中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

中高年の介護転職の志望動機はどうすればいい!?業態別で一発採用の具体例

特別養護老人ホームの介護福祉士です。

f:id:shimazo3:20190402005854p:plain

中高年の介護転職の志望動機はどうすればいい!?業態別で一発採用の具体例
私は43歳でこの介護の世界に入りました。

わたしの経験した業態は、以下になります。

  • グループホーム2か所
  • 小規模多機能居宅介護2か所
  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム3か所

 

自分でも笑ってしまうくらい転職してますね。7年で8か所ですよ(笑)

ただ、介護の知識と経験は他の方よりあると自負してます。その為私の参加するヤフー知恵袋でも1年程度で福祉介護のカテゴリーマスターになれたと思います。

 

今回の志望動機は私の経験だけではありません。今は転職の失敗を含めてそれぞれの業態の特徴や知識があるのでぜひ参考にしてください。

 

介護業態が求める必要なスキル

①コミュニケーション能力

コミュニケーションはお年寄りをお世話する仕事です。お話をするのも仕事です。

利用者様と話をすることによって信頼関係が出来ます。

これを出来ない方ははっきり言って向いていないと思います。

②介護技術

オムツ交換から更衣介助、移動介助などありますがこれは入職後に覚える事です。

これもはっきり言ってうんちが手についた程度で嫌がる方は向いていないと思います。

ただ私の経験では業態にもよりますが慣れます。

3か月程度で覚えてします、技術とは言えない技術です。

実際学校などで教えることできないのです。汚い話ですが、学校で生徒が下痢を起こして泥状便の姿を見せない限り、おむつ交換など出来ないでしょ。

③高齢者の障害と認知症対応能力及び知識。

認知症の利用者に相対すると最初はとても驚きます。突然厳しい顔をされ、不穏な雰囲気が出現します。慣れるまでとても時間はかかると思います。教科書や研修で、認知症の「中核症状」、「周辺症状」とか言葉を教えられます。

 

しかしこれも経験が大きいです。私も最初は認知症の拒否反応で大変な思いをしました。しかしそのうち対応力を身に付けていました。大体顔を見れば、この方がどのような認知症なのか、3.4種類の性格に分類出来てしまいます。その分類ごとに対応方法を身に付いていました。7年介護を経験し、何か困った対応など無くなりました。

 

周りの新人が困っていても「それは自分で克服しなきゃ」と思います。こればっかりは教えることが出来ないのです。

 

これも②同様学校や研修では教われません。「だってそうでしょ、認知症の方学校にいますか?」いたらいたでびっくりですが・・・

④対人関係構築能力

コミュニケーション能力と分けたいのですが、要は職場内でのスタップ間の関係を良好にきずけるかです。

これも重要で、長く務めるには必要な要素です。

特別養護老人ホームでは退職理由の一番は対人関係です。そこを克服するに必要なスキルです。

何故志望動機を書くのか?

 

www.shimazo3.com

 

単純です。介護施設は貴方が何故私たちの介護施設に入職したいのか知りたいからです。

入職への本気度、入職した場合の介護施設の期待に対する回答を知りたいのです。

志望動機で重要な3つの要

今までの職業でつちかったアピールポイント。

貴方が今までの社会人経験でどのような役割の業務内容をしていたのか?

老人施設はこのことを知ることによって、入職後の貴方の未来像が想像できます。

 

具体的には前職で・・・

管理職をしていたなら、老人施設はマネージメントが出来るのではないか?

 

営業職をしていたなら相談員として、役所や地域包括支援センター、居宅介護支援事業所で太いパイプを作ることが出来るのではないか?お客様を獲得する仕事を担う事が出来るのではないか。

 

技術系の仕事をしていたなら、設備やシステムの構築を担う部署で活躍できるのではないか?等々

この様に貴方が入職後、どのような介護職員になり老人施設でどのような役割を担うことが出来るのか、活躍してくれるのか、推し測ることが出来ます。

・なぜ御社の介護施設を志望しているのか?

この回答は私の過去の記事を閲覧して頂きたいです。この記事の中にはそれぞれの業務内容、特徴が記事になっています。より深く介護業態別特徴、仕事内容を知りたい方、ぜひ興味のある業態を一度ご覧なってください。

 ・介護施設のニーズと貴方の志望動機がマッチするか。

貴方の志望動機と介護施設が求める人材が一致すれば、「明日から来てください」「いつから働けますか?」とその場で採用など多いです。

介護に就職したい動機 

まずは介護に入職したい動機を私の経験でお話しします。

私の動機は

・父親がデイサービスと有料老人ホームを利用していてその職員さんとお話をする機会がありとてもやりがいのある仕事を感じたため。

・これからの高齢化社会にとても将来性を感じ、需要のある業態だと思います。

介護業態別!わたしの志望動機の例と特徴

グループホーム

特徴

介護サービスの種類としては、地域密着型サービスと言います。地域密着型サービスは基本その市町村の住民が入居できる施設になります。そして認知症の方が入居できる業態です。

志望動機

少人数の入居者様に対応するユニットケアに興味があります。一人一人のご入居者様とゆったりと余裕のある環境で、お年寄りの入居者様をお世話をしていけるのではと思い志望しました。

www.shimazo3.com

 

 

www.shimazo3.com

 

小規模多機能居宅介護

特徴

グループホーム同様、地域密着型サービスです。泊り、デイサービス、訪問サービスをミックスさせて利用できるのが特徴です。介護度は低めのご利用者様が多いです。

志望動機

泊り、デイサービス、訪問サービスといろいろな業態を経験できるところに魅力を感じます。自立された方が多いと聞いています。これからの高齢化社会には在宅介護が重要だと思います。そのノウハウを学んでみたいと思います。

困った時には❕

私のブログを読んで頂き「私の知人が働いていまして、とてもやりがいのある仕事だときいています。」これで間違いなしです(笑)

 

 

www.shimazo3.com

 介護老人保健施設

特徴

医療的ケアが中心です。管理者の医師は常勤です。24時間看護師在中を謳っている施設も多いです。

従来型が多く、比較的安い利用料になります。

在宅復帰を目的としていて、リハビリを重点としている業態です。

志望動機

これからの時代介護士も医療的ケアが重要になっていくと思います。そのケアを身に着けたいと思います。

 

例えば居宅サービスから介護老人保健施設に転職する場合の志望動機は

介護技術を身に付けたいと思います。

多くの利用者を経験することが出来る為、認知症や障害者の知識、経験を積めると思い志望しました。

www.shimazo3.com
www.shimazo3.com

  

特別養護老人ホーム

特徴

「終の棲家」と言われ介護度が3以上と高く、認知症の方がほとんどです。

地域から介護に困って入所するご入居者様が集まります。高い介護技術を身に付けることが出来ます。例えば夜勤なら一回当たり50回以上、おむつ交換をするユニットもあります。

志望動機

介護老人保健施設から特別養護老人ホームのユニット型へ転職する場合の志望動機

私は介護老人保健施設の従来型で働いていましたが、もっと入居者と密な関係を築き、たいと思っています。

ユニット型は少人数のご利用者様を世話すると伺っています。従来型と違いもっと入居者様に対して、行き届いたサービスを提供できると思い志望しました。

www.shimazo3.com

 

 

www.shimazo3.com

  介護付き有料老人ホーム

特徴

営利法人の民営企業がほとんどです。ちなみに、特別養護老人ホームの運営母体は社会福祉法人、介護老人保健施設は医療法人です。この2つの業態は、単体での施設が多い為、あまり出世や昇給が望めません。

 

しかし有料老人ホームなら、ホーム長→エリアマネージャー→本部の課長→部長と出世が望めます。給料もある企業ではホーム長が年収500万円、部長が800万円と宣伝してます。

介護職で給料を上げていくには唯一の方法だと思います。

志望動機

御社では接遇を重視したケアを行っていると聞いています。更にしっかりとした技術やコミュニケーションスキルを身に付けていきたいと思い志望しました。

また経営面にも興味があります。私の私の仕事でつちかったマネージメント能力を活かせると思い志望しました。

 

www.shimazo3.com

訪問介護サービス 

特徴

在宅介護サービスでご利用者様のご自宅に出向き介護サービスを提供します。

身体介助と生活支援があり、この2つと時間ごとに料金がかかります。

志望動機

1対1の関係でお世話をすることで、施設サービスより一歩踏み込んだサービスが出来ると思います。

職場の人間関係のわずらわしさを避けたいのが志望動機の一つです。


www.shimazo3.com

まとめ

介護業態別志望動機どうでしょうか?

私としては、勤め先の特別養護老人ホームをお勧めします。上記記載した3つのスキルが1か所で身に付くからです。

ただ自立支援(利用者様のADL(日常生活動作))がこれからの介護では必ず需要視されて行きます。その点では居宅サービスでの経験も重要な経験となる事は間違いありません。

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

よかったら読者登録、Bマークしてください。とても励みになります。