MENU

介護の仕事が3K(汚い,きつい,危険)と呼ばれる理由を解説!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

3Kとは、介護職には仕事をする上で「避けて通れない仕事」、汚い、きつい、危険の頭文字を取り言われています

これから介護を始める方に向けて、今日はこの介護の3K について詳しく解説します。

目次

【3K:①】介護職の仕事が汚いとは

f:id:shimazo3:20211129120413p:plain

少なくともお年寄りの排泄を介助をするわけですか、臭い(便臭、尿臭)はあります。

日頃の清掃状況、つまり職員の清潔の意識の有る無しにもよりますが、トイレは何時も悪臭がします。

また私の勤める特別養護老人ホームなどでは、車椅子を利用する方がほとんどです。

そうなると必然的に介護職員は、トイレ誘導しての排泄介助を行います。ベッド上でのオムツ交換を行います。

そのような意味で介護職は「3Kの汚い仕事」と言われます。

ハローワークの職業訓練、民間の資格研修ではなかなかマイナスの部分は教えてくれません。もしくは忘れてしまいがちです。

例えば私の経験では介護の現場で、大学卒の新人介護職員が入浴介助中に、入居者がお風呂の中に排便したことを見て、その「ぷかぷか浮かぶうんち」に「嫌だ―‼」とパニックになり、ショックを受けてものの一週間で退職する方いました。

関連記事:介護が底辺職と言われる理由

【3K:②】介護職の仕事がきついとは

f:id:shimazo3:20200822085829p:plain

これは人によって感じ方は違います。当然年齢、性別にもよるかと思います。

まずは私の特別養護老人ホームでは10名のユニットを一人で対応するのが基本です。

これが出来なければ、出来るまでは、一介護職員とは認められないです。

そして日中帯の介助の仕事内容はは、食事介助、服薬介助、口腔ケア、トイレ誘導、臥床介助、オム交換、水分作り、ケース記録のPCへの打ち込み、もしくはペーパーへの記載の繰り返しです。

ほとんど職員同士休憩時間もそれぞれ分かれますので、会話する時間もありません。

そして夜勤はなんと16時間連続勤務、残業があると18時間連続勤務など当たり前です。更に労働基準法で言う所の休憩時間が無い職場あります

これが介護職員のきついと思われる原因だと思います。

関連記事:介護職の夜勤体制について

関連記事:夜間の入居者急変時の対応 

【3K:③】介護職の仕事が危険とは

f:id:shimazo3:20200822085509p:plain

それでは介護現場での危険を、3つに分けて紹介しますね。

①危険な仕事:メンタルがやられる

介護職は人の死に関わる仕事と言う事です。私の特別養護老人ホームでは看取り介護を実施しています。入居者が亡くなられるまで仕事です。

そもそも「看取り」とはどういうものなのかと言うと。公益財団法人全国老人福祉施設協議会によると・・・

看取りとは

「近い将来、死が避けられないとされた人に対し、身体的苦痛や精神的苦痛を緩和・軽減するとともに、人生の最期まで尊厳ある生活を支援すること」とされています。 

しかし介護職員にとって、この看取り介護の現場に立ち会うと非常にメンタル面で危険な仕事になります。

特にご入居者様が亡くなられるのは、夜間帯の1人対応の時が多いです。

それは介護の「あるある」ですが、実際夜勤者は先ほど記載した通り、16時間連続勤務です。

当然夜勤者がその場面に立ちある確率は高いです。その対応に追われながら通常の夜勤業務をこなさなければならない場面ではメンタルがきついのは確かでしょう。

実際私が知ってる限り、精神科や心療内科に通院している介護士はたくさんいます。

関連記事:看取り介護について

②危険な仕事:入居者の事故

入居者様に危険な場面転倒、誤薬、皮膚剥離、異食」この様な事を介護では「介護事故」と言います。

その際介護職員はアクシデント、ヒヤリハットとして報告書を提出します。

※「このご入居者様に起こる、事故報告やヒヤリハットの内容はまた別のブログでお話しします」。

関連記事:介護事故について

③危険な仕事:感染症

インフルエンザ、ノロウイルス、MRSAの細菌等による感染症が高齢者にとって危険です。

高齢者だけが危険ではないでしょ?と思われるかもしれませんが、高齢者の抵抗力が低下した体調の場面では非常に危険なのです。

感染症に関して詳しい内容を記載したサイトを添付します。

感染症の種類と特徴|感染策の基礎知識|福祉ナビ|サラヤ株式会社 企業法人向け

転職・就職を考えている方へむけて・・・

転職しようかな…と思ったら、まずは転職エージェントに無料相談

職場の人間関係に悩んでいる。会社に不満があるなど、このような悩みを解決するなら、ぶっちゃけ転職するのが一番現実的です。

転職したほうが良い理由

なぜ転職した方がいいと言えるのでしょうか?

  • 給料の良い条件で探せば、収入が増える可能性大
  • 職場の環境は個人では変えられない
  • 転職をすれば人間関係をリセットできる
  • 悩みが継続すると精神的な負担から病んでしまう可能性がある

また、介護の職業が求める人材は能力より人柄重視です。さらに、介護業界が慢性的な人材不足のため、転職しやすい環境です。

しまぞー

私は介護職での転職を数多く経験していますが、転職のデメリットはほとんどありませんでした。

転職意思が決まったら転職エージェントに相談!

転職を一番楽に成功させるには、転職エージェントというプロに相談することです。

私の経験から、特に異業種から介護職へ転職する場合は、最初の就業先が肝心です。

良い職場環境には良い仲間、良い指導者がいるのが常で、その出会いによって介護の仕事を続けることができるかの分かれ道になります。

肝心の最初の第一歩を、介護の業界をよく知っている転職エージェントのアドバイザーに相談することで転職の失敗のリスクを低下させることができます。

しまぞー

では、数ある転職エージェントの中でどこが一番おすすめ?

と問われると、それは「きらケア介護」です。

介護の転職エージェント一押し【きらケア介護求人】

介護専門の転職エージェントである「きらケア介護」に相談するのをおすすめします。

非公開求人多数
きらケア介護の求人の特徴
  • 求人数最大級の10万件
  • 非公開求人が多数登録
  • 無資格・未経験者でも利用可
  • 年間休日120日以上など好条件が多数掲載
  • 福利厚生の整った求人

\カンタン1分登録/

非公開求人が多数登録

きらケア介護の求人数は最大級の10万件

多くの求人の中から専任コンサルタントが、あなたにベストな求人を紹介します。

また転職エージェントの中でも珍しく、無資格・未経験者が応募できる求人があるのも特徴です。

なぜならきらケア介護では、介護の入り口の資格「介護初任者研修」を無料で受講できる制度があるからです。

そのため、施設、介護事業所から高い評価を受け、きらケア介護には多くの無資格・未経験OKの求人が集まってきます。

これから介護に就職する方」はもちろん、「今、介護職で職場環境に悩んでいる方」におすすめできるのが「きらケア介護」です。

しまぞー

とはいえ、ブラックな環境は避けたいですよね。

もちろん、全ての介護の職場が悪いとは言いませんが、職場環境が悪いところはあります。

しかし、きらケア介護は専任のコンサルタントが紹介企業を入念にリサーチし、不安なあなたをしっかりサポートします。

転職をするか迷われている場合でも、良い求人を逃さないために登録だけはしておきましょう!

>>きらケア介護の無料の相談・登録はこちら!

あなたが以下のような状況で誰かに相談したいなら

  • 介護の仕事に興味があるので話を聞いてみたい
  • サービス残業はもう嫌だ
  • もっと休みがある施設で働きたい!

きらケア介護の無料相談をおすすめします。

\カンタン1分登録/

未経験から経験者まで

しまぞー

更にくわしいきらケア介護」の口コミ・評判、おススメ理由を、下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

一番のおすすめ転職エージェントは「きらケア介護求人」ですが、他の転職エージェントにもそれぞれの強みや特徴があります。

また、自身に合わないエージェントに絞って転職活動を行うと、その結果、合わない職場を紹介されてしまうという残念なケースも…

そこで下の記事では、介護専門の転職エージェントをランキング形式で紹介しています。その特徴と内容を詳細に比較した記事をぜひご覧ください。

ランキングの比較内容から、あなたが望む条件を強みにしているエージェントを2社程度に選んで利用するのが転職の成功の近道と考えます。

>>おすすめ【介護転職サイト・エージェント】ランキング!

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次