについて解説!

>>介護へ転職した際におこるストレスの解消方法

本章では、介護施設の、特にロング夜勤を含んだケースの労働日数を解説します。 

  1. ロング夜勤16時間勤務の労働日数1日分か?2日分か?
  2. 深夜0時をまたぐ勤務は2日勤務なのでしょうか。

労働基準法で考察する深夜0時をまたぐ勤務の注意点 

昭63.1.1基発第1号

継続勤務が2暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも1勤務として取扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の「1日」とすること。

労働局通達

※「基発」とは:厚生労働省の労働局の局長が、労働基準法に基づいた見解を各所に通達したものです。

 つまり介護施設の夜勤が日付をまたいだといっても、始業時刻の属する日の勤務であり、連続した勤務ということになります。

(2日分の勤務ではなく日分の勤務になる)

17時から翌日9時までの夜勤勤務の場合、「17時から午前0時」と「0時から9時まで」とで労働日を分けることが出来ないという事です。

日をまたぐ労働日数の法律的解釈

民法の特別法では、1日の定義は民法の一般原則に従って「午前0時から午後24時」の24時間までが暦日の意であると解されています。
しかし、労働基準法では1日の定義はありません。←ここが重要です。

つまり労働基準法では、午前0時をまたいだ夜勤は2日間とカウントされるわけではなく、1日分の労働とされます。しかし・・・ 

【ここが重要ポイント!】

労働時間は16時間連続で働く施設は変形労働時間制を採用している

※実際の施設での夜勤は、1夜勤いくらと夜勤手当で支払われます。金額については8000円から10000円が相場

変形労働時間に関しては、下記の記事をご覧ください。

>>関連記事:変形労働時間制【労働基準法】

ロング夜勤16時間勤務が、1日分だからといって月の労働日数が多くなるわけではありません。

 ロング夜勤の場合:シフト表が夜勤→明け→公休(明けを入れると実際は、明けは休日ではない)が、体感として2日間休日があるのと同様です。

つまりロング夜勤の場合、月に9回夜勤があると明けがある為、大げさに言えば倍の18回休んだ気持ちになります。 

私がここで何を言いたいかというと・・・

日をまたいでも1日分の就労日数になるという事は

介護福祉士の受験資格には就労日数の条件がありますよね。しかし、労働局の見解「昭63.1.1 基発第1号」 は0時をまたいだ労働でも1日と定義されているために・・・

介護福祉士受験資格の就労日数が不足しないのか?


3年の受験資格の労働日数に足りなくなるという問題が出てくるのではとなります。

しかし、この問題の回答を先に言うと

介護福祉士の試験元の社会福祉振興試験センターのQ&Aによると、介護事業所、施設に任せています。

1日の労働日数でも2日での労働日数としてカウントするかどうかは介護施設・事業所に任されている。

[介護福祉士国家試験]よくあるご質問:質問・回答一覧:公益財団法人 社会福祉振興・試験センターf:id:shimazo3:20191126194352p:plain  

>>関連記事:介護福祉士資格について解説!

>>関連記事:4種類の雇用契約について解説!

夜勤の休憩時間と労働日数に関してまとめると・・・ 

休憩時間に関して 

  • 休憩時間は16時間連続勤務の場合は、夜勤で日をまたいでも労働日数の1日分
  • 休憩時間は8時間以上の労働時間はそれ以上働いても1時間
  • 休憩時間は労働に拘束されてはならない

労働日数に関して

  • 労働基準法では日をまたいでも労働日数は1日分
  • つまり、8時間を超えるので割増残業が発生する
  • 労働基準法及び雇用契約により、しっかりと休日日数は取得できる
  •  月の休日は、週休2日・月9日が基本、月の労働日数は21日or22日
  • ロング夜勤の明けは休日ではない

この言い方ですと、では労働日数が増え休日が減るのでは?と疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、労働基準法の法定労働時間と休日日数は守られます。(もちろん雇用契約により多くは月の休日は8回から9回)休日日数が減るようなことはありません

>>介護での当日欠勤が出来るのか?解説!

最後に、転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

職場の人間関係に悩んでいる、会社に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職した方が良い理由

  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業の求める人材は能力より人柄重視、さらに、介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私は介護職での転職を8回経験しましたが、デメリットはほとんどありませんでした。

転職意思が決まったら転職エージェントに相談!

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談することです。

私の経験から、特に異業種から介護職へ転職する場合は、最初の就業先が肝心です。

良い職場環境には良い仲間、良い指導者がいるのが常で、その出会いによって介護の仕事を続けることの分かれ道になります。

肝心の最初の第一歩を、介護の業界をよく知っている転職エージェントのコーディネーターに相談することで転職の失敗のリスクを低下させることができます。

では、数ある転職エージェントの中でどこが一番おすすめ?と問われると、それは(かいご畑)です。

介護の転職エージェント一押しは【かいご畑】

私が実際に利用して分かった”かいご畑”の8つのメリット

  1. 無資格・未経験OKの求人多数掲載。
  2. キャリアアップ応援制度。
  3. 担当者が面接に同行あり。
  4. 履歴書、職務経歴書の作成をアドバイス。
  5. 短時間、残業無しの人気求人が多数!
  6. 介護資格を持つ専任のコーディネーターがしっかりサポート。
  7. 希望の給与条件にマッチした就職先を紹介!
  8. 非公開求人多数


もし、あなたがこのような状況で誰かに相談したいなら

  • 介護の仕事に興味があるので話を聞いてみたい
  • サービス残業はもう嫌だ
  • もっと休みがある施設で働きたい!

介護専門の転職エージェントかいご畑の無料相談をおすすめします。

非公開求人多数
かいご畑の求人の特徴として・・・
  • 無資格・未経験者が利用可
  • 年間休日の多い施設
  • 福利厚生の整った求人
  • 非公開求人が多数登録

かいご畑は、転職エージェントの中でも珍しく無資格・未経験者の利用をおすすめしています。

キャリアアップのための無料の研修や講座があり、そのことが施設・介護事業所より評価され、かいご畑には多くの無資格・未経験の求人が集まってきます。

しまぞー

とはいえ、無資格・未経験の求人が多いといってもブラックな環境を避けたいですよね。

もちろん、全ての介護の職場が悪いとは言いませんが、職場環境が悪いところはあります。

しかし、かいご畑では介護の資格を持つコーディネーターが不安なあなたをしっかりサポート。

「これから介護に就職する方」、「今介護職で職場環境に悩んでいる方」におすすめできるのが(かいご畑)です。

転職を迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

\無資格未経験者求人多数/

無料登録はこちら

しまぞー

更に詳しいかいご畑」のおススメ理由と口コミを、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

\無資格未経験者求人多数/

無料登録

私の一番のおすすめ転職エージェントは「かいご畑」ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次