中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

医師の年収1000万円以上、介護士は300万円以下700万円差の理由を介護報酬と医療報酬の観点から比較してみた!

介護職のみなさん、介護保険の【介護報酬】と、健康保険の【診療報酬】は分かりますよね。

同じ国からの報酬制度で成り立っているのに、なぜ医療職の給料は高く支払えるのか?考察してみました。

 

ただ今回の比較は資格の難易度を全く無視した内容ですのでご了承ください。

 

なんで同じような報酬の形態なのに、お医者さんの給料は1000万円以上、介護士の給料は300万円以下なのでしょうか?

 

今日は医療職と介護職に、なぜこの給料の差が生まれるのか、その原因の一つであると考える介護報酬と医療報酬観点から比較し、記事にしていきたいと思います。

 

下の表は医療費の予算ベースです。財源の予算を使い切った場合の診療報酬と考えてください。

 

介護報酬との同年度の予算ベースの比較が、見つからないのでおおよその比較と考えてください。

f:id:shimazo3:20190617063554p:plain

 

①診療報酬(財源負担)

 

f:id:shimazo3:20190617024348p:plain資料:財政制度審議会 平成25年10月21日

 

診療報酬の財源構造を見てみると、


税金負担・・・・・・38.1%(約16兆円)

健康保険料負担・・・48.5%(20兆円)

個人負担・・・・・・13.4%(5兆円)

となります。

 

 ②介護報酬の(財源構造)

 

f:id:shimazo3:20190617043832p:plain

f:id:shimazo3:20190617044217p:plain

 

  • 少しわかりずらいのが、上の診療報酬の表は、「個人負担が含まれている」
  • 下の介護報酬の表には「個人負担」が含まれていません。

 

上の表の赤色部分の総費用ベース10.4兆円が個人負担になります。
介護報酬のグラフは、個人負担分1割を抜いた9割の負担の内訳になります。

 

介護報酬の財源構造を見てみると

 

介護保険の内訳は簡単です。

まず半分に分かれます。

保険料50%、公費50%です。公費も国と自治体に分かれ、さらに

折半しています。

 

診療報酬と介護報酬を比較していきます

 

税金

 

診療報酬・・・・16兆円

介護報酬が・・・4.8兆円

 

保険料

 

診療報酬・・・・・・・・・・20兆円 

介護報酬が2.3兆円プラス2.6兆円=4.9兆円

 

個人負担

 

診療報酬・・・・・5兆円

介護報酬・・・・10.4兆円

 

合計

 

診療報酬・・・・・・・・・・16兆円+20兆円+5兆円=41兆円

介護報酬・・・4.8兆円+4.9兆円+10.4兆円=20.1兆円

 

以上により財源(報酬)は診療報酬(健康保険)が介護報酬(介護保険)を20兆円以上、倍近く上回っています。

 

介護報酬の仕組みを紹介した記事です。

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

病院数、施設・事業所数を比較します

 

全国の病院数

 

2018年7月1日現在:約97,000件です。

 

全国の介護施設、事業所数

 

  • 居宅介護支援事業所・・・・・・・・・42,482件
  • 介護老人福祉施設(特養)・・・・・・・7,707件
  • 老人介護保険施設・・・・・・・・・・・4,244件
  • 介護療養型医療施設・・・・・・・・・・1,339件

 

2016年現在:・・・・・・・55,772件です。 

※厚生労働省の統計により

 

私の給与明細の記事月収34万円、年収413万円です。

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

人員の配置

 

介護施設は「入居者3名に対して介護、看護職員が1名です。

病院は「急性期病棟」では患者7名に対して看護師が1名です。

やはり、病院での看護師のハードさが出ています。

 

医師・看護師・介護士の人数

 

2016 年12月31 日現在における全国の届出

 

医師」32万人、「歯科医師」10万人。

 

2014年末時点の就業看護師数108万人でした。

 

2016年現在で介護職員の人数は622万人です。

 

医師の20倍圧倒的多数です。

介護職員の人数の参考元の厚生労働省の資料です。

 

特別養護老人ホームで一緒に働く仲間の看護師さんの仕事です 。

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

最後に

今日使用したデーターの比較は、比較年度が違います。あくまでも目安として認識してください。

予算は介護の予算より医療の方が倍違いました。

そのため医師には高い給料を払えるのですね。

人員配置は、病院はきびしいですね。

 

意外と比較して、表に出てきたものはあると思います。比較する意味がないと言われそうですが、数字の遊びと思って許してください。

 

今日のサービスショット!

おやすみ💛

 今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。