MENU

介護施設の日勤業務のスケジュールを紹介!介護へ転職する方必見

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今回は私の勤める「介護施設の一日のスケジュール」を時系列で紹介します。

介護施設の勤務体制は「早番」「日勤」「遅番」「夜勤」とあります。

この記事を読んで頂くことによって、介護施設のおおよその時間帯別業務とスケジュールが分かります。

ただし、あくまでも私の勤め先ですのでご了承ください。

>>介護の転職は、特別養護老人ホームが絶対おすすめ!その理由

目次

午前8時半出勤:申し送り

10名1ユニットです。夜勤者と交代で「担当ユニット」に入ります。

交代の際、夜勤者と申し送りを行います。申し送りは夜勤者からの夜間帯の出来事や昨日から継続された注意点、ケア内容の確認です。

日勤の最初の仕事は、夜勤者が「朝食介助」、「服薬介助」が終わっていたら、「口腔ケア介助」、「トイレ誘導」、「おむつ交換」を行います。

同じ時間帯に、入浴者、外出者のバイタル測定を行います。

※基本午前中の入浴者はトイレ誘導、おむつ交換は行いません。(もちろん希望者は行います)

>>特別養護老人ホームの従来型とユニット型の違い,特徴と仕事内容を比較し解説!

午前9時15分:排泄介助

この時間までに、排泄介助を終わらせます。

水分補給の紅茶を作ります。

大体私の経験では、やかんのお湯が、沸騰してから45分くらいで、飲みやすい温度になります。

また、嚥下機能が低下されている入居者には水分にとろみをつけます。

>>介護オムツ交換の手順・ポイントを現役介護士が詳しく画像解説!

午前10時:水分補給


入居者の水分補給の時間です。水分の補給介助対象者2・3名に対しては介助します。

入居者は午前中の「臥床時間」になります。

午前10時半から11時:記録の記入


シーツ交換を2部屋分行います。

月から金曜日の5日間で、2部屋づつ10部屋がどの施設でも同じです。

この時間は、介護職員にとって時間が空きます。この時間を使って見守りをしながらケース記録を記載します。

また昼食用の水分をやかんで沸かすなど、昼食時間を気にしながら仕事を行います。水分は冷ますのに30分程度時間がかかるからです。

>>介護記録はパソコンor手書きどっちがいい?

午前11時:早出し昼食介助

早出しの方(食介対応)の食事が厨房から上がってきます。食事介助します。

食事介助者が3・4名と多い場合は、時間をずらしてお昼ご飯を提供することになります。

>>介護施設での高齢者の【食事形態と嚥下,誤嚥性肺炎】について解説!

午前11時45分:昼食の提供

昼食が厨房より上がってきます。

ご飯は常食は、ユニットで炊くところが多いようです。軟飯などは厨房で作り上がってきます。

見守りが中心です。配膳し食事介助、声掛け(食の細い方に声掛けし促します)その後薬の服薬補助、口腔ケア、トイレ誘導、おむつ交換を行います

>>介護施設での3大介助の一つ食事介助について【介助方法】を解説!

午後13時:臥床時間

休憩時間です。仕事途中でも、代わりに入る方に申し送り休憩時間です。

ご入居者は、午後の臥床時間(昼休み)になります。

午後に入浴する入居者様にはバイタル測定を行います。

午後14時:備品消耗品の補充,ゴミ集め

コーヒー等水分を、午後15時に合わせて作ります。

トイレ等にパッドやトイレットペーパーなど備品消耗品を補充する。また各トイレや居室のごみを集めてゴミ置き場まで捨てに行きます。

その14時から15時も一旦時間が空きます。午前に書けなかった利用者の分のケース記録を記載します。

午後15時:おやつの提供

おやつタイムです。

後15時半:排泄介助

トイレ誘導、おむつ交換に入ります。

午後16時:早番退社

午後16時には、早番が排泄関係を終わらせて退社になります。

後17時:早出し夕食介助

早出しの夕食が上がってきます。17時半まで食事介助を行います。

午後17時半:日勤終業

日勤の終業時間となります。

その他の業務:入浴に関して

入浴は施設によって違います。いっぺんに入れるところ、個浴のみユニットで対応する。いずれにしての入浴がある日は、ユニットにもう1名人員を必要とします。

>>介護施設【機械浴の種類別入浴介助の手順】について解説!

その他の業務:夜勤に関して

  • 夜勤がショート夜勤(22時から翌朝7時)
  • ロング夜勤(17時から翌朝9時)

夜勤帯の勤務体系によって仕事の流れが違います。

夜勤に関する記事を関連記事として2つ紹介します。

>>【夜勤の質問】介護施設の夜勤に関する11の質問答えます

>>介護施設の夜勤は、ショートとロングどっちが良い?介護職へ転職する方に向けて!

最後に、介護に転職・就職を考えている介護職希望の方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

しまぞー

こんな人におすすめ!

  • 介護職に興味がある
  • ハロワの職業訓練を受けている
  • 転職先がなかなか見つからない
  • 今の職場の人間関係に悩んでいる
  • 会社の理念が合わない

このような状況にいるなら、ぜひ無料なので私のおすすめ転職エージェントの【マイナビ介護職に相談してみてください。

私の経験から、転職活動を成功させるために”転職エージェント”への無料登録をおすすめします。

私が転職活動で転職エージェントを利用した時に、とても助かったのが、”面接同行”と”希望の収入”マッチした施設を探してくれることでした。

実際に利用して分かった”マイナビ介護職”の7つの特徴とメリット

  1. 介護の無資格・未経験OK求人多数掲載。
  2. 担当者が面接に同行してくれる。
  3. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  4. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  5. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  6. 面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所がある。
  7. 求人の4割が非公開求人
しまぞー

私が実際に利用して分かったマイナビ介護職」のおすすめ理由を下の記事でさらに詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

>>しまぞーおすすめ転職エージェント,【マイナビ介護職】を紹介

\4割が非公開求人/

私の一番のおすすめ転職エージェントはマイナビ介護職ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とてもうれしいです。

 今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる