MENU

介護福祉士|現場以外でも大活躍!おすすめの職業・職種、仕事内容を紹介

介護福祉士の仕事というと、多くの方が高齢者や障がい者の日常生活をサポートする現場作業を思い浮かべることでしょう。

しかし、実はその資格を持つことで、現場以外にも多彩なキャリアパスを描くことが可能です。

本記事では、介護福祉士がその専門知識を生かしながら活躍できる、さまざまな職種や職場についてご紹介します。

教育やコンサルティング、営業や事務職に至るまで、介護福祉士が活躍できるフィールドは思いのほか広いのです。

これから介護の世界に足を踏み入れようと考えている方、または現場での経験を活かして次のステップに進みたいと考えている方に向けて、新たな可能性をお伝えする内容となっています。

それでは、具体的にどのような仕事があるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

目次

介護福祉士におすすめの現場以外の仕事

介護福祉士|現場以外でも大活躍!おすすめの職業・職種、仕事内容を紹介

現在、介護福祉士は、施設や自宅訪問介護以外の場所でもその資格を生かし、多様なキャリアを築いています。

介護の現場経験を活かしたアドバイザーや教育関連、事務や営業等、さまざまな職種でスキルを発揮しており、この需要はさらに増えると見込まれています。

介護福祉士養成施設の教員

介護福祉士養成施設における教員は、未来の介護福祉士を指導する非常に重要な役割を担います。

養成施設においては、豊富な現場経験をもとに学生に実践的な知識や技術を伝えることが期待されるでしょう。

教えることに情熱を感じる方や、介護の現場で培った経験を次世代に伝えたい方にぴったりの職種です。

介護福祉士養成施設等の教員要件について(厚生労働省)

福祉系高校の教員

福祉に特化した高等学校では、専門的な教育を行う教員が不可欠です。

介護福祉士の資格を持つ教員は、子どもたちに基礎的な介護技術や福祉の心を教えることができるため、非常に重宝されます。

福祉の精神を育む教材作りや、生徒たちのキャリアガイダンスに関わり、彼らの将来に大きな影響を与える可能性を秘めているのです。

福祉系高等学校等の教員要件(文部科学省)

初任者研修や実務者研修の講師

初任者研修や実務者研修の講師としては、介護の基礎知識や技術をこれから現場に出る人材に教える役目を果たします。

分かりやすく、実践に役立つ指導を行うことが求められるため、経験と専門性を兼ね備えた介護福祉士が適任です。

教育に興味があり、自身の知識と経験を共有することに喜びを感じる人には理想的な職場と言えるでしょう。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員としての職は、介護が必要な人々やその家族に対し、適切な福祉用具の提供とアドバイスを行う仕事です。

現場での経験を活かして、利用者のニーズに合った用具を提案し、快適な生活をサポートします。

豊かな人間理解とコミュニケーション能力が求められるため、人と接することが得意な方に向いています。

介護用品の営業職

介護用品の営業職では、介護現場の経験を活かし、医療や福祉施設に対して介護用品を提案します。

営業職だからといって、ただ商品を売り込むのではなく、顧客の課題を解決するための提案が求められるため、現場経験が非常に役立ちます。

また、市場のニーズを捉え、新しい商品開発にも関与する機会があるかもしれません。

介護事務

介護事務では、書類作成やデータ管理、請求業務などの事務作業を行います。

介護の実務経験があることで、介護サービスに関する理解が深く、スムーズな事務処理が可能になるでしょう。

細かな作業が得意で、組織のバックオフィスを支えることに喜びを見出す方に適しています。

保育士・保育補助

介護の現場で培った、優しい心配りやコミュニケーション能力は、子どもたちを支える保育の仕事でも重宝されます。

保育士や保育補助として活躍することで、介護福祉士の資格をいかし、世代を超えた支援が可能になります。

介護と保育は異なる分野ですが、人のケアを行う基本的な姿勢は共通しているため、余すことなくスキルを展開できます。

社会福祉士

介護福祉士としての知見を更に深めようと思った際に、社会福祉士へのステップアップは大いに意義があります。

社会福祉士は、より広い範囲での福祉サービスを提供するプロフェッショナルです。

介護福祉士から社会福祉士へ進む道は、キャリアアップにも直結し、その専門性は市場価値を高めるでしょう。

※ただし、資格取得の要件として大学や通信教育などで取得必須単位があるので難易度が高いといえます。

社会福祉士国家試験受験資格取得ルート(公益財団法人社会福祉振興・試験センター)

病院のソーシャルワーカー

病院でのソーシャルワーカーは、患者の心の支えとなる存在です。

退院後の生活サポートや在宅医療の手配など、医療と社会サービスの架け橋としての役割を果たします。

介護福祉士の経験は、この分野での専門職として大きな力となり、個々の患者に合った細やかな支援の提供を可能にします。

福祉事務所で公務員として勤務

福祉事務所での公務員は、地域社会におけるさまざまな福祉サービスの提供を実施する重要な役割を担います。

介護の経験を生かして、保健・福祉・生活支援など幅広い業務に携わることが可能です。

直接的なケアだけでなく、システムや方針を決定するポジションで影響力を発揮します。

社会福祉行政における専門職とはいうものの、必ずしも福祉系大学や短大、専門学校を卒業しなくてもよく、他の一般の大学、短大、専門学校の卒業者とともに公務員試験に合格し、しごとに就きます。

 また、福祉系大学や短大、専門学校を卒業したからといって必ずしも福祉事務所職員に配属されるわけではありません。このため、公務員試験の面接のときや就職後、職場の上司にそのむねを申し出るなどの対応が必要です。

就職のルート
引用元:WAM NET

介護福祉士の現場以外の上級職

介護福祉士の現場以外の上級職

介護現場以外での活躍が見込める上級職には、介護支援専門員やサービス提供責任者、そして施設長や管理者などがいます。

これらの役割は、組織の管理や運営、利用者・家族サポートなど多岐に渡り、介護現場で培われた経験が非常に役立つものとなっています。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員、別名ケアマネージャーは、介護サービスのプランを作成し、介護が必要な人々に適切なサービスが提供されるように支援する職種です。

介護福祉士の経験を活かして、利用者の要望や状態を把握し、多職種と連携しながら、必要な介護サービス計画を立案・調整します。

家族との関係性構築も重要な役割であり、高いコミュニケーション能力が求められます。

業務には、介護保険制度の知識も必須となり、継続的な学習や情報収集が欠かせません。

介護支援専門員試験について(公益財団法人社会福祉振興・試験センター)

サービス提供責任者

サービス提供責任者は、介護提供の現場で複数の職員を取りまとめ、サービスの品質を保つ管理者としての役割を果たします。

直接的な介護業務からは一歩引いた立場で、ケアの質を高めるための計画立案、人材育成、業務の効率化、利用者やその家族からの相談対応など多岐にわたる業務が求められます。

介護現場の経験を踏まえ、チームを率いるリーダーシップとともに、高いコミュニケーションスキルが必要になります。

施設長・管理者

施設長や管理者は、介護施設全体を統括し、その運営・管理を行う重要な役職です。

経営的視点から施設の方針や戦略を立案するとともに、スタッフのマネジメント、予算の管理、地域社会との連携など幅広い職務が求められるため、豊富な知識と経験が不可欠です。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームにおいて施設長や管理者は、高齢者の生活全般にわたる支援を統括します。

利用者一人ひとりに合わせたケアプランの実行や、質の高いサービスの提供が求められると共に、従業員の育成、法令遵守、事故防止対策にも配慮が必要です。細かい配慮と大局的な視点の両立がこの職には欠かせません。

介護老人保健施設

介護老人保健施設での施設長や管理者は、医療と介護が密接に関連する中で、効果的なリハビリテーションや医療ケアの提供を指揮します。

多職種との連携により、利用者の健康状態や個々のニーズに応じた適切なケアプランの実施、医療面でのサポートの充実が重要な役割となります。

グループホーム・小規模多機能型居宅介護施設

グループホームや小規模多機能型居宅介護施設を運営する施設長や管理者は、家庭に近い環境でのケアサービスの提供に努めます。

少人数で運営される特性上、スタッフと利用者が密接な関係を育み、アットホームなケアを提供するための適切な人員配置やプログラムの構築を考えることが求められます。

看護師

介護福祉士が看護師の資格を追加で取得すれば、医療分野でのキャリアが開けます。

病院や診療所、在宅ケアなど多様な現場での活躍が期待され、高度な医療行為にも携わることができます。

看護師としての職務は、健康管理、療養上の助言、治療の補助など多岐に渡り、介護の経験が役に立つ場面も多数あります。

公益財団法人日本看護協会(看護師になるには)

理学療法士・作業療法士(リハビリ職)

また、介護福祉士が理学療法士や作業療法士の資格を取得することで、リハビリテーション分野での専門性を高めることができます。

高齢者の身体機能維持・向上に努め、より質の高いケアを提供することができるようになります。

理学療法士は運動機能、作業療法士は日常生活動作の改善を主に支援し、それぞれの専門性を生かして、利用者の自立支援に寄与します。

公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会(リハビリテーション技師になるには?)

介護福祉士の資格が活かせる介護以外の業務

介護福祉士の資格が活かせる介護以外の業務

介護福祉士は、豊かな人間理解やコミュニケーション能力を持つ専門職です。

そのため、人と接する機会の多い職種で強みを発揮することが可能です。介護の現場以外にも、様々な仕事で介護福祉士の経験が生きるのです。

見出しへジャンプ!

営業職

営業職では、人の心を理解し、信頼関係を構築する能力が要求されます。

介護福祉士は、お客様のニーズを把握し、適切な提案ができるようなコミュニケーションスキルを有しています。

介護用品メーカーやサービス提供企業で、自らの経験を生かさながら活躍することができるでしょう。

医療・福祉関連の製品を扱う場合、専門性の高さが営業活動にプラスとなることは間違いありません。

事務職

介護サービスの現場で培った緻密な記録作成スキルや事務的な能力は、一般企業の事務職でも役立ちます。

介護関連の施設や企業では、その専門知識を活かした業務改善やサービスの質の向上に貢献することが期待されるでしょう。

また、介護保険の請求処理や人事管理など、多岐にわたる事務作業で介護福祉士の経験が活きるのです。

介護ロボットなどの開発・提案

介護の現場ではテクノロジーの活用が進み、介護ロボットやICTを駆使することで、作業の負担軽減やサービスの質向上に貢献しています。

介護福祉士は、テクノロジーを駆使するスキルも求められ始めており、新たなサービス提供方法の習得や、ケアマネジメントの効率化を図ることができるようになります。

テクノロジーの理解と活用によって、より良い介護サービスの提供が可能になっています。

さらに介護ロボティクスの開発に関わるなど、技術分野との融合も進んでおり、介護福祉士が持つ現場での経験や知識が開発の糧となっています。

介護業界を超えた介護福祉士の展開

介護業界を超えた介護福祉士の展開

介護福祉士は、その専門性を福祉の世界だけでなく、さまざまな分野で発揮しています。技術と共感力を兼ね備えた介護福祉士は、多方面で必要とされる存在になっています。

福祉用具の専門知識とアドバイザー

福祉用具会社には介護の経験が活かせる職種があります。

介護福祉士は、現場で得た深い理解をもとに、最適な福祉用具の選定や利用方法の指導を行います。

商品の開発に携わる場合も、実際の利用シーンを想定した意見が大きな影響を与えることができます。

お客様とのコミュニケーションにおいても、専門知識が信頼を築く基となります。

コンサルタントや企業研修講師への道

介護福祉士の経験を生かし、介護サービスの向上を目指すコンサルタントや、介護スキルの向上を目指す研修講師という道もあります。

介護施設の運営支援や人材育成、品質管理などの分野で専門性を発揮し、より良い介護が提供できるようサポートします。

介護現場で培った知識と経験を基に、施設やサービスの質を高める提案を行うことができるでしょう。

社会福祉の政策づくりに参加

多くの介護福祉士は、直接的な支援活動を通じて社会福祉全体への理解を深めています。

政策面での参画は、現場の生の声を政策に反映させるために非常に重要です。

介護福祉士ならではの視点をもって、福祉政策の策定や改善に関わることで、より良い社会の実現に寄与しています。

関連記事:異業種で活躍する元介護職員の成功事例

介護福祉士の働き方改革

介護福祉士の働き方改革

介護福祉士は、これまでのフルタイム勤務だけでなく、柔軟な働き方を選ぶ人も増えてきました。

多様な働き方が可能になることで、仕事と私生活のバランスを取りながら、長く介護の仕事に携わることができます。

非常勤やパートタイム勤務の増加

フルタイムだけでなく、非常勤やパートタイムで働く介護福祉士が増えています。

その理由の一つに、プライベートの時間を確保しながら介護の仕事を続けたいというニーズがあります。

さらに、複数の施設で働くことで様々な経験を積むことができるため、キャリアアップにつながるケースも見られます。

短時間勤務を選択することで、より柔軟性に富んだ働き方を実現しています。

在宅介護のサポートとしての役割

在宅介護需要の増加に伴い、自宅でのサポートを行う介護福祉士の需要も高まっています。

訪問介護では、それぞれの利用者に合わせた細やかなサポートを行うことが求められます。

利用者の自宅で介護サービスを提供することで、その人らしい生活を支える役割を担うことができます。

介護職以外でのライフワークバランス

介護福祉士が職種を変えることで、生活の質を重視したワークライフバランスを実現することが可能になります。

介護福祉士の経験は多方面で評価されるため、福祉関係の仕事以外にも転職することで新たなキャリアを築くことができます。

定時で退社しやすいオフィスワークや、クリエイティブな分野など、介護の経験が活かせる新たな職種への挑戦も一つの手段です。

地域社会と介護福祉士

地域社会と介護福祉士

地域社会は介護福祉士にとって、新たなチャレンジと成長の機会を提供しています。

地域の人々と関わり合いながら、その専門能力を発揮する機会が増えています。

コミュニティづくりに貢献する介護福祉士

介護福祉士は、地域の高齢者が安心して住み続けられるまちづくりに貢献しています。

地域活動やサポートセンターのスタッフとして参加し、高齢者の日常的な困りごとに対応しながら、住民たちが助け合い、交流を深められるコミュニティづくりを支援します。

また、さまざまな世代が参加する地域のイベントを企画することで、高齢者の社会参加を促進し、世代間共生の推進にも一役買います。

地域イベントでの介護福祉士の活動

介護福祉士が地域イベントで果たす役割は大きく、地域住民との絆の強化や、社会全体の福祉意識の向上に貢献しています。

健康教室や介護予防セミナーの企画・運営に加え、福祉用具の展示や相談対応を通じて、地域の人々に寄り添いながら情報提供を行います。

また、地域内での見守り活動や高齢者の安全を確保する取り組みも、介護福祉士に期待される重要な活動です。

高齢者向けのレクリエーションの企画

介護福祉士は、施設内のレクリエーションやアクティビティの提供で培った経験を活かし、地域に根ざした高齢者向けのレクリエーションプログラムを企画・運営しています。

楽しめるイベントの提供は、高齢者のQOL(生活の質)向上に寄与し、認知症予防にもつながります。

趣味活動やスポーツ、外出行事などを通じて、高齢者と地域住民との交流を深め、社会参加を促進する重要な役割を担っています。

転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

転職した方がいい理由

職場の人間関係に悩んでいる。会社に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職したほうが良い理由

なぜ転職した方がいいと言えるのでしょうか?

  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業が求める人材は能力より人柄重視です。さらに、介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私は介護職での転職を数多く経験していますが、転職のデメリットはほとんどありませんでした。

転職意思が決まったら転職エージェントに相談!

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談することです。

私の経験から、特に異業種から介護職へ転職する場合は、最初の就業先が肝心です。

何故かというと・・・

良い職場環境には良い仲間、良い指導者がいるのが常で、その出会いによって介護の仕事を続けることができるかの分かれ道。

また介護の職業は、仕事内容は同じでも介護の施設事業所によって

  • 受け取れる給与が違う。
  • 給与上げるためのキャリアアップに差がある。

そのため最初の第一歩を、介護の業界をよく知っている転職エージェントのアドバイザーに相談することで転職の失敗のリスクを低下させることができます。

しまぞー

では、数ある転職エージェントの中でどこが一番おすすめ?

と問われると、それはレバウェル介護(旧:きらケア)です。

介護の転職エージェント一押し、レバウェル介護(旧:きらケア)

2023年6月1日より「きらケア介護」は、サービス名が「レバウェル介護」に変更になりました。

転職活動には、介護専門の転職エージェントである「レバウェル介護(旧:きらケア)」に相談するのをおすすめします。

非公開求人多数
レバウェル介護(旧:きらケア)の求人の特徴
  • 求人数最大級の10万件
  • 非公開求人が多数登録
  • 無資格・未経験者でも利用可
  • 年間休日120日以上など好条件が多数掲載
  • 福利厚生の整った求人

>>レバウェル介護(旧:きらケア)の無料の相談・登録はこちら!

\カンタン1分登録/

非公開求人が多数登録

レバウェル介護(旧:きらケア)の求人数は最大級の10万件

多くの求人の中から専任コンサルタントが、あなたにベストな求人を紹介します。

また転職エージェントの中でも珍しく、無資格・未経験者が応募できる求人があるのも特徴です。

なぜならレバウェル介護(旧:きらケア)では、介護の入り口の資格「介護初任者研修」を無料で受講できる制度があるからです。

そのため、施設、介護事業所から高い評価を受け、レバウェル介護(旧:きらケア)には多くの無資格・未経験OKの求人が集まってきます。

これから介護に就職する方」はもちろん、「今、介護職で職場環境に悩んでいる方」におすすめできるのが、

レバウェル介護(旧:きらケア)」です。

しまぞー

とはいえ、ブラックな環境は避けたいですよね。

もちろん、全ての介護の職場が悪いとは言いませんが、職場環境が悪いところはあります。

しかし、きらケア介護は専任のコンサルタントが紹介企業を入念にリサーチし、不安なあなたをしっかりサポートします。

転職をするか迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

>>レバウェル介護(旧:きらケア)の無料の相談・登録はこちら!

あなたが以下のような状況で誰かに相談したいなら

  • 介護の仕事に興味があるので話を聞いてみたい
  • サービス残業はもう嫌だ
  • もっと休みがある施設で働きたい!

レバウェル介護(旧:きらケア)の無料相談をおすすめします。

\カンタン1分登録/

未経験から経験者まで

しまぞー

更にくわしいレバウェル介護(旧:きらケア)」の口コミ・評判、おススメ理由を、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

一番のおすすめ転職エージェントはレバウェル介護(旧:きらケア)ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護専門の転職エージェントをランキング形式で紹介しています。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、あなたが望む条件を強みにしているエージェントを2社程度に選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職サイト・エージェント】ランキング!

まとめ

まとめ

介護福祉士の資格は、現場に留まらず様々な場所でその力を発揮できます。

教育の現場では、次世代の介護福祉士を養成する教員として重要な役割を果たし、介護用具の専門相談員としては新しい福祉用具を推奨し、利用者の快適な生活をサポートします。

営業や介護事務の職では、コミュニケーション能力や専門知識が活かされ、多くの人に影響を与えることができます。

さらに、上級職では施設の運営に関わるなど、介護の品質そのものを高めるキーパーソンになれます。

介護以外の分野であっても、営業や事務、保育といった領域で経験を活かし、福祉全体の充実に貢献する道が広がっています。

この資格を持つことで、多様なキャリアパスが開け、社会の様々な場で活躍する基盤を築くことができます。

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次