MENU

介護オープニングスタッフがすぐ辞める理由|5つの具体的な解決策

介護オープニングスタッフがすぐ辞める理由|5つの具体的な解決策
介護のオープニングスタッフとは

介護のオープニングスタッフとされるのは、新規開設の介護施設で、一番初めに働くスタッフのことを指します。新たに独立する施設や、既存の施設が拡大する際に新設される部署など、ゼロからスタートする場で活動する者たちです。オープニングスタッフは、施設の初期運営における重要なポジションを担い、施設の運営方針やサービス内容の立案から運営、そして介護業務まで幅広く担当します。

介護のオープニングスタッフの役割

介護のオープニングスタッフは、新規開設の施設を成功させるための重要な役割を担っています。彼らは施設の運営方針を立案し、新しいサービスを生み出し、高齢者に対する適切な介護を提供するために必要不可欠な存在です。そのため、彼らには高いスキルと責任を求め、大きな期待が寄せられています。

新たな介護施設開設の切り札とされる「介護のオープニングスタッフ」。

しかし、彼らは頻繁に仕事を辞めてしまいます。

それは、

  • 仕事の負荷の大きさ
  • 待遇の劣悪さ
  • 人間関係の問題
  • 施設運営の問題
  • 自身の能力不足

といった理由からです。

これらの問題を解決しなければ、オープニングスタッフが定着することは難しいでしょう。

そこで、本記事ではそれぞれの問題点をひも解きつつ、その解決策を具体的に紹介します。

解決策の一つとして、

  • 仕事の負荷を減らす策
  • 待遇の改善
  • 人間関係の改善

などがあります。

これらを実践することで、オープニングスタッフの定着率を上げることが可能となるのです。

さらに、それぞれの解決策が持つ具体的な効果についても触れます。

介護のオープニングスタッフが担う役割と期待、その辞職率の高さという現状。そして、その改善策、具体的な効果までを総合的に解説していきます。

介護のオープニングスタッフが直面する問題を理解し、より良い職場環境を作るための一助として、ぜひ本記事をお読みください。

目次

介護のオープニングスタッフの離職率の高さと辞めてしまう背景

介護のオープニングスタッフの離職率の高さと辞めてしまう背景

オープニングスタッフの辞職率の高さ

介護のオープニングスタッフの辞職率は非常に高く、これが業界全体の問題となっています。

新規開設の施設での仕事は厳しい環境下にあることが多く、それがスタッフの精神的、身体的な負担を増大させ、結果として早期退職につながります。この問題の解決が求められています。

オープニングスタッフが辞めてしまう背景

介護のオープニングスタッフが早期に辞めてしまう背景には、様々な要素が絡んでいます。

新規開設の施設ということもあり、慣れない業務や問題解決に迫られることも多く、物理的、精神的な負荷が大きいのが現状です。

また、オープニングスタッフは施設や事業所の土台作りを行う重要な役割を果たすため、責任の重さやプレッシャーも抱えます。

これらが蓄積されることで、スタッフがすぐに辞める結果につながってしまうのです。

介護のオープニングスタッフが辞めてしまう5つの理由

介護のオープニングスタッフが辞めてしまう5つの理由

理由①:仕事の負荷が大きい

介護業界全体の問題として、仕事の負荷が大きいことが挙げられます。

オープニングスタッフになると、既存の施設に比べて業務が多岐に渡り、より一層その負荷が大きくなります。

新規開設の施設では、

  • 新たにシフトを組んだり
  • 施設の運営方針を作成したり

業務が増える一方、人手は限られ、結果的に一人の仕事量が増加します。

理由②:待遇が劣る

介護業界では、待遇面での問題が常に課題とされています。

オープニングスタッフになると、その重責が反映されず、むしろ低賃金や待遇の悪さが目立つ場合もあります。

そのため、待遇が劣ると感じた場合、スタッフが辞意する可能性が高まりますよね。

特に後から拡大していきがちな居宅系の訪問サービスやデイサービス、小規模多機能などは運営当初は赤字のためにオープニングスタッフの人件費は抑えられがちと言えるでしょう。

理由③:人間関係の問題

オープニングスタッフは新設の施設で働き始めるため、スタッフ間の人間関係が必然的に新規になります。

その結果、人間関係の摩擦やトラブルが生じやすく、それが辞職の原因となることもあります。

理由④:施設運営の問題

新規開設の施設では、運営の方針がまだ定まっていない、または適切に機能していない場合もあります。

その結果、オープニングスタッフが働きづらい環境になることもあります。

特に利用者のADLなどは入居してからでなくては正確には分かりませんし、何事にもミスはつきものとはいえ大きな事故にもつながる介助方法には慎重になりますよね。

その結果、さまざまな業務に時間がかかってしまいます。

理由⑤:自身の能力不足

新規開設の施設には、新たなサービス仕組みを立ち上げるための多くの課題があります。

そのため、オープニングスタッフとして働くには高い能力が求められます

自分の能力が不足していると感じた場合、仕事に対する自信喪失を

  • スキル不足
  • 経験不足

を理由に辞職してしまうこともあります。

5つの理由への具体的な解決策を紹介

5つの理由への具体的な解決策を紹介

解決策を5つ挙げていきますが、オープニングスタッフはその施設や職員にとって初めての経験ではあります。

しかし、その経験値は今までの介護のオープニングの歴史にトライ&エラーとして蓄積されていますので、なにか未知なるものに立ち向かうわけではありません。

しまぞー

ある企業には、オープニングスタッフの教育係が存在しています。

解決策①:仕事の負荷を減らす

仕事の負荷が大きいと感じるスタッフへの対策としては、業務量や時間の分散、効率化が必要です。

施設内での役割分担を明確にし、一人あたりの業務量を抑えることが大切です。

また、新規の業務や問題解決にはチーム全体で取り組み、共有することも必要でしょう。

具体的な方法とその効果

具体的な方法としては、まず

  • 業務の見直し
  • 役割分担の再確認

を実施します。

スタッフの資質や経験に合わせて任せる業務を見直し、適切に分散することで、業務量の圧縮を図ります。

また、新しい仕組み導入による業務効率化も有効でしょう。

例えば、ITツールを活用することで、煩雑な報告業務を効率化するなどです。

解決策②:待遇を改善する

待遇改善のためには、スタッフの労働環境の改善と、報酬面での見直しが必要です。

スキルや経験に応じた

  • 給与設定
  • 福利厚生の充実

などが望まれます。

また、オープニングスタッフとしての重責が反映されるような待遇への配慮も必要でしょう。

具体的な方法とその効果

具体的には、

  • 労働時間の見直し
  • 労働時間外の待遇改善

も効果的です。

例えば、勤務時間や休日を定めた一定のルールを設け、守られるようにすることが大切です。

また、給与改善のためには、職種や役割に応じた細分化した給与設定が必要となります。

その上で、資格手当役職手当などを設けることで、スキルや経験に応じた適切な給与が支給されるようにするとともに、スキルアップにつながる教育訓練も支援します。

解決策③:人間関係を改善する

人間関係の問題は、コミュニケーション不足が原因となることが多いです。

チーム内でのコミュニケーションを重視し、お互いの意見を尊重する文化を築くことが必要です。

また、職場のハラスメントなどにも注意を払い、快適な職場環境を作ることが大切です。

具体的な方法とその効果

具体的な方法としては、

  • 定期的なミーティングの開催
  • フィードバックの時間を設ける

ことが有効です。

また、メンター制度を設けて新人スタッフをサポートしたり、個別の悩みを聞く時間を設けたりすることも有効です。

解決策④:施設運営の改善

施設運営の問題に対しては、スタッフの声を反映した運営方法の導入が重要です。

スタッフが業務に集中しやすい環境を整備し、業務をスムーズに進められるような支援体制を整えることが必要です。

具体的な方法とその効果

具体的な方法としては、例えば運営方針や業務フローの見直し、スタッフの声を反映した改善策の導入があります。

また、運営を円滑にするために必要な設備投資や、スタッフが業務に集中できる環境作りも重要です。

解決策⑤:自身の能力向上

自身の能力不足を感じるスタッフへの対策としては、スキルアップの機会を提供することが大切です。

資格取得や研修への参加を支援し、成長を応援する体制を作ることが求められます。

具体的な方法とその効果

具体的な方法としては、

  • 研修制度の整備
  • 資格取得支援

が考えられます。

定期的な研修やセミナーを開催し、新しい知識や技術を身につける機会を提供することで、スタッフのスキルアップを促し、自信をつけることが可能です。

また、資格取得のための時間や費用を一部補助する制度を設けることで、より高い能力を身につける機会を提供します。

まとめ

介護のオープニングスタッフの定着率を向上させる施策としては、先の5つの解決策が挙げられます。

これらを積極的に取り入れることで、スタッフ自身が働きやすい環境を整備し、彼らの退職率を減らすことが期待できます。具体的には、

  • 業務の効率化
  • 待遇改善
  • 人間関係の改善
  • 施設運営の改善
  • スキルアップの機会提供

が実施されることで、スタッフが満足する職場環境が実現し、それが定着率の向上につながります。

これらが実現されることで、オープニングスタッフが持続的に働くことが可能になり、介護の質の向上につながるでしょう。

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次