中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

【オムツ交換の仕方】中高年の介護に転職を考えている方に向けて介護技術解説

特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

「オムツ交換さえできれば、もう介護職として一人前、どこでも通用するぞ!」

これは人によりけりだけど、私は認めないよ(笑)

 

冗談はさておき、介護職員特に施設系はバンバン使います。居宅系は利用者の中に2.3名でしょう。

 

今日は施設系の新人さん、居宅系の介護職員におむつ交換を画像で解説していきたいと思います。

 

最後に動画もありますので、両方で確認しながら覚えていただきたいと思います。

 

 

 

オムツ交換の注意点【清潔・不潔の理念】

 

オムツ交換は【清潔・不潔の理念】で行います。

 

具体例を挙げていきます。

 

清拭タオル(しも用タオル)を使うときは、同じ面で二度拭きしない!

 

ましてやお尻から拭いてから陰部を拭くなどもってのほかです。

 

手袋は、汚れたら交換する。例えば陰部を拭いた後、側臥位(横向き)にする際、汚れた手袋で体や服を触らない。

 

ただ陰部洗浄で陰部を洗った手を使わずに、そのまま手袋を使用しても構わない場合があります。それは、ご入居者様が自分で横向きになれる、介助者のひじ等を使って側臥位になれる場合です。

 

おしりも洗い終わって新しいおむつを当てる際は、手袋を交換しましょう。

(これが清潔不潔の理念に基づいたおむつ交換です)←偉そうに!という皆さんの声が聞こえました

 

おむつ交換の準備

f:id:shimazo3:20190403050917p:plain

 

①手袋をする

 

②下拭きタオル、汚物用バケツを用意する。

 

③オムツとパットをセットする。

 

④パットのギャザーを立てる。パットの両端をもって

「パンパン」と広げれば、自然と立ちます。

 

⑤パットをオムツのギャザーの中に入れこみます。

 

利用者を側臥位にする方法

 

注意点:この動画では説明されていませんが、古いパットを引き出す際は、股の中から引きださないようにしてください。

 

古いパットを、側臥位したおしりの脇から丁寧に引き出します。

 

f:id:shimazo3:20190403053404p:plain

 

①ズボンを脱がせる際は片足ずつひざを立たせ、片手は太ももをあげ、もう片手でズボンのウエストを持ち、繰り返し引き下げていきます。

 

②ご入居者様のひざを立てる(このことによって側臥位にする際、力を入れなくても出来ます。)

 

③利用者様のひざと肩を両手で支え、丁寧に当てゆっくりと押し上げながら、左側臥位にします。

 

利用者へのおむつの当て方

 

f:id:shimazo3:20190403055446p:plain

 

①オムツをお尻に当てます。最初覚えるまでは目安として確認しましょう。

 

②黄色い線を腰椎(腰骨)に当てる。

 

赤線を大腿部大転子に当てる。おしりの割れ目あたりが目安です。

 

ポイント!


オムツ交換にとって、この場面がとても重要です。
これが決まらないと後々苦労します。

 

最初はこの場面で、実際にオムツを広げてお尻に当てて確認したほうが良いでしょう。

 

おむつ交換で忘れやすい工程

 

f:id:shimazo3:20190403061157p:plain

 

お身体を逆向きにし、入れこんであるオムツとパットのよじれている奥側丁のおむつを丁寧に広げます。

 

ポイント!


この作業が忘れやすいので気を付けて下さい。
この作業を怠ると、漏れの原因、ご入居者様も不快な思いをします。

 

パット、オムツを、股から引き出す際の注意点

 

f:id:shimazo3:20190403062526p:plain

 

パットから先に、立体ギャザーをそけい部にしっかりと当てる事で漏れるリスクを減らします。

 

次におむつの立体ギャザーを、パット同様鼠径部に当ててかぶせます。

 

ここがポイント!おむつからの漏れを無く為の注意点

 

f:id:shimazo3:20190403064743p:plain

 

オムツの立体ギャザーをそけい部(左右の太腿の付け根の部分)に当てる為に、
オムツを握り、「キュッキュ」とふりながら当てます。

 

オムツのテープを貼り方の基本

 

下のテープは大腿部大転子に沿って、上に貼り、上のテープは腰骨に引っ掛けるように下に貼りつけます。

 

f:id:shimazo3:20190403065148p:plain

 

①オムツを広げて左手で抑えます。

 

オムツの中心がお腹の中心に来ていることを確認してください。

 

③オムツのテープを下から順につけていきます。左下→右下→左上→左上の順に付けていきます。

 

f:id:shimazo3:20191016225926p:plain

f:id:shimazo3:20191016230906p:plain

 

 

今回の動画は、Unicharm Japanさんからお借りしました。

 

動画を参考にしながら、解説で確認してください。

 

以上です、画像での説明では足りない部分あります。是非動画を見ながら確認してください。

 

【関連記事】新人必見!シーツ交換 ↓

www.shimazo3.com

 

【関連記事】 麻痺の方の移乗介助 ↓

 

【関連記事】車椅子の使い方 ↓

www.shimazo3.com

 

【関連記事】衣類の着脱

www.shimazo3.com

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

よかったら読者登録、Bマークしてください。とても励みになります。



今日のサービスショット!