介護士しまぞーブログ

介護に従事している方、転職を考えている方に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護へ転職する際,面接で聞かれる【質問と採用への対応策5選】

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

 

私の介護歴8年での業態の経験を挙げますと・・・

  • グループホーム3か所
  • 小規模多機能居宅介護2か所
  • 介護老人保健施設1か所
  • 特別養護老人ホーム3か所

合計8か所経験しています。

恐らく同じ職場の介護職員よりは、多くの施設・事業所を経験していると思います。

 

その為、介護業態別の仕事内容の違いが分かります。

 

ぜひ私の経験が、介護に転職する中高年50歳代の方に、役立てればと思いブログを書いています。


今日は介護職へ転職の際、面接で聞かれること、5つ挙げてみました。 

 

もちろん、私の経験での対応策も解説しています。

f:id:shimazo3:20190716140612p:plain

 

【面接で聞かれること:①】介護の職業を選ぶ理由

 

なぜ面接で介護職の選択理由を聞かれるのか?

 

まず大きな理由は、なぜ介護職3K(きつい、汚い、危険)の職業につくのか知りたいのです。


更に介護職は、離職率が高いと言われています。


面接ではその理由を知ることによって施設・事業所はあなたのやる気度をおし測っているのでしょう。

 

面接での対応策

 

  • もともと私の祖父、祖母が大好きだったから。
  • 福祉事業に興味があり、近い将来介護事業を経営したいから。
  • 介護は、これからの高齢化社会によって伸びていく産業だと思うから。

 
上記の理由を参考に自分の考えを色付けして、まとめてみてはと思います。


更に今後の介護業界を詳しく深掘りされた厚生労働省の記事です。

 

【面接で聞かれること:②】前の職業を退職した理由?

 

なぜ面接で退職理由を聞かれるのか?

 

  • 相手施設・事業所はあなたの退職理由の背景を知りたい。
  • マイナスな退職理由がないのか。
  • 例えば人間関係に問題があった場合は、いい印象は持たれません。
  • 介護の退職理由の第一位が「人間関係」だからです。

 

面接での対応策

 

リストラなら、やんわりと面接で言ってもいいと私は思います。

 

ただできるなら面接の中で、介護の転職理由のプラス面を2個上げてみてはと思います。

 

マイナス1から2個足して、プラス1に持っていくのです。

 

介護での転職の場合は、前職でできなかったことを転職先で行いたいと訴えるのもいいでしょう。

 

私の前職での退職理由例

 

介護老人保健施設から特別養護老人ホームに転職した際、

 

介護老人保健施設は従来型で、なかなか利用者個々のケアを出来なかった。

 

しかし、特別養護老人ホームではユニットケア(個別ケア)ができると聞きました。

 

入居者に寄り添う介護ができると思い希望しました。

 

【面接で聞かれること:③】弊社を選んだ志望動機

 

なぜ面接で志望動機を聞かれるのか?

 

特に大手民間の有料老人ホームで、聞かれるところあります。


もともとが大手の企業の子会社のため、なぜ弊社の介護事業所の入社を希望しているのかというよりも、後ろに背負っている母体を意識した質問と思われます。

 

しっかりとホームページなどで母体企業、施設の情報を調べて面接にいどみましょう。

 

面接での対応策

 

特別養護老人ホームなど施設系では「弊社を選んだ理由」を聞かれることは少ないと経験上思います。


しかし面接で聞かれなくても出来ればあなたから、志望動機をアピールするのがいいと思います。

 

私の志望動機の記事です。それぞれの業態に関して、簡単な記事ではありますが参考にしてください。

↓      ↓
www.shimazo3.com

【面接で聞かれること:④】あなたの印象的な入居者とのエピソードを教えてください

 

なぜ面接でエピソードを聞かれるのか?

 

この質問は介護職での転職組に聞かれるケースです。

 

この質問を面接官が聞く理由は、あなたの介護職のやる気を知りたいのでしょう。これまでの介護経験の中であなたが利用者とどのようにかかわっていたのかを知りたいのです。

 

面接での対応策

 

まずはあなたが今でも介護職を続けていられる理由が何かを考える、そこには利用者とのかかわりが必ずあるはずです。その出来事を色付けしながら文章にしてみましょう。


私のモチベーションをあげるきっかけとなった、利用者様との出来事を紹介します。


この記事は、私が介護を好きになった利用者との出会いを記事にしています。

 

実際私は下の記事のような出会いがあったから介護職を続けていられるのです。

 ↓      ↓

www.shimazo3.com

 

【面接で聞かれること:⑤】残業、夜勤はできるの?

 

なぜ面接で夜勤が出来るか聞かれるのか?

 

基本フルタイム(常勤正社員)で働くなら、夜勤を避けることはできません。何故かというと・・・

 

介護職は女性が多い職場なので、なかなか家庭特に子供がいる方は夜勤を避ける、もしくは難しい傾向にあり夜勤を出来る職員が足りない傾向にあります。

 

つまり施設にとって夜勤のできる職員は貴重な存在なので確認しているのです。

 

面接での対応策

 

男性の50代の介護職へ転職する際は、正社員採用を希望するなら正社員採用です。

 

それほど働く必要がないなら、パートもしくは派遣社員で働くことにより夜勤の仕事を避けることができます。

 

なぜかというと、職場にもよりますが、夜勤ができる介護職員が少ないからです。


残業に関しては、多くて20時間くらいです。ほとんどないところが多いですね。

 

【介護での夜勤に関する記事を紹介】

↓      ↓   
www.shimazo3.com

↓      ↓
www.shimazo3.com

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。


もし転職するなら、私がお勧めする転職エージェントは【かいご畑】です。

 

直接電話でかいご畑に確認した「かいご畑のおすすめ理由」を下の記事で是非ご覧ください。

↓       ↓

www.shimazo3.com

 

直接【かいご畑】のサイトに行きたい方はこちらをどうぞ!

 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。 

 

今日のサービスショット!

f:id:shimazo3:20200801213331p:plain