MENU

介護施設での入浴介助【清拭】の方法を画像で解説!介護技術

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今回の記事は入浴介助の一つ清拭(せいしき)について解説します。

清拭は利用者が何らかの理由でお風呂に入れない時に、身体を拭いて清潔を保つ方法です。清潔を保つため居室にてお体を拭く入浴介助になります。

入浴は、高齢者にとってとても体に負担がかかります。その為利用者の状態によって医療職と介護職が相談し、浴槽(入浴)を避け清拭を行います。

清拭を行うケースとして・・・ 

  • バイタルサインの不具合により医療職より指示された
  • バイタル測定で、血圧が普段より高い値だった
  • 本人が入浴を拒否して清拭で対応する場合(わがままを受けてではない)

これらの理由により、医療職の確認指示で介護職が実施します。

目次

介護技術入浴介助【清拭】準備と実施前ポイント

f:id:shimazo3:20200711120016p:plain

>>関連記事:【脱健着患】衣類の更衣介助

入浴介助【清拭】に必要な物

  • 熱めのお湯を入れたバケツ
  • バスタオル、身体ふきタオル
  • 身体を拭くタオルは頭と顔用、身体用、下ふき用タオルと3つ用意する。
  • 本人のための塗り薬、ワセリン等
  • 着替えのための衣類、おむつ等
  • 身体用洗剤
  • 陰部洗浄用セット(おむつ、パット、陰洗ボトル、下ふきタオル、廃棄用バケツ)

入浴介助【清拭】の準備

  • バイタルサインの確認後、清拭実施を医療職へ連絡
  • 上記の必要なものを作業しやすいように配置する
  • ベッドにバスタオルを敷く(水分がシーツにシミないようにするため)
  • 衣類を脱いで頂くので、お部屋の室温を調節する

>>関連記事:シーツ交換

入浴介助【清拭】の実施ポイント!

  • ご利用者にこれから清拭を行うお声がけをする
  • ベッドは作業しやすい高さにギャッチアップする
  • 衣類を脱がせた身体の部分は、タオルで覆う
  • 身体を拭くタオルは固く絞る

入浴介助【清拭】:拭く順番

f:id:shimazo3:20200711144624p:plain

身体を拭く順番

①顔②首③腕④手⑤胸⑥腹⑦背中⑧腰⑨両足⑩陰部

入浴介助【清拭】:拭き方

f:id:shimazo3:20200710233743p:plain
飼い猫

清拭は身体の末梢から中枢へ拭く

末梢とは腕であれば手先の事で、拭き方は、手先から肘そして肩の方に体の中枢に向かって拭くという事です。矢印の方へ拭く

利用者の腕を上げる時は腕を掴むのではなく、手首を下から支えながら上げる。

※衣類を脱がせた時、拭き終わった個所は必ずタオルをかけてプライバシーの保護、体温が下がらないようにすることが重要

入浴介助【清拭】:拭く際の注意点

f:id:shimazo3:20200711144240p:plain

洗剤はファビナース液体洗浄液(下に商品あり)を、お湯を入れたバケツに入れて薄める。

タオルをお湯に濡らして絞り使用します。身体を洗うのに泡洗剤などは使用しません。

陰部洗浄は、通常のオムツ交換と変わらず、泡洗剤を使って洗浄後陰洗ボトルのお湯で洗い流します。

高齢者は肌が弱いので、通常の入浴介助同様強くこすらない事

利用者の身体にあざが無いか確認する

f:id:shimazo3:20200711140539p:plain

>>仰臥位から側臥位にする方法はこちらの画像解説をどうぞ!

f:id:shimazo3:20200711144445p:plain

清拭使用時に使う洗剤等の商品

しまぞー

ご家庭での清拭用にしまぞーおすすめの商品を紹介します

陰部洗浄専用ボトル

介護施設でお尻ふきとして利用している商品

泡タイプの洗剤。主に陰部洗浄に使用している

お身体の洗剤(薄めて使うタイプ)

今回の画像は介護専門日本福祉アカデミー公式チャンネル様よりお借りしました

>>【まとめ】介護技術の画像解説:完全マニュアル永久保存版!11記事

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる