中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

中高年50歳代の介護職員の【転職お悩み相談】身に付けるべきスキル紹介!

f:id:shimazo3:20190428124141p:plain

 

【質問】

有料老人ホームに勤務を始めて二か月ですが、転職を悩んでいます。

 

  • サービス残業が毎日30分から1時間程度あること
  • シフトの変更が多いこと
  • 一人夜勤を何度かしましたが、正直体力とメンタルに来ていること

 

以上が転職したい理由です。

 

今のホームでは介護技術の指導というものがほとんどなく、従来型の特別養護老人ホームか、もしくは病院等で技術面を指導して貰って、自分の介護力に少し自信を付けたいという気持ちがあります。

 

ただ現在の職場は、人間関係はそれなりに良いし、入居者様も優しい方が多いです。
仕事はハードだけどようやく少し慣れてきたところです。

それに、ただでさえ今人員不足なのに辞めたいということの申し訳なさみたいなものがあって……もちろん短期離職もあんまり良くないことですし。
皆さんはどうすればいいと思いますか?ご意見お聞きしたいです。

【回答】

サービス残業やシフトの変更が頻繁にあると、コンプライアンス(法令遵守)に問題ありそうです。

 

また24時間一人勤務を避けたい場合は、20名一人夜勤の特養のユニット型は避けまた方が良いと思いまず。

 

そうなると、居宅系(訪問介護もしくはデイサービス)であれば夜勤はありません。
従来型の特別養護老人ホーム、介護老人保健施設の従来型ならば夜勤は複数の職員です。

 

もしくは看護師が24時間勤務の介護付き有料老人ホームであれば、夜勤は複数の職員で勤めていると思います。


私の施設にも有料老人ホームから転職してくる方多いです。その職場環境の悪さ、虐待ニュースでも問題になってますよね。

 

貴殿の施設で介護技術を指導されないなら、やはり問題だと思います。
つい最近、私の勤め先の特別養護老人ホームで有料老人ホームから介護士が転職してきました。

 

介護歴3年の新人のおむつ交換を見ていたら、おむつを開けていきなり股からパットを抜いていたので注意しました。

 

「そんなパットの抜き方していたら便失禁の時陰部が便で汚染され尿路感染症の危険がるよ」です。人の事は言えないのですがそのやり方を3年間していたと思うと、ある意味怖いですね。

 

私は介護老人保健施設(老健」)で介護技術を学びましたが、1か月はしっかり教育されました。

 

技術が無いと怖いのは、高齢者相手の場合は慎重に介助しないと、あざや剥離、褥瘡がすぐに出来ます。

 

つい最近も新人職員が入居者の障害を知らず、無理な介助をしたのか、もしくはその入居者の正しい介助方法を知らず骨折させていました。その方介護歴10年以上です。

 

施設勤務の介護職員にとって今後も介護で飯を食っていくなら介護技術の取得はとても重要だと思います。

 

私は一人夜勤の方が自分のペースで仕事が出来て好きなのですが。人それぞれですね。
介護技術はネットでも多数あります。シーツ交換など初任者研修より分かり安いです。

私がお勧めする「日本福祉アカデミー」のサイトです。このサイトを入り口として多数の介護技術の動画があります。良かったらどうぞ。

 www.youtube.com

転職希望の退職に関して

民法の規定で「退職日を指定しその2週間前に退職届を提出しなければなりません」

 

就業規則、労働契約書などにも退職に関する規定があるはずですが、短期間での退職なら大丈夫です。

 

また介護職であれば、昨今の人材不足は介護事業所や施設にとっては大きな問題です。転職するのに苦労はしないです。

 

私が思う介護職が身に付けるべきスキルは

コミュニケーションスキル

介護は一種のサービス業です。人とコミュニケーションが取れないと事故につながりやすくなります。またコミュニケーションが嫌いであれば、いやいや働いてお金を稼ぐのは、入居者様にとって失礼だと思います。

介護職に関わる知識(バイタルサイン、認知症、等)

高齢者はいつ特変の事態になるか分かりません。介護や医療的知識(バイタルサイン)等の基本的な事は自分で調べて身に付けましょう。

 介護技術の習得

しっかりとした介護技術を身に付ける。
ボディメカニクスを使った介護技術を使用し、腰痛持ちにならないように気を付ける。

 感情コントロール能力
  • 介護現場では様々なストレスがあります。職場の人間関係もちろんの事。
  • 虐待につながりかねない職場環境
  • 認知症から来る入居者様の異食や徘徊などの行動。

以上の四点だと思います。これらを学べる施設を選択して頂ければと思います。

 

関連記事 

www.shimazo3.com

www.shimazo3.com

www.shimazo3.com

ブログの閲覧ありがとうございました。また明日よろしくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。