MENU

介護現場での退職理由第1位【人間関係】その解決方法5つ挙げ,考察!

人間関係のイメージ

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士しまぞーです。

突然ですが介護職の退職理由の1位は人間関係です。

このブログを見ていただいている皆さんのなかでも実感している方が多いと思います。

ちなみに下の記事では、介護職員の離職率に関して理由と対策を考察しています。

>>なぜ介護職員は退職者が多く離職率が高いのか?辞める理由6つと5つの対策

今回は、職場の人間関係に悩んでいる方に向けて、人間関係を良好にするためのアドバイスができればと思い記事にしました。

そこで、人間関係の解決方法つ挙げました。一つでも参考になっていただければと思います。

先日、私はTwitterに下のようなツイートをしました。

特別養護老人ホーム勤務者であれば、おおかた同意いただけると思いが、なぜ、人間関係が悪くなるのか?私は以下のような原因にあると思います。

  • コミュニケーションが苦手な方が特別養護老人ホームに多い。 
  • 様々な年代や、育ってきた背景、コミュニティーが違う人間が集まっている。

心理学者で有名なアドラーは「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」とも言っています。

つまり、人間が悩むこと「お金の悩み」「病気の悩み」等は、人間関係の悩みに行きつくという事です。

逆に考えれば、人間関係が良くなれば、多くの悩みが解決するとも言えます。

では、人間関係を良好にする方法をつ紹介していきましょう。

目次

人間関係の解決方法①:自分の話を長くしない

f:id:shimazo3:20200811004641p:plain

自分の話が長くて相手が話をしだすと、その話を遮りその内容に関して自分の考えを主張する方います。

自分ではその場を仕切っていると勘違いしているのです。

そのような方は、飲み会などで力を発揮します。永遠と自分の好きな話題を語っているような人です。

しまぞー

自分の話が長い人は、精神面で不安定な方が多い傾向なのが、私の経験からくる特徴です。

人間関係の解決方法②:相手の話を聞きましょう(傾聴する)

上の内容の逆ではありますが、話し相手が話しているところをさえぎって自分の主張をして話を中断させないようにする。

相手にとっては非常に、いやな話し相手です。自分の考えが思いついても一応最後まで相手の話を聞くようにすべきです。

飼い猫

聞き上手になりましょう。相づちをうって共感することも重要です。

>介護の一歩「お年寄りとのコミュニケーション」の取り方を紹介します

人間関係の解決方法③:相手の話を否定しない 

f:id:shimazo3:20200811004943p:plain

これも結構ありますが、なんでもかんでも相手を否定し、つまり話し相手の内容を「そうじゃなくて」と逆の意見を言う。

否定することによって、自分の立ち位置を作り、主張に権威性を持たせようとする方います。

飼い猫

なんでもかんでも反対して自分の主張していると、そのうち人が離れていくのが世の常だと思います。

人間関係の解決方法④:相手の立場に立って物事を考える

相手の立場に立つことは、人間関係を良好に続ける基本だと思います。

飼い猫

相手の立場になるつまり、「もしも○○の立場だったらどうなのか?」と考える技法をアズ・イフフレームと言います。

相手の立場に立って考える際は、3つの視点を持つと良いです。

  • 自分から見た相手
  • 相手から見た自分
  • 第三者が見た自分と相手

これらの3つの視点で物事を考えると、人間関係が悪くなった原因を突き止めることができるようになります。

>>関連記事:職場で信頼を得る方法

人間関係の解決方法⑤:正論を主張しすぎない

f:id:shimazo3:20200811030029p:plain

対人関係の構築において、何が何でも正論を主張すると、結局人間関係が悪くなるケース多いです。

飼い猫

私の経験でも人のミスには厳しくて、自分のミスには寛大な方いますが。

そのような方は、周りからは白い目で見られてしまいますよね。

もしこの記事を読んでいる読者さんの中で、人間関係の良い職場を探している方は、ホワイトな職場、つまり人間関係の良い職場を紹介してくれる転職エージェントを利用するのもあり。

⋙ホワイト施設に特化した転職エージェントの【しろくま介護ナビ】はコチラ

人間は良い面、悪い面あります。悪い面だけを責めるのではなく、お互いが良い面を認め合うことが出来れば良好な人間関係を築けるでしょう。

>>関連記事:介護の職場の人間関係悪い7つの理由

>>関連記事:介護の現場のお局についての体験談!

最後に、転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

職場の人間関係に悩んでいる、会社に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職した方が良い理由

  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業の求める人材は能力より人柄重視、さらに、介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私は介護職での転職を8回経験しましたが、デメリットはほとんどありませんでした。

転職意思が決まったら転職エージェントに相談!

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談することです。

私の経験から、特に異業種から介護職へ転職する場合は、最初の就業先が肝心です。

良い職場環境には良い仲間、良い指導者がいるのが常で、その出会いによって介護の仕事を続けることの分かれ道になります。

肝心の最初の第一歩を、介護の業界をよく知っている転職エージェントのコーディネーターに相談することで転職の失敗のリスクを低下させることができます。

では、数ある転職エージェントの中でどこが一番おすすめ?と問われると、それは(かいご畑)です。

介護の転職エージェント一押しは【かいご畑】

私が実際に利用して分かった”かいご畑”の8つのメリット

  1. 無資格・未経験OKの求人多数掲載。
  2. キャリアアップ応援制度。
  3. 担当者が面接に同行あり。
  4. 履歴書、職務経歴書の作成をアドバイス。
  5. 短時間、残業無しの人気求人が多数!
  6. 介護資格を持つ専任のコーディネーターがしっかりサポート。
  7. 希望の給与条件にマッチした就職先を紹介!
  8. 非公開求人多数


もし、あなたがこのような状況で誰かに相談したいなら

  • 介護の仕事に興味があるので話を聞いてみたい
  • サービス残業はもう嫌だ
  • もっと休みがある施設で働きたい!

介護専門の転職エージェントかいご畑の無料相談をおすすめします。

非公開求人多数
かいご畑の求人の特徴として・・・
  • 無資格・未経験者が利用可
  • 年間休日の多い施設
  • 福利厚生の整った求人
  • 非公開求人が多数登録

かいご畑は、転職エージェントの中でも珍しく無資格・未経験者の利用をおすすめしています。

キャリアアップのための無料の研修や講座があり、そのことが施設・介護事業所より評価され、かいご畑には多くの無資格・未経験の求人が集まってきます。

しまぞー

とはいえ、無資格・未経験の求人が多いといってもブラックな環境を避けたいですよね。

もちろん、全ての介護の職場が悪いとは言いませんが、職場環境が悪いところはあります。

しかし、かいご畑では介護の資格を持つコーディネーターが不安なあなたをしっかりサポート。

「これから介護に就職する方」、「今介護職で職場環境に悩んでいる方」におすすめできるのが(かいご畑)です。

転職を迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

\無資格未経験者求人多数/

無料登録はこちら

しまぞー

更に詳しいかいご畑」のおススメ理由と口コミを、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

\無資格未経験者求人多数/

無料登録

私の一番のおすすめ転職エージェントは「かいご畑」ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 素敵なブログですね!読者登録させて頂きました✨
    ありがとうございます😊

  • id:cotovol
    わたさんこんばんは、大変申し訳ないです。めったにコメントいただくことが無く気が付きませんでした。
    これからもよろしくお願いします。

コメントする

CAPTCHA


目次