中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護の夜勤に関する質問全部答えちゃいます。中高年50歳介護職へ転職

こんばんは、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

今日は、介護施設の夜勤に関して人員体制は?手当は?疲れるのか?労働時間は?など、どんどん質問にお答えします。

 

f:id:shimazo3:20190711151718p:plain

 

【Q&A①】夜勤の人員は何名で担当するのですか?

  
A)介護の業態により夜勤の体制は違います。以下に業態別に夜勤の人員体制を解説していきます。

 

業態別の夜勤人員体制・・・

 

特別養護老人ホームの夜勤体制は?

 

特別養護老人ホーム(ユニット型(※1))では、厚生労働省令により人員配置基準があります。


日中の場合は1ユニットに対して1名です。


夜勤の場合は、2ユニットに対して、介護職員、看護職員いずれかの1名が配置されていればOKです。

特別養護老人ホームの夜勤は、ユニット型の場合はどの施設でも1名対応です。

※1)ユニットとは10名の入居者をひとつの共有スペースで居室、フロアを配置しお世話をする形態です。

 

グループホームの夜勤体制は?

 

介護職員が、1ユニット(9名)対して1名です。大体のグループホームは建物が2階建てなら2ユニット、1階建てなら1ユニットです。

特別養護老人ホームのように夜間帯の職員の休憩をまわすための人員を、補完する余裕が無いのです。

 

介護老人保健施設の夜勤体制は?

 

私の経験では従来型(多床室4人部屋)で50名に対して2.3名でした。

 

介護付き有料老人ホームの夜勤体制は

 

介護保険法により「1人でも要介護者である利用者がいる場合は、常に介護職員が1人以上確保されていることが必要である。」


つまり夜勤体制は、特に法律がなくどのくらい入居者がいようが一人で問題ないのです。


私が参加していた「ヤフー知恵袋」での質問では、夜勤で利用者40名、50名に対して1人で見ているという方もいました。

わたしの経験では、このような人員配置は殺人的だと思います。

 

夜勤はショート・ロングどちらがおすすめ?

 

私の場合どちらがいいかというと、一人夜勤の方が合ってます。


マイペースで仕事ができるからです。


夜勤の記事です。よかったらどうぞ!

↓      ↓

www.shimazo3.com

【Q&A②】夜勤の場合勤務は何時間ですか?

 

A)特別養護老人ホームでは、ショート夜勤とロング夜勤があります。


ショート夜勤の場合は、22時から翌朝7時までの、8時間労働です。


ロング夜勤の場合は、17時から翌朝9時までの16時間労働です。
※17時間労働の施設もあります。

 

【Q&A③】夜勤は休憩時間が無いと言われてますが本当ですか?

 

A)業態にもよります。業態別に夜勤で休憩が取れるのか解説します

 

夜勤で休憩時間が取れる取れる業態取れない業態

 

休憩時間が取れる介護業態

 

介護老人保健施設などの従来型(多床室)の大規模施設です。



50名に対して2.3人で対応している場合交代制で休憩が2時間はとれます。

 

休憩時間が取れない介護業態

 

グループホームは、1人体制です。休憩時間はとれません。


上でも解説しましたが、休憩時間を取るための他の職員はいません。


グループホーム自体が、大規模ではなく9名の1ユニットで運営しているところが多いためです。

 

特別養護老人ホームの場合は

 

休憩時間を取れる形態は、介護老人保健施設同様、従来型(多床室)の場合です。

人員が複数体制のため、順番に休憩が取れます。


ユニット型の場合は、大きな規模なので施設自体の人員に余裕があれば、休憩回しの職員を配置し、休憩を取得できます。


休憩回しの人員がいない場合、取得できない状況です。

 

【Q&A④】身体は疲れませんか?

 

A)さすがに、16時間勤務の場合は、朝がつかれます。


なぜかハイテンションになります。やっと終わるという安心感からだと思います。


また、年齢にもよります。65歳の女性でも行っている方います。


夜勤中は、それほど疲れを感じません。

 

【Q&A⑤】夜勤中は忙しいですか? 

 

A)業態、施設、事業所にもよりますし、特別養護老人ホームでは担当ユニットにもよります。


入居者さまがしっかり睡眠されていれば、それほど忙しくはないです。


また夜勤中の業務にもよります。

夜勤者は見守りを重視し、掃除や洗濯などを日中の仕事とされていれば、忙しくはないです。


特別養護老人ホームとグループホーム の仕事を比較した記事です。

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

【Q&A⑥】夜勤を一人担当で大丈夫ですか?

 

A)私の経験では24名までは、大丈夫です。


特別養護老人ホームとグループホームを比べるとわかりやすいです。


グループホームは9名が対応ですが、独歩(立ち歩き)の徘徊者が多いのです。


その場合で転倒リスクがある(歩行が不安定)か方がいると、その入居者につきっきりになります。


そのような方が3名くらい居室から出てこられると、正直新人にはパニックになる時があります。


特別養護老人ホームの場合は、車いすの方が多いのです。


車いすは転倒リスクが少ない分言い方悪いですが、ほっといても大丈夫な方型多いので精神的には楽です。

 

【Q&A⑦】夜勤手当はいくらですか?

 

A)ショート夜勤の場合は、5.6千円


ロング夜勤の場合は、8千円から1万円です。


つまり、月に夜勤を6回はいれば6万円になります。

 

【Q&A⑧】夜勤の仕事で何が一番大変ですか?

 

A )やはり朝の仕事です。流れをお伝えしますと。



朝の5時くらいから9時まで退社まで休む暇がありません。

 

朝の退社までの流れ 

 

5時に20名のおむつ交換、トイレ誘導→6時に20名の起床介助、パジャマ更衣介助→自席へ誘導→朝食の配膳→朝食食事介助→服薬介助→下膳→トイレ誘導→おむつ交換

その他記録の記載。

 

このような流れで、朝は休む暇なく仕事をしています。


先日記事にした夜勤の仕事のマニュアルです。参考までに。

f:id:shimazo3:20190709153701p:plain

f:id:shimazo3:20190710002031p:plain

 

【Q&A⑨】夜勤ができるまでどのくらいかかりますか?

 

A)そうですね。上にも記載しましたが、夜勤を6回行えば6万円です。

大きいですよね。


経験者なら早い方で、1か月から3か月くらいだと思います。


未経験者の場合は、6か月程度が目安だと思います。

 

【Q&A⑩】夜勤の仕事は何回教えてもらえますか?

 

A)ユニットリーダークラスの方に3回くらい教わるのが、基準だと思います。
もちろん、リーダーがOKを出すまでは一人で任されることはないです。

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

 

もしあなたが、あなた自身が勤める介護施設に対して、

以下のようなことを思っている場合

  • 上司とうまが合わない、
  • 人間関係が悪い、うまくいっていない
  • 給料が安いので生活できない

などの職場環境の悪さを感じているなら、転職も視野に入れた活動のため転職エージェントに無料相談をお勧めします。

 

なぜなら、今の介護での人材に関しては売り手市場です。

 

介護職員が、いい条件の施設・事業所を選ぶことができます。いい条件とは給料だけでなく職場環境の良い施設を選択できるのです。

 

たとえば人間関係で悩むことが無い転職をするなら、新規オープンの施設に絞って転職活動もできます。

 

そのような条件を絞ってエージェントに転職先を依頼することも可能です。

 

転職エージェントの利用は相談だけでなく、転職先の紹介から全て介護職員の負担がありません。

 

私がおすすめする転職エージェントは・・・

 

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート しろくまナビの【ハートフル介護士】をお勧めします。

 

なぜなら、ブラック施設を紹介しない、ホワイト施設を紹介する転職エージェントだからです。

 

転職する際利用出来るエージェントのチェックポイント3つ

 

 しろくまナビの【ハートフル介護士】様に転職の際、重要なポイントを3つ挙げて、私が直接電話し確認しました。

 

【重要ポイント1】面接の同行について

 

しろくまナビさんによると、希望であれば、しっかりと面接同行し、サポートしていただけるとのことです。

 

【重要ポイント2】履歴者、職務経歴書について

 

担当者がしっかり確認するとのこと、なかなか書く機会がないのは承知しています。

一旦簡単に職務経歴書を書けば担当者が、しっかりしたフォーマットを作り文章の作成までしてくれます

 

【重要ポイント3】介護職未経験可か?

 

全くの未経験、無資格OKとのこと。

担当者によれば、介護の入り口である初任者研修を、無料で受講を支援してくれる施設を紹介できるそうです。

 

全く至れり尽くせりですね^^

 

なにせ、就職活動に転職エージェントを利用するのは全くのタダ無料なのです。


介護職へ転職を考えている方、クリックしても無料です、どうぞご覧ください。

↓      ↓

 【しろくま介護ナビ】介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート  target=

 

 ホワイト施設とは

 

介護業界にはいまだに、「残業が多い」「有給休暇がとりにくい」ブラックの職場環境が多い のが現状です。

 

しかし、私の経験では、わずかではあるがホワイトな施設つまり・・・

  • 残業がほとんどない。
  • 有給休暇はとりやすい。

このような職場環境の良い施設はあります。ただ個人では"なかなか見つけにくい"のです。

 

というのも、ホワイト施設は介護職員の離職が少なく定着率がいいのでなかなか求人が出ないのです。

 

しかし、しろくまナビの【ハートフル介護士】では、あなたの担当者が施設に頻繁に通い・・・

  • 職場の雰囲気
  • 有給休暇のとりやすさ
  • 残業の有無
  • 施設長の人柄

 

などの新鮮な情報を施設の担当者から得ている。

過去に紹介した人材から施設の現状などを聞き取っている。

 

その情報により、しろくまナビの【ハートフル介護士】では転職活動を失敗しないための職場環境の良い施設を紹介しています。

 

ぜひ、みなさんの転職活動では、【しろくま介護ナビ】ハートフル介護士を利用してホワイト施設を見つけてください。

 

 介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】  target=

 

さらに派遣という働き方に興味のある方こちらをどうぞ!

↓      ↓ 

 

 


今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。

 

今日のサービスショット!