中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

完全解説!介護保険認定1ランク上げる裏技と介護保険サービス利用のレジュメ

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

【ヤフー知恵袋での質問】体が不自由になった1人暮らしの母に介護サービスを利用したい、どうしたらいいのか?

f:id:shimazo3:20190717062355p:plain

 

日中一人暮らしをしている高齢の母に対して、介護サービスはどうしたらいいのか?という質問がありました。今回はこの様な高齢者を抱えるご家族の悩みに対してお答えしたいと思います。

悩みがあります、聞いてください。

小さいころからボーと暮らし、気が付けば40の半ば、

結婚しておらず、独身です。

 

父がなくなり、高齢の母親、高齢なのでいろんなところがガタ(腰、心臓、白内障、足腰)が来て、病気で入院しましたが、退院して、自宅治療中です。

 

仕事をしており、昼間は一人だけ、

その仕事はやめられない、休められないので、一人で母親を過ごしています。

 

一人で自宅で食べて、寝て、トイレにって、テレビを見て、ちょっと散歩。

だが散歩をすると、心臓が苦しい、足腰が…と言って、最近ふさぎごみ。

 

ケアマネージャーに介護申請をしており、

今までのような動きができない。

 

「もう嫌だな、施設に入りたい」と言い始めました。

だけども施設というとお金が、入るのに入居待ちがあるとか

施設だと、イベント三昧、レクレーション、散歩、散歩など

 

姉がいるが、仕事と子供の面倒があるので、そんなに来れない。

口は出すが、手を出さないぐらい。

 

だが私も仕事があるので、仕事の人数不足なので、そんなに休められない。

 

今回の質問者様はお母様と2人暮らしです。質問者は日中仕事をしているのでお母様が、お一人で生活しているので心配しています。

 

近くにショートスティ、介護施設がある。

そこが開いているのかわからない、値段もわからない。

 

 

www.shimazo3.com

 

【質問①】日中一人で生活している母をそのままにしていて良いのか?

 

昼間いる母親、会社の人が「一人で自宅は酷だ、ショートステイか、施設に預けるのはどうか?」と言い始めている。

私も自宅で誰も見てくれない。

私も母親を一人でいるのは不安。

どうしたらよいのだろうか?

 

【質問②】介護施設、ショートステイは入居費用が高いのか?

 

月15万(母親が言っていた)施設の入居待ち(これも母親が言っていた)

 

この2つの回答をお願いします。 

 

この質問は、shimazo3に回答をリクエストしています。

(ほかの方からの回答を制限するものではありません)


回答リクエストありがとうございます。

 

私はグループホームや小規模多機能、ショートステイ(介護老人保健施設)、現在の勤め先、特別養護老人ホーム(ユニット型)の経験がります。

 

まずお願いしたいのは、介護のために仕事を辞める、休職する様なことはしないでくださいという事です。

 

自己犠牲はやめてくださいという事です。この様な方がたくさんいますが、みな後悔します。

 

解決方法は、複数あります。

 

まずは介護認定までの流れをお話しします。

 

要介護認定までの手順

 

介護認定をしてもらうには、まずは役所の福祉課もしくは、地域包括支援センターに相談する事から始まります。

介護認定は、一次判定、二次判定があります。

  • 一次判定は調査員による訪問調査でのコンピューター自動判定です。
  • 介護認定のための医師の意見書です。(診断書の様なもの)

 

<一次判定の内容>

 

www.j-dental.or.jp

上のサイトによって、「身体的な障害」と「認知症」による判定が大きく影響することが分かります。

  •  私の経験では、単純に言うと、車椅子で要介護2.3
  • 「認知症が重たく全く意思の疎通が取れなければ」、要介護4.5はいきます。
  • 一人歩きが出来て認知がなければ、介護度は1以下でしょう。

 

<二次判定の内容>

 

二次判定では介護認定の審査判定を行う機関として 「介護認定審査会」 が開かれます。

この審査会は、保健・医療・福祉の専門家で構成されています。

 

一次判定の結果や、調査員が聞き取った特記事項及び主治医意見書をもとに、全国一律の判定基準で二次判定を行います。

 

要介護状態であるのか、要支援状態であるのか、もしくは非該当であるのかが決定されます。

 

介護度を上げる裏技

 

医師の意見書は非常に重要

 

  • 日頃から、意見書を書いていただく医師とは、コミュニケーションを取る事。
  • 介護度を上げるために医師の意見書を少しもってもらう。
  • 介護をしているご家族の話を聞いてくれる医師にお願いします。

 

医師による診断書を要する場合、医師の診断書が非常に重要だと私は思うからです。

 

例えば「自立支援制度」「障害申請」「車の事故の後遺障害申請」等は、医師の診断書の記載が大きく影響しています。

 

調査日はご家族も同席する

 

日頃、ご家族が認知症により困っていても、調査員の前では普通に「べらべら」しゃべれる方がいます。

 

自宅に来た調査員をお客様だと思い、頑張ってしまう方います。


また、一見してしゃべる方クリアーな方の中には、介護保険を利用するのに抵抗がある方多いです。

 

その様なケースは、介護認定の調査員にマイナスとして反映をされてしまうケースがあるようです。

 

そのため1次判定では、身体と精神の障害を調査される時に、ご家族の同席して,

日ごろの介助の大変さを訴えなければなりません。

 

ADL(日常生活動作 )の中で、できないことをアピール

 

前もって上記の一次判定のシュミレーションを一つ一つ確認し、しっかり準備しましょう。

項目の中で、「できないこと」をまとめておくのです。

 

認定調査員は、特に在宅での認知症による「問題行動」の程度を見ています。

 

食事、排せつ、身体的な能力などを重点的に見られます。

 

調査で「できなさ」をアピールすると、要介護度を上げることが可能です。

 

出来ればご家族が困っている行動を、カメラで録画しておくのも有効です。

 

【質問①ー回答日中一人で生活している母をそのままにしていて良いのか?

 

日中にお年寄りが自宅で一人で住んでる方は大勢います。

 

その場合は日中に介護保険サービスのデイサービスや訪問サービス、私のおすすめ小規模多機能居宅介護を利用されています。

 

在宅介護と施設介護の料金比較の過去記事です。

www.shimazo3.com

 

【在宅サービスを利用する場合】

 

※料金は記載しますが、加算がある等多少料金はかさばると思います。

ただし、食事代は含まれていません。一食500円位だと思います(介護保険不可)


「下の厚生労働省のサイト区分支給限度額の4ページ目左の金額の1割分が個人負担になります。」    (表1)

f:id:shimazo3:20190512172239p:plain

要介護3の区分支給限度額269,310円、この1割⒉6,931円が介護保険の自己負担分です。..

 

私のおすすめ小規模多機能居宅介護

 

デイサービス、訪問サービス、泊りをミックスして【定額料金】で利用できるのです

※定額料金は、要介護1なら自己負担分10,320円(黄色)です。

f:id:shimazo3:20190513011201p:plain

<LIFULL介護様よりお借りしました>

 

あまり知られていない業態なので利用者が少ないです。
3業態をミックスして、定額料金なので介護保険の自己負担分を上回ってしまう事はありません。

 

安心して利用出来るため、検討すべきだと思います。
つまり、その事業所の利用者が少なければ「管理者との交渉」で、毎日(月~日)朝9時から17時までなどのように利用できます。

 

デイサービスを利用した場合

 

その他の介護保険サービスと比較し計算します。

 

デイサービスは6時間から7時間の利用で、600円/日が相場です。

朝の9時から16時までの利用料金600円✖一ヶ月30日=18,000円です。

 

デイサービスではこの様に、毎日利用してしまうと区分支給限度額を上回ります。

 

小規模多機能居宅介護で週7日毎日デイサービスを利用しても、
1か月の金額は10,320円程度です。

 

訪問サービスを利用した場合

 

 訪問介護料金表

f:id:shimazo3:20190512184305p:plain

利用金表はイリーゼ様よりお借りしました。

 

お身体の不自由なお年寄りが、日中1人で暮らしているケースは多いです。
そのようなケースで訪問サービスを利用していたケースあります。

20分から30分の身体介護(おむつ交換等)を一日2回です。

245円✖一日2回✖月に22日利用=11,176円です

 

会社の人が「一人で自宅は酷だ、ショートステイか、施設に預けるのはどうか?」


正直な話、認知症などの有無も居宅か施設かの判断もあります。

 

※施設が悪いわけではありません。

 

リクリエーションは圧倒的にデイサービスと特別養護老人ホームを比べればデイサービスの方が多いのです。頭がクリアーだと、施設はつまらない生活になります

 

【質問②ー回答について(その介護施設、ショートステイ、そんなに値段が高いのだろうか?)

 

【施設サービスを利用する場合】

 

  •  特別養護老人ホームは従来型(多床室4人部屋)とユニット型(個室)があります。
  •  入居条件が要介護3以上です

 

従来型(多床室)=(9万円位)

 

今はほとんど作られていないため入所待ちがあると思います。

 

ユニット型(個室)=(13万円位)

 

(加算を含めたら15万円程度がギリ大丈夫です。)

 

特別養護老人ホームはつい最近まで入居者100人待ちと言われていました。
そのため、なかなか入居できる施設ではありませんでした。しかし入居条件が厳しくなった事、新規施設がどんどん出来ている。このように首都圏ならば入居待ちはほとんどなくなっています。

 

 ショートステイ

 

料金は一日600円程度です。三食入れたら3,500円程度です。
単純に1か月なら600円×30日=18,000円です。

 

ここで注目してほしいのは(表1)区分支給限度額です。要介護1の限度額は16,692円でした。つまり限度額を超えていますので自己負担が出てしまいます。

 

その場合は限度額を超えた分は自己負担になってしまいます。
18,000円-16,692円=1,308円(1割)自己負担は13,080円です

 

要介護1の上、要介護2の区分支給限度額(19,616円)であれば限度額内です。

 

※併設型ショートステイは30日以上連続して利用は出来なせん。

 

介護老人保健施設

 

介護老人保健施設は、公的な介護施設なので、入居金などの初期費用はかかりません。

しかし、食費や居住費などの月額費用として、約9万~15万円かかります。

  • 特徴として「医師が常駐」している。
  • 作業療法士や理学療法士が指導する。

リハビリによって在宅での生活への回復を目指すことができます。

 

医療体制が充実しているため、緊急時に専門家による迅速な対応を受けられます。

 

ただし、3か月毎に入居継続の審査があります。
そのため、長期間の利用には向いていないです。

 

特別養護老人ホームの利用負担軽減処置

 

特別養護老人ホームでは、年金などの収入により、利用者負担限度額制度があり、食費や住居費に対して軽減制度があります。

 

利用者負担限度額に関しての記事を紹介します。

 

ひとつ例を挙げると、通常は食費と住居費は月に10万円かかるところが3万円と安くなるケースがあります。

↓       ↓ 
www.shimazo3.com

※ご家族で同居していて、収入が多く2割負担、3割負担になる場合は、世帯分離をお勧めします。

 

www.shimazo3.com

 

介護保険の場合は、世帯分離が出来るのです。役所に行って、世帯分離届を出すだけです。

kaigo.homes.co.jp

老人施設の探し方

 

  • ケアマネを利用する。
  • 役所(自治体)を利用する。

 

私の一番のおすすめはGoogle検索です

 

最終手段は「生活保護」です。参考サイト添付します

www.shimazo3.com

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

 

もしあなたが、あなた自身が勤める介護施設に対して、

以下のようなことを思っている場合

  • 上司とうまが合わない、
  • 人間関係が悪い、うまくいっていない
  • 給料が安いので生活できない

などの職場環境の悪さを感じているなら、転職も視野に入れた活動のため転職エージェントに無料相談をお勧めします。

 

なぜなら、今の介護での人材に関しては売り手市場です。

 

介護職員が、いい条件の施設・事業所を選ぶことができます。いい条件とは給料だけでなく職場環境の良い施設を選択できるのです。

 

たとえば人間関係で悩むことが無い転職をするなら、新規オープンの施設に絞って転職活動もできます。

 

そのような条件を絞ってエージェントに転職先を依頼することも可能です。

 

転職エージェントの利用は相談だけでなく、転職先の紹介から全て介護職員の負担がありません。

 

私がおすすめする転職エージェントは・・・

 

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート しろくまナビの【ハートフル介護士】をお勧めします。

 

なぜなら、ブラック施設を紹介しない、ホワイト施設を紹介する転職エージェントだからです。

 

転職する際利用出来るエージェントのチェックポイント3つ

 

 しろくまナビの【ハートフル介護士】様に転職の際、重要なポイントを3つ挙げて、私が直接電話し確認しました。

 

【重要ポイント1】面接の同行について

 

しろくまナビさんによると、希望であれば、しっかりと面接同行し、サポートしていただけるとのことです。

 

【重要ポイント2】履歴者、職務経歴書について

 

担当者がしっかり確認するとのこと、なかなか書く機会がないのは承知しています。

一旦簡単に職務経歴書を書けば担当者が、しっかりしたフォーマットを作り文章の作成までしてくれます

 

【重要ポイント3】介護職未経験可か?

 

全くの未経験、無資格OKとのこと。

担当者によれば、介護の入り口である初任者研修を、無料で受講を支援してくれる施設を紹介できるそうです。

 

全く至れり尽くせりですね^^

 

なにせ、就職活動に転職エージェントを利用するのは全くのタダ無料なのです。


介護職へ転職を考えている方、クリックしても無料です、どうぞご覧ください。

↓      ↓

 【しろくま介護ナビ】介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート  target=

 

 ホワイト施設とは

 

介護業界にはいまだに、「残業が多い」「有給休暇がとりにくい」ブラックの職場環境が多い のが現状です。

 

しかし、私の経験では、わずかではあるがホワイトな施設つまり・・・

  • 残業がほとんどない。
  • 有給休暇はとりやすい。

このような職場環境の良い施設はあります。ただ個人では"なかなか見つけにくい"のです。

 

というのも、ホワイト施設は介護職員の離職が少なく定着率がいいのでなかなか求人が出ないのです。

 

しかし、しろくまナビの【ハートフル介護士】では、あなたの担当者が施設に頻繁に通い・・・

  • 職場の雰囲気
  • 有給休暇のとりやすさ
  • 残業の有無
  • 施設長の人柄

 

などの新鮮な情報を施設の担当者から得ている。

過去に紹介した人材から施設の現状などを聞き取っている。

 

その情報により、しろくまナビの【ハートフル介護士】では転職活動を失敗しないための職場環境の良い施設を紹介しています。

 

ぜひ、みなさんの転職活動では、【しろくま介護ナビ】ハートフル介護士を利用してホワイト施設を見つけてください。

 

 介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】  target=

 

さらに派遣という働き方に興味のある方こちらをどうぞ!

↓      ↓ 

 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。

 

今日のサービスショット!