MENU

介護職員はなぜ給料が低い?6つの原因を考察!合せて給料アップの方法を紹介

給料をが低いのでお金を追いかける

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【@しまぞー】です。 

介護の職業は低賃金と言われていて、給料が低い職業ランキングなどの話題になると介護の職業が必ずランクインされますよね。

しまぞー

私の実感でも給料が低いし、上がらない!

下の表にある業種別の実態調査をみても、まだまだ異業種と比較すると収入は低いといえます。

今日の記事の内容
  1. これから介護職に転職しようと考えている方に向けて、「介護の職業の給料がなぜ低いのか?について、6つ原因」をあげて解説します。
  2. また、最後に「給料をアップさせる方法」をご用意しました。

実際にほかの産業と比較すると年収がいくらくらい違うのか?について、国税庁の統計をご覧ください。

平成28年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁
引用:平成28年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁
  • 全産業=4,216,000円
  • 医療福祉職=3,885,000円
  • その差は約33万円

データには医療職も入っているので、介護職の実際の給与はさらに低いのが現状でしょう。

飼い猫

それでは最初に、なぜ介護職の仕事の給料が低いのか?について、6つの原因を挙げて考察します。

目次

①人件費率が高い業態

労働者がお金を追いかける
  • 介護の事業は人件費率が高い
  • 昇給が少ない

介護事業は売上の7割近くが人件費(人件費率70%)ですので、他の産業と比べて売上に占める人件費の割合が非常に高いといえます。

介護の事業は、必須となる人手(マンパワー)にほとんど頼っていて、同じように人手が必要な飲食業でも人件費率は30%と言われています。

つまり、介護事業の経営では一人当たりの人件費を高くすると、利益の低下に大きく影響してしまいます。

私の知る限り、介護施設などでの昇給は年に数千円です。役職手当が付いたとしても、毎月の資格手当は1万円程度です。

介護の職業は、経験や年数を積み重ねれば給料が上がっていくというような職業ではないのです。

②介護の売上【介護報酬】が国により操作される

売上げが国により操作される

はっきり言って介護職員の給料が低い、または上がらない原因は、給料の原資となる介護の売り上げ【介護報酬】です。

ほかの原因も上げますが、この介護報酬の仕組みが一番大きな原因です。

介護報酬とは?

介護報酬とは、一般企業でいうところの売り上げのことで、利用した介護サービスの報酬のうち、9割が公費、1割が利用者負担と決められています。(利用者の収入により2割、3割負担)

本記事で読む介護職の給料が低い原因は、この介護報酬の見出しの内容で全て表すことができてしまいます。

介護の売り上げ【介護報酬】が国によって決められているとは?
  • 訪問サービスなら身体介助を30分でいくらと決められている
  • 施設サービスなら1か月のサービス費は介護度によって決められている
  • 特別養護老人ホームでは食費、宿泊代も決められている
  • サービス単価を施設事業所が勝手に上げることはできない

国が3年に1回行う介護保険制度の改正により、介護報酬の単価は操作されています。

そのため、介護保険制度の改正のたび、儲かっているサービス業態が狙われ、単価を下げられているのが介護保険制度の改正の歴史でしょう。

介護報酬を上げる方法が全くないわけではありません。

  • 介護度が高い利用者を選別して入所させ、介護サービス費を上げる。
  • 加算を多くとる。

※加算とは何かというと多数ありますが、例として特定処遇改善加算というものがあります。加算を取得するには一定の条件があり、それをクリアすると利用者に別途請求ができます。

③介護施設・事業所は利用者数に上限がある

給料のイメージ
しまぞー

スケールメリットがない。

介護施設は、ホテルと同じで客室の利用者数の上限が決まっています。

増設できたとしても、同じサービスを提供しなければならないので、介護職員の一人当たりの生産性はあまり変わりません。

つまり、グループ法人で施設を増やしても、なかなか介護職員の給料を上げる要因とはならないのです。

介護事業所のデイサービスや訪問サービスも定員の上限があるため、施設と同様でしょう。

ここで気にして頂きたいのは

  • 介護報酬の単価が決まっている
  • 施設・事業所に客の定員がある

この2点により介護職員の給料が上がらないことがお分かりいただけるでしょう。

しまぞー

つまり、食べるパイ(売上げ)の大きさは決まっていて、食べる人数(職員)によって一人当たりの量(収入)が決まるのです。

④介護職の人事評価があいまい

介護職の人事評価があいまい
しまぞー

私は飲食業の経験がありますが、一般企業では給料を上げるのに人事評価によるところが大きいでしょう。

一般企業における人事評価の要因として

  • お客様を増やした
  • 売り上げを伸ばした
  • 利益を伸ばした

一般企業では、このような個人の評価を数値として表すことができる職業が多いでしょう。

私の経験でも、仕事ができるサラリーマンは、どこに転勤・移動しても、売り上げを伸ばし実績を作っていました。

もちろん、そのような方は人事評価がよく、出世が早かったですね。

しかし、介護はこの介護職員の評価の基準があいまいで、成果を数値化することが難しい職業といえます。

⑤介護のスキルが高くても評価しづらい

評価を計算
しまぞー

例えば、介護職員にとって重要なコミュニケーション能力ですが、

『この職員は利用者様とのコミュニケーションの取り方が上手いな』

と上司や周りの職員が思っても、出来不出来を数値として評価するのが難しいですよね。

介護のスキルの一つである介護技術に関しても同様です。

もちろん、職員によって「早くて、丁寧」という違いは他者からでも解ります。

ただ、それを給料を上げるために数値として評価するのは難しく、給料に反映されない要因の一つになります。

⑥介護職は基本給が低い

低い給料

新人・経験者に限らず介護職の基本給は低いです。私の経験でも

  • 資格なしで13万円から15万円程度
  • 介護福祉士の資格を取得していて、16万円から18万円程度でした。

時給換算すると900円です。関東圏なら最低賃金ギリギリの金額でしょう。

年収を考えた場合、賞与の額は(基本給の何か月分)基本給に影響されますよね。

その基本給が低いわけで賞与の額は少ない。また、賞与の特性上、基本給とは違い、「削減が容易」なのも介護職員を不安にさせる要因でしょう。

また、別な角度から見れば、基本給が少なくて賞与が多い場合は、結果的に基本給の何か月分と多く見せることができますよね。

例えば、同じ賞与の金額が50万円でも、基本給が50万円なら『1か月分』基本給が25万円なら『2か月分』になります。

ここで問題
同じ年収で基本給が高い方が良いのか?賞与が高い方が良いのか?
:基本給が高い方が良い。
:賞与が高い方が良い。
今後の給料アップのためにはどちらがいいのか?

解答
A基本給です。理由を2つあげます。

  1. 賞与は、企業の業績給なので業績次第で大きく変動する。しかし、基本給を大きく下げることはできません。ハローワークに確認したところ、10%程度の削減は問題ないと言われました。また、賞与を下げることは労働基準法的にも問題が無い。
  2. 賞与は基本給をもとに算出している。そのため”基本給の2か月分”とした場合、基本給が高い方が、賞与の上がる額も高くなる。
しまぞー

基本給以外の住宅手当や家族手当などの福利厚生に関して、詳しく書いた記事があるのでご紹介します。

介護職員の給与各種手当の内訳,福利厚生を紹介【介護職の収入まとめ】

給料をアップさせる方法

給料アップさせる方法

介護職の場合は基本給以外に、各種手当や加算により大きく収入をあげることが可能。

  • 資格手当
  • 夜勤手当
  • 残業手当
  • 処遇改善加算
  • 特定処遇改善加算
  • 交通費
  • 住宅手当
  • 家族手当

このように、基本給以外の収入も含めると月収の総額が30万円近くまでいく感じ。

福利厚生の良い職場の収入例

  • 交通費年間6万円
  • 住宅手当年間24万円
  • 扶養手当年間24万円
しまぞー

上記の3つの福利厚生で年間50万円以上の収入増

詳しい介護の福利厚生に関しては「介護職員の給与各種手当の内訳,福利厚生を紹介【介護職の収入まとめ】」を是非ご覧ください。

さらに、過去記事で「給料を上げるための7つの方法」を紹介しています。

給料アップを図るには、転職エージェントに無料相談もあり

もっと給料を上げたい、職場の人間関係に悩んでいる、法人の運営に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職した方が良い理由
  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業の求める人材は能力より人柄重視、さらに介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私の介護職での転職経験から、介護の職業では転職によるデメリットは少ないです。

そして、転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談です。

転職を迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

では、数ある転職エージェントの中で、給料アップにはどの介護専門のエージェントがおすすめなの?と問われると、おすすめは(マイナビ介護職)です。

マイナビ介護職は、私が利用した中で一番キャリアアドバイザーが熱心で、年収を140万円アップさせたきっかけのエージェントだからです。

その他にも私が実際に利用して分かった”マイナビ介護職”の7つのメリット

  1. 介護の無資格・未経験OK求人多数掲載。
  2. 担当者が面接に同行してくれる。
  3. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  4. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  5. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  6. 面接後も収入アップの交渉ができる施設・事業所がある。
  7. 求人の4割が非公開求人
非公開求人とは(ここをタップ)

非公開求人とは、転職エージェントが自社の転職サイトやホームページなど、インターネット上に掲載していない、非公開の求人のことを指します。
公開していない情報により、これまで探しても出会えなかった求人が見つかることも。
非公開求人を豊富に保有している転職エージェントを活用するのも、転職活動を優位にすすめるメリットのひとつと言えるでしょう。
マイナビ介護職ではそのような求人が、4割を占めているので高待遇を期待できます。

⋙非公開求人を見てみる

なぜ非公開にするのか?(ここをタップ)
  • 企業側とエージェント側の信頼関係により、優良案件を優先的に紹介。
  • 求職者が殺到しないようする。(少ない採用人数のため)
  • 採用側が欲しい人材を絞らせる。(管理職、資格所有者な、学歴などの条件が絞られている)
非公開求人のメリット(ここをタップ)
  • 表には出ていない優良な企業に出会える可能性がある。
  • 企業とエージェントの信頼関係により、求職者の転職先がスピーディーに決まる可能性大。
しまぞー

更に詳しいマイナビ介護職」のおすすめ理由を、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

>>しまぞーおすすめ転職エージェント,【マイナビ介護職】を紹介

\4割が非公開求人/

給料アップで、私の一番のおすすめ転職エージェントはマイナビ介護職ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度(複数登録)選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

まとめ

介護の職業は、経験や年功序列で給料が上がっていくシステムではありません。

それが介護の離職率を高める要因でもありますね。

また、国家資格である介護福祉士を取得しても、資格手当が付きはしますが人事評価につながっているかというと疑問です。

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

何を見ているのでしょう(笑)

f:id:shimazo3:20200927034733p:plain
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次