中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

こんな介護士は嫌われる編【スピード重視】50歳代中高年介護職への転職

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

仕事のスピード自慢の介護職員がいます。特に男性職員に多いです

介護の仕事は、スピードを重視すると周りの職員から嫌われ、けむたがれる事があります。

仕事が早いと、周りから尊敬されるとは限らないのが介護の仕事です。
それは介護が「対人を相手」にする仕事だからです。

 

今回は、なぜスピード重視の介護職員が嫌われるのか?考察したいと思います。

 

スピード重視の介護士の傾向【理由1:仕事が雑】


他の職員から見れば、スピード重視の職員は「うざい」とか「仕事が雑だ」と思われていることが多いのです。

スピード自慢の介護士は、一つ一つの作業が雑になる傾向があると思います。そのような方の特徴は、自分の仕事を終わらせて、他の職員を手伝う事で、他の職員に仕事の速さをアピールしています。

おむつ交換の雑さの具体例

利用者のオムツ交換が終わった後で、次に他の職員がおむつ交換を見て・・・

  • 排せつ物が、おむつから漏れていた。
  • 雑なおむつ交換をみて、直さなければならなかった。

おむつ交換が早いと自負していても、あとから見た介護職員がオムツ交換をする時に丁寧なおむつ交換ができていないと、あの人は雑な仕事をしていると烙印を押されます。

 

つまりスピード重視の職員は、仕事が早いため、自分にとって楽ができる。しかし他の職にとっては、手直しをしなければいけないといった手間がかかるのです。

 

つまりスピード重視の職員の「けつを拭いている」のです。
丁寧さを第一としている職員は、雑な仕事を受け入れられないのです。

 

トイレ誘導の雑さの具体例

  • スピード重視の介護士のトイレ誘導の後は、トイレ内が汚い。
  • トイレ内に使用済みのパットやリハビリパンツが、床に散乱している。
  • 汚物を、トイレの指定の位置に置いていない。


スピード自慢の介護士は、トイレの中が汚い状態でも気にしないのです。

仕事の要領の良さを重視し、後で片付ければいいやと考えています。

 

しかしその間に、他の職員や入居者のご家族がそのトイレの汚さを見て、とても不快な思いになってしまいます。

そのようなことから、介護職員としての信用が低下します。

 

スピードで自分の仕事が終わらせて、他の職員の手伝いをします。しかし「手伝ってやったんだ」と喜ばれると思うことが勘違いです。

 

他の事を手伝って自分のことが仕事ができていないと、結局雑だというマイナスの印象になります。

スピード重視の介護士の傾向【理由2:仕事が危険】

スピード重視の介護士は、ご入居者の扱いを雑にする傾向があります。

 

仕事が丁寧で早い方の特徴は、無駄な動きがないのです。

 

私が介護で見てきた中でも、介護技術がうまい方は、言い方悪いですが、とても機械的な動きをします。

 

作業に無駄な動きがないのです。力が入っていないボディメカニクス(てこの原理)を上手く使っています。

 

逆に雑な介護士の仕事を見ていると、仕事の速さを、力で補っている傾向にあります。
そのような雑な仕事をする介護士を見ていると、入居者を危険な目にあわせています。

力で仕事をする危険
  • 力で作業をして、ベッドの柵に入居者をぶつけて青あざを作った。
  • 無理に力を入れた介助をして、入居者にけがをさせた。

 

仕事の手順を省く危険

入居者を車いすからベッドへ移乗する際、車いすのサイドバーやフットレストを外さなかったため、ひじをサイドバーにこすり剥離させてしまった。

 

この様なケースはスピード重視の作業をし、必要な手順を省略して起こる事故です。

 

スピード重視の介護士の傾向【理由3:仕事を早く始める】

早く始めるという意味は、起床介助をするのを例に挙げると・・・

通常のユニットのルールを守らず、自分の都合で仕事をする介護職員です。

 

周りの職員は朝の7時から起床介助を始めるルールです。しかし自分の仕事の要領だけを考えて、朝の起床介助を早めて、6時に起こすような職員です。
入居者の安楽さを考えない職員です。

 

そのような方は、早番で出勤してきたときに、だいたいわかります。入居者が眠そうな顔をしています。

 

そのような方は、入居者に対する「ケアの意識」の考えが欠落していると思います。

まとめ

50歳代中高年の介護職へ転職する方へ

今回、介護でのスピードを重視する方が、なぜ嫌われるのか特徴をあげてみました。特別養護老人ホームでは、仕事のスピードは確かに重要です。きれいごとではなく、少ない職員で仕事を回さなければならないのが現状です。

 

しかし仕事の速さ、スピードは、雑な仕事とは違う事を認識したいです。

 

しっかりと基本に忠実で入居者に「痛い」と言わせない、思わせない、「スピードと丁寧」さがかみ合った仕事をしていきたいです。

 

周りの職員と仕事の流れを合わせた速さで仕事をすると、人間関係もうまくいきます。

 

最後に転職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

もしあなたが、あなた自身が勤める介護施設に対して、

以下のようなことを思っている場合

  • 上司と馬が合わない、
  • 人間関係が悪い、うまくいっていない
  • 給料が安いので生活できない

などの職場環境の悪さを感じているなら、転職も視野に入れた活動のため転職エージェントに無料相談をお勧めします。

 

はっきり言って今の介護での人材に関しては売り手市場です。

 

介護職員が、いい条件の施設・事業所を選ぶことができます。いい条件とは給料だけでなく職場環境の良い施設を選択できるのです。

 

たとえば人間関係で悩むことが無い転職をするなら、新規オープンの施設に絞って転職活動もできます。

 

そのような条件を絞ってエージェントに転職先を依頼することも可能です。

 

転職エージェントの利用は相談だけでなく、転職先の紹介から全て介護職員の負担がありません。

私が転職エージェントを活用した時の経験を記事にしました、どうぞご覧ください。

↓      ↓

www.shimazo3.com

さらに派遣という働き方に興味のある方こちらをどうぞ!

↓      ↓ 

www.shimazo3.com

 

 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。