中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

特別養護老人ホームの夜勤について解説します。 

 

こんばんは(こんにちは)、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

今回は「介護施設の夜勤」に関して解説します。

 

今回知は質問コーナーを交えながら介護施設の夜勤に関して解説します。

 

労働基準法などを確認しながら介護施設の夜勤勤務に関して解説していきます。

【質問】です。

深夜を行っているのですが、休憩がありません。法律上問題ないのですか ️

【回答】

 法律上問題はあります。
労働基準法第34条 第1項により

「使用者は、労働時間が6時間を超える場合には45分以上、8時間を超える場合には60分以上の休憩時間を労働者に与えなければなりません。」

つまり8時間以上の労働時間には1時間の休憩を与えなければなりません。

ただロング夜勤の17時から翌朝9時などはどうなのか?この場合も1時間の休憩で良いのです。労働基準法には8時間を超える場合は1時間の休憩としか決められていないからです。

また、労働基準法第34条 第3項には

「使用者は、休憩時間を自由に利用させなければいけない。」

とあります。この法律の言いたいことは、休憩時間中は完全に仕事から離れなければいけないという事です。
休憩時間中も「コール対応している」「電話は受けなければいけない」「見守りをしている」これらは休憩時間とは言えません。

また労働基準法では1日の定義はありません。←ここが重要です。
民法の特別法ですから、1日の定義は民法の一般原則に従って「午前零時から午後十二時」までの暦日の意であると解されています。

では、深夜零時をまたぐ勤務は2日勤務なのでしょうか。

深夜零時をまたぐ勤務の注意点
労働基準法では、「継続勤務が二暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも一勤務として取り扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の労働として、当該日の1日の労働とする。」(昭63.1.1基発第一号・婦発第一号)となっております。

日付をまたいだといっても、始業時刻の属する日の勤務であり、連続した勤務ということになります。
午前零時を起点に、前後の勤務を区分し、前の勤務は始業時刻の属する勤務、後の勤務は終業時刻の属する勤務とすることは、連続勤務である以上出来ません。

ですから、午前零時をまたぐ勤務の所定労働時間が8時間を超える場合には 変形労働時間制を導入していなければ違法となるわけです。

●まとめて言えば日をまたぐ労働の場合は2日に分けた労働にならないのです。
17時から21時の場合、「17時から午前0時」と「0時から9時ま」でと労働日を分けることが出来ない。という事です。
このことによって、休憩時間はそれぞれ1時間づつとはならないし、残業を付けなくて良いとはならないのです。
8時間を超えた分は残業代を払わなければなりません。

あと一つ重要な点として
では介護福祉士試験の就業日数は1日なのか2日なのかですが、大方2日間にしているようです。

ただこの判断は、試験元の社会福祉振興試験センターは、介護事業所、施設に任せています。

私の勤め先特養は夜勤者に休憩をさせる為、夜勤の休憩を回す職員を配置しています

ただ他のグループホームなどではこの方法は出来ません。グループホームの多くは、1ユニット、もしくは2階建ての2ユニットです。階違いで2ユニットを見守ることは出来ないです。また夜勤の人数を増やす事も出来ないです。

 

【質問者の再質問】

回答ありがとうございます‼️
勉強になります。

>ただ他のグループホームなどではこの方法は出来ません。グループホームの多くは、1ユニット、もしくは2階建ての2ユニットです。階違いで2ユニットを見守ることは出来ないです。また夜勤の人数を増やす事も出来ないです…

の夜勤の人数を増やすことができないのはグループホームだからですか?

【質問者への再回答】

おっしゃる通りグループホームだからです。
ただ他の業態でもあります小規模多機能型居宅介護もそうです。
他にもあります。

特養が必ず休憩が休憩が出来るのは、夜勤の休憩回しをする人員を配置している施設です。なかなか今の現状では人員不足の為、毎回配置でいる状況では無いですが。

グループホームは法律上の休憩の休憩時間は間違いなく無いですね。

多くて2ユニットしかも階違いです。その別のユニットが階違いのユニットと休憩時間を2ユニットを見守りにして取りましょうとしても、そしたらどちらかの階のユニットには職員が不在になりますよね。そんなことは出来ません。
ではもう一人夜勤を増やしましょうとなると休憩は取れますが増やした人は自分の休憩を入れたとしてもその他の時間は余ります。その様な贅沢な人員配置は出来ないと言事です。

なら法律違反ではないか、と言う事は言えますが、管轄の厚生労働省は黙認している形です。

 

 今日は読んでいただいてありがとうございます。また明日よろしくお願いします。