中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

若い子に使われる!?50歳代の介護転職の年齢差の問題と注意点

このブログをご覧の皆さんは、前回(介護の体力面)前々回(金銭面)のブログを読んでいただいて、50歳代が介護職へ就く上でのそれぞれの問題を理解して頂いたと思います。

 

今回は実際に介護の現場に入って直面する、介護現場の働いている仲間の「年齢層」から来る「年の差」の問題をお話ししたいと思います。

f:id:shimazo3:20190428012902p:plain

 

介護職の変遷と将来について

社会福祉保険制度が始まったのが2000年です。
今の介護の業態の多くは、この介護保険制度の下で新たに作られた業態が多いです。
更に昨今の超高齢化社会に伴い、施設や事業所が増えています。

 

介護の現場で働いている介護職員の特徴は・・・
以下の通りです

  • 年齢層は、20代から60代
  • 性別は、比較的若い女性職員
  • 勤務体系は、パート職員
  • ナイスミディ(介護保険制度前から介護職に就いているベテラン女性介護士)

 

以上の通り性別では、介護の現場は女性中心の職場です
50歳代の介護職員も女性の方が活躍している職場です。
逆に男性の方は 、女性の方と比べれは圧倒的に少ないです。

 

理由は、社会に金銭面の条件面や介護に対する3K(きつい、汚い、危険)などの介護職場の悪いイメージがある事だと思います。

 

ただこれから2025年問題(介護職員は38万人不足)、更に高齢化は統計などでも2050年 まで続くと言われています。

 

今、国(政府)は、躍起になって介護職員の環境改善に取り組んでいます。
そのため、介護に関する環境も改善されつつあります。
これからは、50歳から介護に転職される男性の方も増えていくと思います。

 

そこには、介護職の現場で我々中高年50歳代が転職して来ることによって、「立ちはだかる壁」があります。

 

それが職員間の人間関係、年齢差の問題が生じてくるのです。

 

介護の職場は、20代や30代の女性職員がとても多いです。

50歳代の我々にとって働く仲間の中心の年代が、自分の子供と同じ年齢なのです。

 

そのような子供が、50歳で入職してくる我々を指導します。役職としてフロア長 ユニットリーダーの名称がついている20歳30歳代の若い子が上司になります。貴方を指導する一般の職員が若い職員です。

 

我々一般社会から介護現場に入ってくる、50歳代には経験のない事です。

つまり、一般社会と違う環境が介護の現場では待ち受けています。

若い女性介護職員の特徴

  • 介護の現場での若い子の多くは一般社会を経験していません。年上を敬うつまり尊敬する所作を持った方は少ない。
  • フレンドリーな言葉遣いの会話。
  • 教える経験の未熟さから、指導の際の言葉使いがヒステリックになる。

このようなことは一般社会では少ないと思います。

 

私の経験でも、言葉遣いなどの社会人の振る舞いと所作は、学卒の場合就職活動で身に付きます。
一般社会に入れば、年功序列と言う言葉があります。
企業の上下関係により、若い方から上記の様な扱いは受ける事は少ないと思います。

 

しかし介護の現場では、親と子供が友達関係のような職場環境もあります。
そこには介護に就職される50歳代中高年の方が、今まで経験のない職場環境が待ち受けます。

 

今までの地位や職種でのプライドを捨てられない方は、長く続かないと思います。

プライドを捨てられないことは、介護の就職活動の面接で落とされる原因となります。

50歳代が介護職の面接で落とされる例

面接で「私はマネージメントが得意」「前職で管理職をしていたので人心掌握術が得意です」等の様なスキルを話しても逆に落とされます。

 

全くの未経験者は、いくら介護職でそのスキルを主張しても現場では必要ないのです。介護の現場では基本管理者を求めているのではなく、一兵卒を求めているのです。

 

面接で「私は前職で管理職をやっていました」と言うプライドにより、これでは周りの職員と上手くやっていけないだろうなと思われます。

 

面接で「この介護職に就きたい理由は?」と問われて、「仕事が無いので」と平気で言われる方もいます。さすがに採用されません。

 

実際多くの50歳代の中高年の方は、面接で落とされているようです。

50歳代の方で介護職に向いている方

  • 介護の仕事に向いている方は、前職が営業職だった方だと思います。

    コミュニケーション能力が高く、得意だと思うからです。

  • あまり周りを気にせず、マイペースで仕事が出来る方。

         この場合は、正社員ではなくパートで働いている方の傾向です。
         あまり職場の人間関係に惑わされない立場で働けます。

  • 若い方の相談相手になれる方。

        人生経験を活かした話で相談を受ける事が出来る方は、尊敬される要素があります

50歳代介護職への転職での年齢差の注意点

若い介護職員に使われる事を受け入れる。  我々50歳代にもなると、周りの職員は皆年下です。その年下の子に使われるのです。

 

介護の現場に入ると年齢は関係ありません。介護の経験がある、資格、能力がある人が先輩です。また施設では経験が長い人 が上の立場になります。

 

あくまでも年配の新人は、一番下の後輩になります。 面接で聞かれると思います。「若い人に使われる立場ですなりますよ」と 。

 

しかし現場で働くと、あなたに対する年下の職員の幼稚な対応によって我慢ができなくなることがあるのです。

 

若い職員の不満をぶつけられる、被害に合う事があります。

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。