MENU

異業種から介護職へ転職する方へ,メリット7つ・デメリット3つ選んで解説!

転職

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【@しまぞー】です。

しまぞー

一般社会での介護職のイメージは3K(きつい、汚い、危険)です。

特に私の参加していたヤフー知恵袋では、「介護職は底辺職」という言葉が横行していました。

このようなことを聞かされると、せっかく介護の仕事に興味を持たれても二の足を踏んでしまう方もいるでしょう。

しまぞー

私は正直、そのようなことを言われても、10年間この仕事に携わって、介護の職業は選んで良かったと思っています。

そこで今回は、一般企業のサラリーマンなど異業種から介護職へ転職を検討されている方に向けて、介護職へ転職した際のメリット7つ・デメリットを3つ上げて詳しく紹介していきます。

特に私と同様、40歳代、50歳代中高年で、介護職への転職を検討されている方は是非参考にしてください。

一般企業から介護職へ転職を検討されている方に向けて「一般企業から介護職へ転職活動の進め方,5つの手順で詳しく解説!」で手順を解説しています。ぜひご覧ください。

目次

異業種から介護職へ転職:メリット7選

メリットのイメージ

メリット①:自宅周辺に職場となる介護施設が多数

電車通勤の毎日の満員電車の混雑を避けれる

東京近郊に住まいを持つ方の多くは、仕事先が東京にあり、通勤時間は1時間程度です。

そのため、通勤時は混雑した満員電車を利用しなければならずストレスもかかりますよね。

しまぞー

しかし、介護施設、事業所は自宅付近にたくさんあるため、わざわざ東京まで出なくても近隣で介護の仕事を探すことが出来ます。

つまり、職場が近いことによってサラリーマンが毎日利用する通勤手段時の、満員電車での辛い思いから解放されるのです。

職場への通勤手段は車・バイクでOK!

介護の職場施設は、駐車場が完備されているところが多いので、電車ではなく車で通勤することもできます。

私の経験では、通勤距離は3㎞から9㎞です。転職時には毎回10㎞圏内の職場を探していました。

この圏内で介護施設、事業所を選べば、車、バイクでの通勤が可能で通勤時間はかかっても20分から30分程度です。

また、遅番早番などの時間差による出勤があるため、車での通勤も混雑を最小限に避けることが出来るでしょう。

しまぞー

つまり、介護職ならばサラリーマンのような通勤ラッシュを避ける職場を選ぶことが出来るのです。

下の記事では介護の通勤に関して「介護施設への通勤はとても楽!通勤時間や距離を手段別に考察!」しています。

メリット②:異業種からの転職でも正社員として採用

実際の話、40代50代になると、なかなか転職するのも難しくなります

ましてや、正社員での採用となると、厳しい現実にぶち当たると思います。

私は、40歳すぎでハローワークの職業訓練を利用して異業種から介護職へ転職しました。

介護の仕事の就職活動をしていた当時は、正社員として特別養護老人ホームなどから内定を複数個所から頂き、グループホームに就職しています。

しまぞー

つまり、介護職であれば50歳代でも、難なく採用されるのです。

私のおすすめの介護への転職は特別養護老人ホームです。その理由を書いた記事「介護の転職は、特別養護老人ホームが絶対おすすめ!その理由」を紹介します。

介護職も正社員だけではなく、パート採用もあります。下の記事では「どの雇用契約を結ぶべきか?4種類の雇用形態を詳しく紹介!」しています。興味のある方是非ご覧ください。

メリット③:介護の職業は「辛い営業のノルマ」なし!

介護の職業に転職すると、毎日毎日、営業先を訪問したり、新規顧客の開拓をしたり、「毎月営業のノルマを達成したか」、というような数字を追いかける辛さはありません。

給料も営業職で多くが採用している「歩合制」はありません。

しまぞー

営業職、歩合制、ノルマを避けたい方は介護職は検討すべき職業でしょう。

下の記事では「詳細記事:一般企業と介護職の仕事を比較してみた」と題して、その違いを12選び比較した内容となっています。

下の記事では、介護の職業の「介護職員の給与各種手当の内訳,福利厚生を紹介【介護職の収入まとめ】」をご用意しました。興味のある方是非ご覧ください。

メリット④:介護への転職は「平日に休み」の施設や事業所が多い

一般のサラリーマンでは、休日は土日が多いと思います。これはメリットともいえるでしょう。

しかし介護施設、事業所は年中無休が多いです。介護では夜勤があり、そのため、土日が休みとは限りません。

しかし、逆に介護職は平日休みがメリットと考えることもできます。

例えば、公共の機関である「役所や郵便局」などは、土日は営業していません。

そのため、一般サラリーマンは公共機関を利用する際は、有給を使用しなければなりませんでした。

しかし、介護職へ転職した場合、そのような公共の機関を平日に利用することができるようになります。

飲食店や映画館、遊園地、ディズニーランドなどの施設は、土日なら大混雑ですよね。しかし、平日に利用すれば、比較的すいている中で楽しめるのです。

病院を受診しようにも、土日は休みの所が多いです。しかし、介護職へ転職すれば、平日に通うことができるようになります。

つまり、病院が混んでいる土曜日の午前中などに、通院のため時間をしばられることはありません。

メリット⑤:介護への転職で「平日に格安」旅行

私は流行り病以前、海外旅行に年1回は行ってましたが、その時利用するのが旅行の運営サイトトラベルコちゃん」です。

しかし、格安旅行をうたっていても、土日出発の旅行はとても高額です。多くの格安旅行が実際に格安なのは、平日のみです。
>>【トラベルコ】旅行比較サイト|格安航空券・ホテル・ツアー

しまぞー

平日出発の旅行であれば、交通費、宿泊費がとても格安で、更に旅行先の観光地もすいています。

下の記事では介護職になった場合の「【休日】介護職員におすすめの休日の過ごし方私の休日ライフスタイル」を紹介しています。

メリット⑥:介護の仕事は実際は楽

介護の現場の仕事は一般企業に比べて動き回るなど高齢者の身体を動かすなど体力的には大変です。

しかし、仕事自体はおむつ交換などの介護技術が一通りできれば、介護職員としての仕事は出来ると言えます。

その介護技術の取得期間は、3ヶ月程度でしょう。

3年実務経験を積み、介護福祉士の資格を取得すれば転職先に困りません。

なぜ、転職先は困らないかというと、介護職の仕事は慢性的な人手不足だからです。

しまぞー

そのため、酷い職場から逃れるための転職は、介護の業態内であれば転職しやすいのです。

また、介護の職場で体力的に楽な職場もあります。

もし、体力的に楽な職場など詳しく聞きたい方は、無料の介護専門の転職エージェントをご利用ください。
>>介護専門の転職エージェントかいご畑はこちら!

介護職の離職率のお話「 なぜ介護職員は退職者が多く離職率が高いのか?辞める6つの理由と5つの対策」を紹介します。

メリット⑦:介護福祉士は転職で優遇される

介護施設、事業所に在籍する介護福祉士を多く抱え込めば加算が取れます


どうして介護福祉士が優遇されるかと言うと3K(汚い、きつい、危険)の仕事を3年間続けられたという実績があるからです。

介護の資格で3年以上勤めれば介護福祉士の受験資格を得ることで出来ます。この資格は収入に大きな影響を与えます。下の記事は「介護福祉士に関する記事です。徹底的に深掘りしています,どうぞご覧ください!

異業種から介護職へ転職:デメリット3選

デメリットのイメージ

デメリット①:介護職への転職で収入が半減

しまぞー

40代・50代歳で、一般の企業ならば役職が付いているでしょう。

年収は少なくても700万円くらいはもらえていると思います。

しかし、介護職に転職した場合は、最初の年収は330万円ぐらいだと思います。つまり、収入が一般企業の半分ぐらいに落ちてしまいます。

下の記事で、私の給料明細と源泉徴収票を「現役介護福祉士の給与明細を暴露!年収を【140万円】上げる具体的な方法」でスクショし添付しています。資格を取得する前後の明細にご興味のある方どうぞご覧ください。

デメリット②:事故に遭い裁判沙汰になる

介護の勤務中、利用者に転倒などの事故があった場合、最悪、ご家族から訴えられる可能性がないとも言えません。

介護の現場では、ご入居者様が転倒しけがを負うケースはあります。個人にはほとんどないですが、事故で施設がご家族に訴えられて裁判で負けて損害賠償を支払うというリスクがあるのです。

介護の事故は大きく分けて食事、入浴中に起こることが多いです。下の記事では「介護事故【転落,転倒,食事】を、介護へ転職する方に向けて解説!」しています。

デメリット③:人間関係の悪い職場が当たりまえ 

介護施設の退職理由の1位は「人間関係」です。これは介護職員の誰もが認めざるをえないでしょう。

一般企業と違うところが、中高年や若者、主婦などが同じ仕事をしています。上司や部下など上下関係も様々です。

その職場環境が、人間関係を悪くする大きな原因と私は考えます。

介護の現場の人間関係を詳しく書いた「介護施設職員の【人間関係】が悪いという噂は本当ですか?7つの理由」を紹介します。

しまぞー

この記事を読んで頂いて、介護の職業に興味を持たれた方、これから無料で相談できる介護専門の転職エージェントを紹介しますので、ぜひご覧ください。

最後に、転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

職場の人間関係に悩んでいる、会社に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職した方が良い理由

  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業の求める人材は能力より人柄重視、さらに、介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私は介護職での転職を8回経験しましたが、デメリットはほとんどありませんでした。

転職意思が決まったら転職エージェントに相談!

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談することです。

私の経験から、特に異業種から介護職へ転職する場合は、最初の就業先が肝心です。

良い職場環境には良い仲間、良い指導者がいるのが常で、その出会いによって介護の仕事を続けることの分かれ道になります。

肝心の最初の第一歩を、介護の業界をよく知っている転職エージェントのコーディネーターに相談することで転職の失敗のリスクを低下させることができます。

では、数ある転職エージェントの中でどこが一番おすすめ?と問われると、それは(かいご畑)です。

介護の転職エージェント一押しは【かいご畑】

私が実際に利用して分かった”かいご畑”の8つのメリット

  1. 無資格・未経験OKの求人多数掲載。
  2. キャリアアップ応援制度。
  3. 担当者が面接に同行あり。
  4. 履歴書、職務経歴書の作成をアドバイス。
  5. 短時間、残業無しの人気求人が多数!
  6. 介護資格を持つ専任のコーディネーターがしっかりサポート。
  7. 希望の給与条件にマッチした就職先を紹介!
  8. 非公開求人多数


もし、あなたがこのような状況で誰かに相談したいなら

  • 介護の仕事に興味があるので話を聞いてみたい
  • サービス残業はもう嫌だ
  • もっと休みがある施設で働きたい!

介護専門の転職エージェントかいご畑の無料相談をおすすめします。

非公開求人多数
かいご畑の求人の特徴として・・・
  • 無資格・未経験者が利用可
  • 年間休日の多い施設
  • 福利厚生の整った求人
  • 非公開求人が多数登録

かいご畑は、転職エージェントの中でも珍しく無資格・未経験者の利用をおすすめしています。

さらに、キャリアアップのための介護の資格が取れる無料の研修や講座などがあり、そのことを施設・介護事業所より評価されているため、おのずとかいご畑には、無資格・未経験の求人が集まってきます。

しまぞー

とはいえ、無資格・未経験の求人が多いといってもブラックな環境を避けたいですよね。

もちろん、全ての介護の職場が悪いとは言いませんが、職場環境が悪いところはあります。

しかし、かいご畑では介護の資格を持つコーディネーターが不安なあなたをしっかりサポート。

「これから介護に就職する方」、「今介護職で職場環境に悩んでいる方」におすすめできるのが(かいご畑)です。

転職を迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

\無資格未経験者求人多数/

無料登録はこちら

しまぞー

更に詳しいかいご畑」のおススメ理由と口コミを、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

\無資格未経験者求人多数/

無料登録

私の一番のおすすめ転職エージェントは「かいご畑」ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護職の転職エージェントをランキング形式で紹介。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、自身が望む条件を強みにしているエージェントを2社程度選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職エージェント】をランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。 

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次