MENU

在宅介護で大変なことランキング7選と解決策を合わせて考察!ご家族必見です

在宅介護で大変なことランキング7選と解決策を合わせて考察!

在宅介護は愛する家族を支える重要な役割ですが、その一方で多くの困難を伴います。

特に身体介助や精神的なストレス、経済的な負担は、介護者にとって大きな問題です。

また、高齢者が高齢者を介助する「老老介護」は、介助者も同様に高齢化している在宅介護の大きな問題といえるでしょう。

標題の在宅介護の大変なことを紹介すると…

食事の準備や入浴の介助、移動のサポートなど、日常的な介助作業には多くのエネルギーと時間が必要。

また、介護を続ける中で感じる孤独感自己時間の消失は、精神的な負担を増大させる要因となる。

さらに、医療費や福祉用具の購入、改築・改装費用といった経済的な負担も無視できません。

知識とスキルの不足も在宅介護の難点の一つで、介護技術や医療知識の習得も簡単ではありません。

それでも、公共サービスや介護ネットワークのサポートを利用することで、一部の困難を乗り越える手助けになります。

本記事では、在宅介護が抱えるこうした課題について詳しく掘り下げ、どのように対処していくかのヒントを探ります。

在宅介護をより良いものにするためのアイデアや実践法をご紹介します。

目次

1位:身体介助(介助者の身体的な負担)

1位:身体介助(介助者の身体的な負担)

在宅介護において最も大変なことの一つは、身体介助です。

身体介助とは、高齢者や障害者が行う日常生活の中で、自力ではできない部分を支えることを指します。

三大介助と呼ばれ

3つを指します。

ここでは、プラス移動の介助についても解説します。

介護職にとって身体介助は、体力だけでなく、細やかな気配りも必要とされるため、非常に負担が大きいです。

そのため在宅における介助者は、身体介助においてボディメカニクスなどの知識をもっていない方が多く、大変な介助となります。

しまぞー

私が介護初任者研修を学んだ学校では、介護職になるためではなく、自宅介護のために受講していた方がたくさんいました。

食事の介助

食事の準備と介助は、とても重要な身体介助の一環です。

食事のメニュー選びから調理、テーブルへの運搬、そして実際に食べるときのサポートまで、多岐にわたります。

特に、食事中に誤嚥(飲み込んだものが気道に入ること)を防ぐために、食品の形状や食べる速度にも注意が必要です。

食事介助の際には、とても重要なお薬の服薬介助もおこなわなければなりません。

食事は日々のエネルギー供給源であり、健全な生活の基盤となるため、この業務は非常に重要です。

入浴の介助

入浴の介助も大変な作業の一つです。

介護者は入浴の手助けを行いながら、転倒や滑りに注意を払い、安全を確保する必要があります。

また、高齢者や障害者の肌は敏感であるため、温度や洗浄剤の選択にも細心の注意を払います。

さらに、プライバシーを重視しながらも、全身をしっかりと洗浄し、清潔さを保つことが求められます。

このように、入浴介助は高いスキルと注意深さが必要です。

排泄の介助

排泄の介助も非常に重要な役割です。

排泄をスムーズに行うためのサポートは、身体だけでなく精神的な負担も大きいです。

適切なタイミングでトイレに誘導することや、オムツの交換、排泄の後の清潔さを保つためのケアが求められます。

この業務は、介護者の忍耐力と理解が試される場面でもあります。

特にプライバシーを重視しながらも安心して排泄ができる環境を作り出すことが重要です。

移動の介助

移動の介助も在宅介護において非常に大変な作業です。

高齢者や障害者が安全にベッドから椅子へ、または部屋の中を移動できるようにサポートします。

この際には、適切な持ち上げ方や支え方を学ぶ必要があります。

特に体重をかける際のバランスを考慮することで、介助者自身の腰や背中を痛めないようにすることも重要です。

また、高齢者や障害者が自立を感じながらも必要なサポートを提供することが求められます。

2位:精神的なストレス(認知症対応)

2位:精神的なストレス

在宅介護を行う多くの人々が直面する問題の一つが精神的なストレスです。

特に認知症高齢者の介護は、少なくとも座学で学び毎日複数の認知症利用者をみているプロの介護職でも最大の悩みといっていいでしょう。

しまぞー経験談

訪問介護をしていた時に、認知症の利用者が家を出て、一時行方不明になったことがありました。

小規模多機能居宅介護では、利用者の泊りの際に、

  • 一睡もしないで事業所内を歩き回る
  • 外に出ようとする
  • ロッカーを荒らしたり他の居室に入る

などトラブルとなる利用者がいました。

この場合、本人以外の宿泊利用者から「眠れない」とお叱りを受けることになります。

ちなみに認知症でも歩ける高齢者は多いですが、このような対応を迫られるご家族は、暴力や不穏な状態、転倒リスクが毎日続き、介助者ご家族の大きなストレス、心を疲弊させる原因となっています。

日常のお世話や物理的な負担だけでなく、感情の面でも大きな影響を与えてしまいます。

以下、精神的なストレスの具体的な側面について掘り下げていきます。

該当の見出しへジャンプ!

感情のケア

在宅介護をしていると、介護を受ける側の感情に敏感になる必要があります。

そのため、怒りや不安、悲しみを感じる場面が増えることがあります。

介護者自身も同じく感情的になりがちです。相手の感情を理解し、受け入れることは簡単ではありません。

これは精神的な疲労を伴うもので、感情のケアを怠ると、お互いにストレスが増し関係が悪化するリスクが高まります。

自己時間の消失

介護に多くの時間を割くため、介護者自身のプライベートな時間がほとんど持てなくなることがよくあります。

趣味や友人と過ごす時間が減少し、自分自身のリラックスやリフレッシュが難しくなります。

このように自己時間が確保できないと、精神的な疲労が溜まりやすくなり、健全な生活リズムを維持することが難しくなります。

これが続くと、慢性的なストレス状態に陥る危険性もあります。

ストレス管理

在宅介護を続けるには、有効なストレス管理方法を見つけることが重要です。

例えば、定期的にプロのカウンセリングを受けたりすることが有効です。

また、介護サービス地域のサポートグループを利用することもおすすめ。情報を共有し、悩みを相談できる仲間がいると、精神的な負担が軽減されることがあります。

継続的に自分の精神的な負担に注意を払い続けることが大切です。

孤独感の克服

在宅介護を行うと、日常的に外出が難しくなり、社会生活が制限されがちです。社会から隔絶された感覚に陥ることがあります。

孤独感を克服するためには、オンラインでのコミュニケーションや地域のサポートグループへの参加が有効です。

友人や家族と積極的に連絡を取り合い、孤立感を減少させる工夫が求められます。孤独感を解消することで、介護の質も向上し、自分自身の精神的な安定にも繋がるのです。

3位:経済的な負担

3位:経済的な負担

在宅介護は精神的・肉体的な負担だけでなく、経済的な負担も大きな要素となります。

収入が減少する一方で、普通の生活費に加えて医療費や福祉用具、住居の改築費用などが重くのしかかります。

この経済的なプレッシャーは、多くの家族にとって避けがたい問題です。

該当の見出しへジャンプ!

医療費の負担

在宅介護では、定期的な医療費の支出が避けられません。

病院までの通院費や医師の往診料、薬代などが必要になり、これが家計に大きく響きます。

特に、慢性病や重度の障害を持つ高齢者の場合、医療費は月々の支払いの大きな一部を占めることが多いです。

また、保険でカバーできない治療や薬もあり、それらが家計にさらなる負担をかけることになります。

福祉用具の購入

在宅介護には、多くの福祉用具も必要になります。

例えば、ベッドや車椅子、バリアフリーのトイレ設備など、これらの用具を揃えるだけでも大きな出費です。

また、定期的なメンテナンスや新しい機器の購入も必要になることが多いです。

これらの費用は、一度きりではなく継続的にかかるため、計画的な資金管理が必要です。

改築・改装費用

在宅介護を行うためには、住まいの環境をバリアフリーにする必要が出てくることも。

例えば、手すりの設置や段差の解消、浴室の改装など、住居を介護に適した形にするための改築・改装費用が必要です。

これらの工事は一度きりの支出では済まず、場合によっては数年おきに改修が必要になることもります。

このような費用は家計に大きな影響を与えるため、十分な準備が必要です。

福祉用具参考サイト

福祉用具情報システム(TAIS)は、国内の福祉用具製造事業者又は輸入事業者から、「企業」及び「福祉用具」情報を収集し、当協会のホームページから情報発信するシステムです。

福祉用具情報システム(TAIS)

収入の減少

在宅介護を行うために、家族の誰かが仕事を辞めたり、パートタイムに切り替えることがあります。

これにより、家庭の収入が大幅に減少することになります。

介護に専念する時間が増える一方で、働く時間が減るため、生活費や他の必要な出費に対する財政的な負担が重くなります。

特に、一家の大黒柱が介護に専念する場合、収入の減少は生活レベルを下げることに直結するため、計画的な資金管理が求められます。

4位:知識とスキルの不足

4位:知識とスキルの不足

在宅介護には多くの知識とスキルが必要ですが、これが不足していることは大きな負担となります。

特に初めて介護を始める人にとっては、何をどうすれば良いのか分からず、戸惑いを感じる場面も多いでしょう。

そのため、必要な知識と技術を身につけるための学習が重要です。

該当の見出しへジャンプ!

介護技術の習得

介護技術の習得は、多くの在宅介護者にとって大きな課題です。

介護を必要とする方の身体状況や状態に応じた正しい介助方法を学ぶのは簡単ではありません。

例えば、ベッドから車椅子への移動や入浴支援等、日常的な動作を安全かつ効果的に行うためには、専門的な技術が求められます。

研修や専門書を活用して、技術を着実に身に付けることが大切です。

医療知識の不足

在宅介護では、医療に関する基本的な知識も必要です。

例えば、薬の管理や体調の観察、病気や症状の理解が求められます。

しかし、医療の専門知識を持たない一般の介護者にとって、これらの知識を身につけるのは容易ではありません

医療従事者との連携や、地域の介護支援センターなどを活用して、必要な情報を得ることが重要です。

緊急時の対応

緊急時への対応もまた、在宅介護において困難な点です。

急な体調不良や事故が発生した時に、冷静かつ迅速に行動する能力が求められます。

救急車の呼び方や、応急処置の基本を知っておくことは欠かせません。

また、日頃から緊急時の手順を確認しておくことで、いざという時に過度な動揺を防ぐことができます。

コミュニケーションスキル

在宅介護では、介護を受ける人とのコミュニケーションも重要です。

尊重と理解を持って接することで、信頼関係を築くことができます。

しかし、言葉での意思疎通が難しい場合や、介護に対する拒否反応が強い場合など、コミュニケーションが上手くいかないことも多いです。

このような状況を乗り越えるためには、観察力や感受性、柔軟な対応力が求められます。

5位:社会的なサポート

5位:社会的なサポート

在宅介護では、公的なサービスの利用や周囲の理解と協力、そして介護ネットワークの構築が非常に重要です。

これらの要素が欠けると、介護者に大きな負担がかかることがあります。

介護保険サービスなど公的サービス

公的サービスは在宅介護を支える重要な要素です。

介護保険制度や福祉サービスを利用することで、介護者の負担が軽減されます。

例えば、デイサービスや訪問介護などのサービスを活用することで、家族は一時的な休息を取ることができるでしょう。

しかし、サービス内容の理解や申請手続きには時間と労力がかかる場合があります。

特に初めて利用する人には、情報収集や手続きの支援が必要です。

周囲の理解と協力

介護を行う上で、家族や友人、地域社会からの理解と協力は不可欠です。

周囲からのサポートがあると、介護者は精神的にも肉体的にも楽になるでしょう。

しかし、介護の現実を理解してもらうことは容易ではありません。

そのため、定期的に状況を共有したり、具体的な協力をお願いすることが大切です。

近所の人や地域のボランティア団体なども、大きな助けになることがあります。

介護ネットワークの構築

介護ネットワークの構築は、在宅介護を成功させるための鍵です。

専門家によるアドバイスや他の介護者との情報交換は、介護の質を向上させる上で非常に重要です。

ネットや地域のサポートグループを活用して、同じ立場の人々とのつながりを作ることで、安心感や励ましを得ることができます。

これにより、孤立感を軽減し、より適切な介護方法を学ぶことができるでしょう。

他にも在宅介護には多くの困難がありますが、適切なサポートを受けることで少しでも負担を軽減し、安心して介護に取り組むことができるでしょう。

6位:自己ケアの維持

6位:自己ケアの維持

在宅介護を行う中で、ケア提供者自身の健康管理やメンタルケアが重要です。ここでは、自己ケアの維持に関するポイントを紹介します。

該当の見出しへジャンプ!

健康管理

在宅介護において、自己の健康を管理することは基本中の基本です。

バランスの取れた食事や定期的な運動は、介護者自身が元気でいるために欠かせません。

また、定期的に健康チェックを受けることで、自身の体調を把握し続けることが重要です。

無理なスケジュールに追われることなく、健康第一で取り組む姿勢を持ちましょう。

メンタルケア

介護は体力だけでなく、精神的な負荷も大きいです。

介護者のメンタルケアとしては、趣味や好きなことに時間を割くことが有効です。

時には、カウンセリングやサポートグループに参加することで、ストレスや不安を軽減させることができます。

悩みを共有することで、気持ちを整理し、前向きに介護に取り組む助けとなります。

趣味やリフレッシュの時間

介護者自身がリフレッシュする時間を確保することは、長期的な介護の継続において不可欠です。

例えば、趣味に時間を割いたり、短期間でも休暇を取るように心がけましょう。

リフレッシュすることで、新しいアイデアやエネルギーが湧き出て、より質の高い介護を提供することができます。

自身の生活も大切にし、充実感を持った日常を過ごしましょう。

レスパイトケアの利用

レスパイトケアとは、介護者に一時的な休息を提供する制度です。

このサービスを利用することで、介護者は自己ケアのための時間を確保することができます。

定期的にレスパイトケアを利用することで、リフレッシュし、再び元気に介護に取り組むことが可能になります。

ストレスを溜めず、バランスを保ちながら、持続可能な介護を目指しましょう。

7位:家族との関係

7位:家族との関係

在宅介護を行う際に、家族との関係は重要な要素ですが、これが原因でストレスや摩擦が生じることも少なくありません。

家族全員が参加することで負担が軽減される一方で、意見の相違やコミュニケーションの不足が問題になることもあります。

次に、家族との関係で特に重要な点を4つ紹介します。

該当の見出しへジャンプ!

役割分担

在宅介護で最も大きな問題の一つは、誰がどの役割を担うかの決定です。

役割が明確でないと、一人に負担が集中することがあります。

このため、家族全員で話し合い、各自の役割分担を明確にすることが大切です。

例えば、日々の介護、買い物、医療機関への付き添い、家計の管理など、具体的なタスクをリストアップし、各自が負担できる範囲で分担します。

コミュニケーションの問題

家族同士のコミュニケーションが円滑でないと、誤解やトラブルが発生しやすくなります。

特に、介護に関する情報共有が不十分だと、対応が遅れたり、必要なケアが提供されなかったりすることがあります。

定期的に話し合い、進行状況や問題点を共有することで、コミュニケーションの問題を防ぐことができます。

感情の共有

介護は肉体的だけでなく、精神的にも大きな負担を伴います。そのため、家族同士で感情を共有することが重要です。

自分の感情を適切に表現し、他の家族の感情にも耳を傾けることで、お互いに理解し合い、助け合うことができます。

感情を溜め込まず、率直に話し合う場を設けることが、絆を深める一助となるでしょう。

相談と支援

在宅介護では、外部の相談や支援を受けることが重要です。

専門家や自治体の介護相談窓口を活用することで、新しい視点や具体的なアドバイスが得られます。

また、地域の介護サポートサービスを活用することで、家族の負担も軽減されます。

家族全員が手を取り合って、相談しながら介護に取り組む姿勢が求められます。

在宅介護を乗り越えるために

在宅介護を円滑に進めるためには、計画的な対応と適切なサポートが欠かせません。

ケアマネージャーやご家族との定期的なミーティングを設定し、問題点や進捗を常に確認しましょう。

役割分担を明確にし、お互いの負担を軽減するための工夫を取り入れることが大切です。

さらに、外部の専門家や地域支援を積極的に活用し、孤立感を抱かないようにすることも重要です。

家族全員が協力し合い、感情を共有しながら取り組むことで、在宅介護の負担を軽減し、より良い環境を築くことができます。

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次