中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

中高年50歳代介護へ転職に役立つ、私が作ったマニュアル大公開!

特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

私の介護歴8年での業態の経験を挙げますと・・・

グループホーム3か所、

小規模多機能居宅介護2か所、

介護老人保健施設1か所、

特別養護老人ホーム3か所

合計8か所経験しています。


恐らく今の同じ職場の介護職員よりは、多くの施設・事業所を経験していると思います。

その為、介護業態別の仕事内容の違いが分かります。ぜひ私の経験がこれから私と同様介護に転職する中高年50代の方に、役立てればと思ってブログを書いています。

 

今回は私が転職すると作る、業務マニュアルを紹介します。

f:id:shimazo3:20190709191636p:plain


 

私がマニュアルを作る理由

今回は転職した際に、私は早く「入居者の事を覚えたい、早く仕事を覚えたい」と思っいるので、どの転職先でもマニュアルを作っていました。
そしてもう一つの理由が、自分の性格として同じことを二度聞くのが嫌な性分なのです。

今回は、私のマニュアルの一部を紹介したいと思います。

介護老人保健施設の居室表 

f:id:shimazo3:20190709142927p:plain

f:id:shimazo3:20190710001539p:plain

 

この居室表は、しっかりと担当のフロアで、だれがどの居室かわかるように作ったものです。

作成時はしっかりと、柱やそれぞれの位置関係を考えながらエクセルで作成しました。

基本4人部屋で、空白の部分に入居者の名前を載せています。

赤枠の部分が、日中のおむつ対応者です。私は日中のフロア担当が多かったのでたまにおむつをするときに一斉に行うので、すぐに対応者の所へ行けるように使っていました。

おむつ周り台車の引き出しに、A3の大きさにしてしまって使っていました。

 

特別養護老人ホームの座席表

f:id:shimazo3:20190709142259p:plain

これは、作っても使用するのは10日ほどです。
カウンターの上に置かせていただき、入居者を食事席に案内するときや、お薬の服薬介助をする時に確認のため使用していました。

まあ、みなさんはここまでするか?てな意見でしょうが、最近は入社時2ユニット同時に仕事をおぼえ始めることが多いと思いませんか?

 

人員不足だと思いますが、さすがに、40名が対応となると最初は厳しいですよ。年齢のせいもあると思いますが・・・

しかし、ほとんど趣味の域ですね(笑)

入居者様のADL(日常生活動作)の情報 

f:id:shimazo3:20190709144740p:plain

f:id:shimazo3:20190710001904p:plain


これは、入居者一人ひとりの入居者様のADL(日常生活動作)やおむつ対象者、トイレ誘導者、独歩の方などが分かるようにエクセルで表にしました。

やはり中途採用だと即戦力を求められます。

私のやり方は、しょっぱなの一日目に、指導していただいた担当者に一気にこの表の内容を聞いていしまいます。それを家に帰ってから、上記の内容を思い出しながら作ります。

夜勤の仕事の時系列表 

f:id:shimazo3:20190709153701p:plain

f:id:shimazo3:20190710002031p:plain

これは結構役立ちましたよ(自画自賛ですが)

夜勤でやることが多いユニットだったので、時間ごとに仕事内容を記載したものです。

おむつ交換も、入居者によって、行う時間も違うので対象者を時間別に載せました。

また「見取り介護」対象者が多かったので、バイタルを計測するため、図る時間を記載しました。

「なれてきたら、数時間たってやり残しがないかの確認のための表として役立ちました。

 

特別養護老人ホームでの見取り介護の記事です。

⇊      ⇊ 

www.shimazo3.com

 参考までに新人向けに私の経験を伝授します

私がマニュアルにこりだしたのは、小規模多機能居宅介護から施設系の介護老人保健施設に転職した際です。

転職して1日目50名の利用者に圧倒されました。名前、顔、席を一致させなければならないですよね。周りの職員からは「10日くらいを目安に覚えて」と言われました。

そこで更に利用者のADL(日常生活動作)を覚えなければなりませんでした。

 

さすがに50名は大変です。トイレは7か所ありました。

例えば右麻痺者が、どこのトイレを使うのか当然ですが決められていました。

そのようなことが全くできていないし、知識もありませんでした。

 

おむつ交換が出来ない介護福祉士だったので、周りからの圧力はすごかったですよ^^

 

そしてその一日で「こりゃやばい」となり、最初は個人個人の入居者様のマニュアルを作っていきました。

2日目からは「メモを取らさせてください」言い、殴り書きでメモを取りました。

 

汚い字なので明日には読めないというか、理解できなくなってしまうような字だったのです。

そこで、家に帰ってから忘れないように、メモをパソコンに転記しまとめたのがはじまりです。

私のおすすめ文房具参考までに

マニュアルを整理するのに便利なチューブファイルを紹介します。

幅は300枚くらい入るサイズが丁度いいと思います。

 

ファイルは100均で36穴で30枚入りが売ってますのでそちらで購入した方がお得です。

この形式のファイルの良さは、後から中にファイルを閉じることができるのです。

ノートで言えば途中に紙を挟めるというイメージです。


コクヨ チューブファイル オール樹脂 A4 300枚収容 青 フ-V630NB 【まとめ買い3冊セット】


ボールペンは、スピーディーに書くなら「ジェットストリーム」です。

私がおすすめなのは、スピーディかつシッカリ書ける「アクローボール」です。

 


パイロット ボールペン アクロボール150 BAB-15EF-BB 10本 ブラック

以上です。読んでいただいて、ありがとうございました。

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!