介護士しまぞーブログ

介護に従事している方、転職を考えている方に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護職は転職を繰り返すとどのような影響があるのか?メリット・デメリットを解説!

【2021年11月15日更新】【2021年11月24日更新】


こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

 

私はこれまで回のジョブチェンジと、介護の転職を回経験しました。

 

そこで今回は、私の経験をもとに、介護職で転職を繰り返すことに関しての「メリット・デメリット」と合わせて、転職活動にどのような影響があるのかを解説します。

 

最初に回答を申し上げますと・・・

  • 大きなメリットはさまざまな職場を経験することによってスキルアップが出来る
  • 同じくデメリットは管理者候補の求人にエントリー出来ない

本記事では更に、メリットつ、デメリット紹介し解説していますのでご覧ください。

 

 

無料で登録できる,介護の転職おすすめエージェント5社

 《 転職エージェントは自己負担円 》
  1. しまぞー1押し4割が非公開求人
    ⋙転職エージェント最大手【マイナビ介護職
  2. 好条件求人を紹介できる
    ⋙介護職の就業・転職は介護専門求人サイト【かいご畑】 
  3. ホワイト介護施設に特化した求人施設紹介サービス
    ⋙転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】
  4. 私が実際に年収140万円アップしたきっかけの転職エージェント
    全国12拠点での地域密着の転職サポート【介護転職なら介護ワーカー】

  5.  経験豊富な専任コンサルタント
    ⋙キララサポート介護

 

介護の職業で転職を繰り返す3つのメリット

転職を繰り返すイメージ

  

①:転職により多様な現場を経験し、知識、スキルが向上する

 

介護職の仕事、特に施設系の仕事は、身体介護が中心で他の職場でも通用する仕事ではあります。

 

しかし、そうはいっても利用者の認知症などの症状やADL(日常生活動作)は同じではなく個々人によって違います。もちろん利用者ごとにケアの方法も違ってきますね。

 

また、設備も職場ごとにさまざまで、種類も多いです。つまり、転職により多くの「技術・知識」を身に付けることが出来ます

 

介護の職業は、転職によって環境への柔軟性も上がるでしょう。

 

結果、多様な介護の現場、職場を経験する事で知識、スキルが向上します。

 

関連記事:分かりやすい介護技術まとめ

www.shimazo3.com

 

②:介護の仕事は転職がわりと容易

 

介護職は他の職業よりは転職しやすいです。

 

理由は圧倒的に人材が不足しているからで、猫の手も借りたいくらいの職業とはこの介護職の事でしょう。

 

2025年には40万人近くの人員が不足すると叫ばれています。多少変わった人でも採用されているのが介護の職場の現状です。

 

他の職業なら転職が多い人材は、採用を敬遠されるが介護の職業は採用されるのです。

 

しかし、そのような誰でも採用される職業というのは、職場の環境、人間関係が悪化しやすい理由のひとつ」でもあります。

 

【人気記事】介護の転職はエージェントを利用すべき

www.shimazo3.com

  

③:介護福祉士の有資格者はさらに転職が容易

 

介護福祉士の資格を取得すれば、更に転職の難易度は低くなります。

 

この介護福祉士の資格ですが、私の周りでは取得難易度は自動車の免許より低いといわれていました。

 

しかし、介護福祉士の資格所有者は、底辺職と揶揄される介護の現場を少なくとも4年近く勤めているという信頼と安心感が施設・事業所にあります。

 

そのため介護福祉士の有資格者は、それこそ何回でも転職が可能と言われています。

 

関連記事:国家資格,介護福祉士についてまるっと解説!
www.shimazo3.com

   

介護の職業で転職を繰り返す4つのデメリット

  

①:転職を繰り返す人は出世ができない

 

これは当然なのですが、ひとつの職場を短期間で退職すれば、リーダーや主任への出世が難しいですよね。

 

ただ、一度でも長期間同じ職場にいて責任的な立場を経験していれば、職務経歴書には管理者経験を記載することが出来ます。

 

そのため、転職して即リーダーや主任を任される方はいますし、入社条件でリーダー職として採用されることもあるでしょう。

 

関連記事:理想のユニットリーダー論

www.shimazo3.com

  

②:管理者候補の求人は書類審査で落とされる

 

私が介護の転職活動で管理者候補の求人に申し込んだ際に、一般介護職でのエントリーは出来るが、転職が多いので管理者候補の求人には「エントリー出来ない」と言われました。

 

この様なケースは数か所ありました。やはり転職を繰り返す人は、管理者としては向いていない、採用できないと判断されるのでしょう。

✅ 管理者候補の求人にエントリーするならコチラ!
管理者への転職希望は、転職エージェントの【かいご畑】に無料相談! 

 

関連記事:管理者希望の方必見!

www.shimazo3.com

   

③:身辺調査が行われている可能性

 

就職活動時においての『身辺調査』とは、その求職者が過去にどのような職歴、生活をしていたのか周辺を調査することです。

 

今は個人情報を簡単には扱えない為、なかなか企業も行っていないと思いますが、私が新卒で就職活動をしていた時代にはありました。

 

私の場合は、実家の近所に、私が子供の頃どのような生活をしていたのか確認のため電話、もしくは訪問があったと当時聞きました。(すみません30年前の話でどちらか覚えていません)

 

ただ、ネットなどでは、前職の職場に電話で確認する施設もあるとの情報もありました。

 

転職回数が多いのが目立ち、前職に電話されて、もし前職で問題行動がみられていた場合は、採用を見送られる可能性はあるでしょう。

  

④:転職を繰り返し行き場がなくなる

 

1回の転職活動で複数の施設・事業所の求人にエントリーするなどの求職活動をする事により、次回に転職の活動できる施設・事業所が物理的に少なくなるでしょう。

 

具体的に説明すると、1回の転職活動の中で複数の企業に面接すれば、次回の転職活動ではそれらの施設・事業所の面接官に顔を覚えられてしまうために、そこらはすぐに転職を希望することが出来なくなりますよね。

 

例えば1回の転職活動で3か所面接したとして、3回転職したとします。そうすると、3回×3か所=9か所面接したことになります。

 

都会でない限り9か所も顔が知れ渡ると、なかなか次の職場を探すのも物理的に難しくなるでしょう。

 

保存版:転職まとめ記事随時更新中

www.shimazo3.com

 

まとめ

 

結論としては、やはり給料を上げていくという点では転職の回数が多いのは不利といえるでしょう。

 

リーダーやその先の管理者になるには、周りからの信頼がないと難しいです。転職が多いと中途半端な職責の位置にいつまでもいる事になる、平社員の肩書が変わらないままです。

 

最後に、介護に転職・就職を考えている介護職希望の方へむけて・・・

転職したくなったらまず転職エージェントに無料相談。


もし相談するなら⋙転職エージェントのマイナビ介護職がおすすめです。

 

私が実際に転職活動で転職エージェントを利用した時に、とても助かったのが面接同行収入が希望にマッチする施設を探してくれたことでした。

私が直接電話で確認した”マイナビ介護職”の6つの特徴、メリット

  1. 担当者が面接に同行してくれる。
  2. 履歴書、職務経歴書の作成の相談に乗ってもらえる。
  3. 短時間、残業無し の人気求人が見つかる。
  4. 担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれる。
  5. 最初の段階で、希望の給与条件 にマッチした就職先を探してもらえる。
  6. 面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所がある。

 

私が直接電話でマイナビ介護職に確認したマイナビ介護職のおすすめ理由を下の記事で紹介しています。是非ご覧ください。

 

しまぞー記事【マイナビ介護職】おすすめ介護転職エージェント,マイナビ介護職を紹介


www.shimazo3.com

 

⋙直接【マイナビ介護職】のサイトに行きたい方は、こちらからどうぞ!

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

 

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20201220202002p:plain