MENU

介護技術:腰を痛めない移乗介助(トランスファー)方法を画像解説!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

今回は、車いすからベッドへの移乗介助を解説します。

また、なるべく腰に負担をかけない特殊な移乗方法も紹介しています。

特殊ではありますが、しっかりとボディメカニクスを使用した理にかなった方法ですので是非ご覧ください。

まずは、移乗介助の準備と間違った移乗介助を紹介します。

そして、正しい移乗介助、最後に腰の負担のかからないおすすめの移乗方法を紹介します。

※タイトルに腰を痛めないとありますが、可能性が全くないというわけではなく、映画の”全米が泣いた程度ですのでご了承ください。

目次

移乗介助(トランスファー)の注意と準備

ベッドに車椅子をつける際の角度は30度

f:id:shimazo3:20191019182348p:plain

車椅子のブレーキをかける

f:id:shimazo3:20191019182519p:plain

車椅子のフットレストを外す。(両側ともに)

f:id:shimazo3:20191019182627p:plain

移乗介助の際に、利用者の身体が車椅子の器具にぶつからないようにします。

動画では折りたたんでいますが、外せるなら外した方がいいです。

車椅子のアームレストも外す

f:id:shimazo3:20191019182758p:plain

アームレストを外す目的は、利用者の腕がアームレストにこすらないようするためです
アームレストと利用者の腕がこすれて、腕の皮がはがれる事故は多いです。

利用者のでん部を車椅子の前方に移動

f:id:shimazo3:20191019182932p:plain

移乗しやすいように、利用者のでん部を車椅子の前の方に移動させる。

利用者の足を少し前にずらす

f:id:shimazo3:20191019183738p:plain

利用者の足は、移乗後の位置に近づけておきます。足を前に移動させることで、安全な利用者の移乗がやりやすくなります。

特に麻痺者の移乗介助の際には重要です。過去の記事に麻痺者の移乗介助の方法があります。合わせてごらんください。

>>【関連記事】麻痺者の移乗介助

移乗させる際の介助者の足の位置は、利用者の足をロックし安定させる

f:id:shimazo3:20191019190130p:plain

ロックする方法は2パターンあります。

片足ロック:利用者の両足の間に介助者の片足を入れてロックする方法。
両足ロック:利用者の両足を介助者の両足の間に入ってロックする方法。

私の経験で片足ロックは、女性介護士に多いようです。

ちなみに私は両足ロックです。片足ロックの場合は、移乗の際に利用者と介助者の足が絡まる危険性があると思うからです。

次に間違った移乗介助を5つと、それに対する正しい移乗介助を紹介していきましょう!

移乗介助時,ボディメカニクスの使い方

移乗介助時の力の入れ方を、間違った方法、正しい方法を比較し紹介します。

間違った移乗介助方法①:上方向の入れる

間違った移乗介助方法は介助者が利用者を車椅子からベッドに移譲する際に、上に持ち上げるやり方です。
介助者の腰に負担がくる、利用者にも負担が来ます。

正しい移乗介助方法①:手前に引く

正しい移乗介助は利用者を手前に引く感じです。この方法では腰の負担が少なくてすみます。

間違った移乗介助方法②:身体同士が離れている

利用者と介助者の身体が離れている(3点支持が取れていない)と介助者に余分な力が入り、バランスも悪くなります。

3点支持の利用者と介助者の身体を近づけるとは

ボディメカニクスの原理である「利用者と介護職双方の重心を近づける」

つまり利用者・介護職それぞれの重心が近いほど移動がしやすくなります。また身体を密着させると余分な力がいりません。

※3点支持とは、両腕と肩を密着させることによりバランスを安定させる。

正しい移乗介助方法②:3点支持で支える

介助者は利用者を3点(両腕と肩を密着させて身体を支える)の支持で支えます。
そのことで、体のバランスがとりやすくなります。

正しい移乗介助方法③:介助者の身体に負担のない力の入れ方

f:id:shimazo3:20191019195842p:plain

ポイント!

車椅子からベッドに移譲する際、利用者を前傾姿勢にすると、勝手にお尻がもちあがるのです。アームレストが外してあれば、自然と持ち上がったお尻をそのままベッドに移乗介助できます。

持ち上げる力は必要としないため、介助者にとって腰の負担は軽減されます。

ひざ折れの危険

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-29.png

ひざ折れさせない

足の支持が取れない(力が入らない)利用者に対する方法です。
左側の写真はロックしていない、右側の写真は介助者の両足で利用者の足をロックし安定させています。

間違った移乗介助方法④:介助者は腕を利用者の背中で組まない

f:id:shimazo3:20191019202033p:plain

両腕を組むと移乗の際、介助者の腕の自由が無くバランスがとりずらく危険です。

正しい移乗介助方法⑤:介助者は腕を利用者の背中に余裕持って支える 

f:id:shimazo3:20191019202454p:plain

利用者の背中で腕を組まない。

なるべく利用者の方を持ち上げないで、利用者の両脇に腕を入れて支えます。

私が使っている腰に負担の無い移乗介助(トランスファー)方法

f:id:shimazo3:20191019204045p:plain
  1. 介助者のわきの下に利用者の頭を入れ頸部をロックする
  2. 利用者のわきの下に腕を入れ込む

利用者を手前に引くこと、つまり介助者の重心が後ろになることで、利用者は前傾姿勢になります。その際に利用者のお尻が自然に上がり、ベッドに移乗できる態勢が作られます。

介助者の脇の下から入れ込んだ左腕は、移乗の際、腕を手前に引く形で支えます。

介助者の姿勢は腰を落とさず、立ったままの状態で移乗できるので、腰に負担が全くない移乗方法です。

f:id:shimazo3:20191019205330p:plain

介助者は、下半身全体で回転し利用者をベッドへ移乗します。腰をひねらず、体全体で回転します。

この介助方法を使えない利用者と注意点

まずこの介助方法を使う際の注意点は、そもそもこのような移乗方法を使われたことのない利用者にいきなり使用すると、「びっくり」させてしまいます。

足が硬直、拘縮している利用者、ひざが折れない利用者にこの方法は使えません。

手前に身体を引いた時に、足が折れないと、そのまま前にスライドしてしまい前傾姿勢が取れずベッドへの移乗が出来ません。

今回の動画は【asada】さまからお借りしました。

この動画では、その他利用者の状況に合わせた8種類の移乗介助(トランスファー)が紹介されています。

私のおすすめした移乗介助(トランスファー)は動画の「9分50秒」からです

下の記事は、今回の介護技術以外、合計11つの画像解説をご用意しました。

>>【まとめ】介護技術の画像解説:完全マニュアル永久保存版!11記事

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったらスマホにブックマークしてください。とても励みになります。

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20200516093826p:plain
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる