中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護職の仕事が3K(汚い、きつい、危険)と呼ばれる理由をお話しします。

こんばんは(こんにちは)、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

 「今回のお題は介護職の仕事が3K(汚い、きつい、危険)と呼ばれる理由をお話しします。

 

介護職には仕事をする上で「避けて通れない仕事」の話しをします。

まず介護職は3K(汚い、きつい、危険)です。

【介護職が汚いとは】

少なくともお年寄りの排泄を介助をするわけですか、臭い(便臭、尿臭)はあります。日頃の清掃状況、つまり職員の清潔の意識の有る無しにもよりますがトイレは何時も匂いがします。また私の勤める特別養護老人ホームなどでは、車椅子の方が殆どです。そうなると必然的に介護職員は、トイレ誘導しての排泄介助を行う、ベッド上でのオムツ交換を行います。そうなると3Kの汚い部分があるという事は言えるのです。

職業訓練ではなかなか教えてくれない、もしくは少なく忘れてしまいがちです。

そうなると例えば私の経験で実際現場で、大学卒の介護職員が、入浴介助中に入居者がお風呂の中に排便してしまい、その「ぷかぷか浮かぶうんち」に「嫌だ―‼」とパニックになり、ショックを受けて、ものの一週間で退職する方いました。

 

【介護職がきついとは】

これは人によって感じ方は違います。当然年齢的、性別にもよるかと思います。

まずは私の特別養護老人ホームでは10名のユニットを一人で対応するのが基本です。

これが出来なければ、出来るまでは、一介護職員とは認められないです。

そして日中帯の介助の仕事内容はは、食事介助、服薬介助、口腔ケア、トイレ誘導、臥床介助、オム交換、水分作り、ケース記録のPCへの打ち込み、もしくはペーパーへの記載の繰り返しです。ほとんど職員同士休憩時間もそれぞれ分かれますので、会話する時間もありません。

そして夜勤はなんと16時間連続勤務、残業があると18時間連続勤務など当たり前です。更に労働基準法で言う所の休憩時間が無いです。

これが介護職員の「きつい」と思われる原因だと思います。

 

そして最後に

「介護職が危険とは」

介護現場での危険を、「3つに」分けて考えたいと思います

【危険の一つ①】

「これは介護職が人の死に関わる仕事と言う事です。私の特別養護老人ホームでは看取り介護を実施しています。入居者が亡くなられるまで仕事です。

そもそも「看取り」とはどういうものなのかと言うと。公益財団法人全国老人福祉施設協議会によると、「看取り」とは「近い将来、死が避けられないとされた人に対し、身体的苦痛や精神的苦痛を緩和・軽減するとともに、人生の最期まで尊厳ある生活を支援すること」とされています。

しかし介護職員にとって、この看取り介護の現場に立ち会うと非常にメンタル面で危険な仕事になります。

特にご入居者様が亡くなられるのは、夜間帯の1人対応の時が多いです。

それは介護の「あるある」ですが、実際夜勤者は先ほど申し上げた通り、16時間連続勤務ですから当然夜勤者がその場面に立ちある確率は高いです。その対応に追われながら通常の夜勤業務をこなさなければならない場面はメンタルがきついのは確かです。

実際私が知ってる限り、精神科や心療内科に通院している介護士はいます。

 

【危険の一つ②】として、ご入居者様に危険な場面が多いのです。「転倒、誤薬、皮膚剥離、異食」などをされる事があります、その様な事を介護では「介護事故」と言います、その際介護職員はアクシデント、ヒヤリハットとして報告書を提出します。

 

※「このご入居者様に起こる、事故報告やヒヤリハットの内容はまた別のブログでお話しします」。

 

【危険の一つ③】として、インフルエンザ、ノロウイルス、MRSAの細菌等による感染症が高齢者にとって危険です。高齢者だけが危険ではないでしょ?と思われるかもしれませんが、高齢者の抵抗力が低下した体質、体調の場面では非常に危険なのです。

 

感染症に関して詳しい内容を記載したサイトを添付します。

感染症の種類と特徴|感染対策の基礎知識|福祉ナビ|サラヤ株式会社 企業法人向け