介護士しまぞーブログ

介護に従事している方、転職を考えている方に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護の派遣社員の働き方,メリット・デメリットを詳しく解説

【2020年11月12日更新】

 

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

 

今日は働き方改革でも話題の介護派遣としての働き方を特集しました。  

今、介護へ転職を考えている方、直接雇用の正社員の方で派遣に興味がある方必見です。

 

私が介護職として働いてきた経験から、派遣社員としての働き方を選択している方の特徴は?

 

  • 経験者が多い
  • 短期間でお金を稼ぎたい
  • 職場とのかかわりを深くしたくない
  • 即戦力として働けるスキルがある

 

このような特徴がありました。

 

ただ昨今は、人手不足な業界でもあるため即戦力だけでなく無資格未経験で働いている方も増えてきているようです。

 

派遣会社は、無資格者を採用し自社で初任者研修を受講させています。

 

無資格者を無料で初任者研修を受講させる派遣会社「かいご畑」はこちら 

  

  

 

 
   ✔ 介護の転職おすすめ求人サイト【とりあえず登録すべき】

 

介護の派遣働き方大公開!徹底解説

f:id:shimazo3:20201027072642p:plain 


まず、下の図は派遣会社への応募から実際に働くまでの流れです。

f:id:shimazo3:20190426175508p:plain

派遣社員とは?介護の派遣社員の特徴,正社員との違い

  

派遣社員の特徴


派遣社員とは、「派遣会社と労働契約を結び、派遣先企業で働く労働者」の事で、派遣会社に登録して、派遣会社から仕事を紹介してもらう働き方です。

 

例えば、雇用契約は派遣会社と結び、就業先は○○施設(○○施設に派遣されて働く)というのが派遣社員です。
※この派遣会社との契約を「登録型派遣」と言います。

 

派遣社員は契約期間がある

 

派遣社員として働く場合、有期雇用契約となります。原則として契約期間に定めがあります。契約期間に関しては、多いのが半年~1年未満とする契約で、中には1年以上とする例もあるようです。

 

介護での派遣社員としての契約は、契約満了で終了となる場合もあれば、契約更新をしてさらに勤務を続けるケースも多いです。

 

ただし、法律で「同一の企業で3年以上勤務できない」と定められていますので、同じ組織で働けるのは最長でも3年となります。

 

正社員との違い

 

正社員は、雇用形態が働く施設・事業所との直接雇用です。しかし派遣社員は上記でも示した通り派遣先(働く施設・事業所)との直接雇用ではなく、派遣会社との雇用契約になります。

 

働き方改革【同一労働・同一賃金】

 

今までの雇用形態では、正社員と非正規社員では、雇用条件の待遇には格差があります。その格差をなくすべく出来た法的整備が、同一労働・同一賃金です。

 

もう少し同一賃金同一労働について詳しく言いますと、同じ仕事、業務内容ならば雇用形態、正社員、派遣社員、パートアルバイトの賃金などの雇用条件の待遇を一緒にする、つまり格差をなくすと言う事です。

 

大手企業は今年2020年4月より施行されていて、中小企業は2021年4月に施行されます。

 

【同一労働同一賃金に関しては過去記事を紹介します】

www.shimazo3.com

 

介護の派遣社員としての働き方をお勧めする人

 

  • 短期間で高い時給で稼ぎたい方
  • 残業はしたくない、きっちり時間通りに終業したい方
  • 急なシフト変更は嫌だ。自分の希望で働きたい方
  • わずらわしい人間関係を避けたい方
  • 委員会などの責任ある仕事をなるべく避けたい方

 

などがあげられます。これらの派遣の働き方のおすすめはメリットとして詳しく紹介します。

 

介護派遣会社を通して働くメリット7

  

介護派遣の働き方、メリット7つ紹介します。

①:介護の派遣社員は時給が高い

②:介護の派遣社員は残業がほぼない

③:本人希望のシフトで働ける

④:悪い人間関係を避けることが出来る

⑤:責任ある仕事を避けることが出来る

⑥:介護のスキルが高まる

⑦:福利厚生は一般企業と同じ

※青いリンクをクリックすると該当の見出しに飛びます。

 

 

①:介護の派遣社員は時給が高い

 

派遣社員は時給が高い(無資格で時給1200円程度、介護福祉士1550円程度)
パート・アルバイトの時給は、950円から1000円程度です。 
【派遣の時給はかいご畑公式サイトより】

 

直接雇用のパートアルバイトが時給950円程度と考えると派遣社員は圧倒的に時給が高いです。

 

例えば月に、1日8時間、週4日で22日間働いたとします。

 

パートの場合(介護福祉士資格所有)時給1000円

 

1000円×8時間×22日=176,000円

 

派遣社員の場合(未経験者)時給1200円

 

1200円×8時間×22日=211,200円(パートとの差35,200円)

 

派遣社員の場合(介護福祉士)時給1550円

 

1550円×8時間×22日=272,800円

 

なんと!月給がパートとの差96,800円になりました(笑)

 

⋙実際あなたの時給を無料登録で確認:介護専門求人サイトかいご畑はこちら  target=


派遣の働き方の方が時給が高い理由

 

上記には派遣社員が実際パートアルバイトと比較して、どのくらい月給が違うのかを計算しました。ここではなぜ派遣社員の時給が高いのか紹介します。

 

パートは自ら希望して施設、事業所と直接契約を結びます。
しかし派遣の場合は、介護施設や事業所が、派遣会社に「従業員が足りないので人材を派遣してください」と依頼します。

そこで派遣会社が派遣希望の本人に職場を紹介する流れになります。

 

派遣社員は基本、本人希望の施設、業態で働くというスタンスではありません。提示された施設・事業所を断ることは出来ますが、それではなかなか仕事が出来ないのです。

 

その為パートより時給が高くなるのです。

 

②:介護の派遣社員は残業がない

 

派遣社員は、残業がほとんどありません。あったとしてもサービス残業はありません。しっかり残業代をいただけます。

 

なぜ残業に関して派遣社員は、施設、事業所の正社員と比べるとしっかりいただけるのでしょうか?

 

それは派遣先(介護施設、事業所)との直接雇用ではなく、派遣会社と雇用契約を結ぶからです。

 

例えば派遣社員が残業すると、その残業代を支払うのは派遣先(施設、事業所)ではなく派遣会社が支払います。

 

労働契約は派遣会社と派遣先(介護施設、事業所)が結んでいます。
派遣社員がお金を稼ぐために、勝手に残業されると、契約内容が違ってきます。

 

その為、派遣会社は自分のマージンを削って残業代を支払わなければならないケースが発生するのです。

 

派遣社員が残業する場合は、派遣先(介護施設、事業所)は事前に「残業がありますが大丈夫ですか?」と派遣会社と派遣社員に許可を取っています。 

 

派遣社員は派遣会社の雇用契約を結ぶ時に、残業に関しての契約を結んでいるのです。

 

また派遣会社と派遣先(施設、事業所)は、派遣雇用の細かな契約をしています。

 

あくまでも企業同士の契約であり、個人のように融通が利かないのです。

 

派遣社員はもちろんの事、派遣先(介護施設、事業所)の勝手な判断で残業させられません。

 

派遣会社と法人は、企業同士の契約の為、残業をするハードルが高い、そのため派遣社員は残業をすることは、事前の契約がない限りほとんどないのです。

 

③:介護の派遣社員は、本人希望のシフトで働ける

 

派遣社員は自分の働きたい時間、シフトで働けます。そこはパートとほぼ同じです。

 

ここは少し説明しますと、自分の働きたい希望の時間と派遣先(介護施設、事業所)がマッチングしなければなりません。

 

派遣社員は高い時給です、シフト、上パートで補うことが出来るなら派遣社員は必要ないのです。

 

「希望の曜日に働きたい」、「正社員並みに常勤で働きたい」など、派遣会社に登録するときにその希望を出します。そして派遣会社は派遣社員の希望するシフトを探し紹介するのです。

 

希望するシフトが、施設、事業所とマッチングすれば派遣社員として働く事になります。

 

④:正社員が抱える人間関係などのわずらわしさを、避けることが出来る

 

介護職の退職理由の第一位は『人間関係』です。特に施設系の職場は多くの職員が働いています。

 

介護職の特徴としては・・・

 

  • 若い方、中高年といろいろな年代の職員がいる。
  • 今まで過ごしてきた環境が違う人が集まっている。
  • 女性が中心で働いている。

 

このような理由により多くの施設の職員が様々な人間関係により悩みを抱えているようです。

 

【関連記事:人間関係の解決方法】↓

www.shimazo3.com

 

⑤:委員会など責任がかかる仕事を避けることが出来る

 

ここは個人的な働き方の好みにはなるでしょう。人によっては責任のある仕事を任されることによって、出世の期待、給料を上げたい、承認要求を満たされる方も多いでしょう。

 

ただそのような仕事、リーダー、委員会、行事の担当などの書記は避けたいという方もいるでしょう。

 

派遣社員であれば、正社員のような職場での周りとの人間関係、責任(リーダーを任される)、委員会出席などの自分以外の仕事に振り回されることはありません。

 

そのため、派遣社員は 介護の仕事に専念することができるのです。

 

悩み事や相談事が、職場ではなく派遣会社に相談出来ます。

 

⑥:さまざまな介護の業態、施設を経験しスキルが身につく

 

私の経験でもひとつの職場で働いていると、どうしても新しい介護のやり方を身に付け吸収する機会が少ないのです。

 

もちろん、研修や資格の取得によってスキルを上げていく事は可能ですが、正社員として縛られているとなかなか難しい環境ではあると思います。

 

しかし派遣社員は契約期間があるため、一つの施設に縛られることはありません。またさまざまな施設・事業所を経験することは、あらゆる介護のスキルを身に付けることが出来るでしょう。いろいろな施設・事業所で経験することが出来るのは、派遣社員の働き方のおススメポイントです。

 

⑦:派遣会社にも福利厚生はありますよ!

 

派遣社員の福利厚生は派遣会社の福利厚生が対応。交通費や厚生年金、健康保険、労災関係は派遣会社の規定により準備されています。

 

介護派遣社員を通して働くデメリット4つ

 

①:人が充足されれば真っ先に切られるのは派遣社員

 

本人が継続して働きたくても、派遣先(施設、事業所)が必要なければ期間満了で終了です

 

施設や事業所にとって、職員が充足されれば、真っ先に切られるのは派遣社員になる。つまりあなたが良い施設で働きたいと希望しても、施設・事業所の都合で契約期間満了となってしまいます。

②:忙しい施設・事業所に派遣される可能性が高い

 

派遣先(介護施設、事業所)は、高い時給を払うような施設なので人手不足の施設、つまり忙しい施設が多いでしょう。

③:派遣の働き方は世間的にまだまだ認められていない

 

正社員にこだわり、世間体(派遣のイメージ)を気にするならば、派遣社員は向いていないです。

 

パートより500円高い時給は、同じ月の労働時間を160時間とした場合、パート社員より8万円高いのです。

 

④:地方では都会に比べて案件が少ない

 

私は首都圏住まいですので派遣に登録すると直ぐに仕事は見つかりますが、地方ではそもそもの介護施設や事業所が少ないため、派遣の仕事が見つかるまで時間がかかるでしょう。

 

派遣社員がこの金額ならば、上記のデメリットを十分埋めるだけの時給なのです。

 

介護施設の夜勤専従という働き方


夜勤専従など働き方によっては正社員より高い月収をいただけます。

夜勤専従であれば月収60万円も可能です。


介護施設の夜勤専従月収60万円を、証明したYouTubeの動画をご覧ください。



 まずは、60万円稼ぐ一週間のシフトを確認して下さい。その下に動画があります。

f:id:shimazo3:20190426190957p:plain



正社員になる紹介予定派遣という働き方


紹介予定派遣という働き方があります。正社員になることを前提に派遣として働くシステムです。

 

このシステムの良さは、派遣社員も派遣先(介護施設、事業所)もしっかりその職場に合うか適性を見ることが出来ます。お互いが、正社員になる事に合致すれば正社員になれます。


【紹介予定派遣の流れ】
一般社団法人日本人材派遣協会より引用

f:id:shimazo3:20190426175229p:plain

私がおすすめする介護派遣会社【かいご畑】

 

中高年50歳代必見!【かいご畑】は未経験者歓迎


私がおすすめする【かいご畑】は、全くの介護職未経験でも派遣社員として採用します。

 

もちろん、正社員を紹介する転職エージェントでもありますが、今回は派遣会社としてのかいご畑を紹介します。


しかし心配なのは、全くの未経験者が仕事できるのか?というところです。

かいご畑では未経験者には、キャリアアップ応援制度があります。

入社後、介護の初任者研修の資格を受講させてくれるのです。

 

初任者研修の費用は【かいご畑】さんが持ってくれるので円で資格が取得できちゃ のです

もちろん、未経験でも派遣先を探してくれます。

 

派遣社員というと、経験者が人手の足りない施設の人員を補うイメージですが・・・

 

未経験は難しいのでは?というあなた、【かいご畑】派遣社員の57%無資格、未経験者なのです。

 

派遣社員は経験者で即戦力というイメージがありますが、かいご畑は未経験を積極的に紹介しているのです。

 

介護職が圧倒的に不足している今の時代、施設もしっかりと新人を育てなければならないと思い始めています。

それは派遣社員も同様です。

 

派遣社員として、働くことを検討している中高年のみなさん、このような制度を利用しない手はないと思います。一度話を聞いてみてもいいでしょう。

 

どうぞ無料ですので、かいご畑のホームページを覗いてみてください。

↓     ↓

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑

【かいご畑】は短時間、残業なしの人気求人が見つかる!

 

派遣の働き方の良さは、正社員のような時間にしばられないところです。自分の働ける希望の時間、希望の日数で働くことができます。

 

もちろん、それが相手先施設とマッチすればですが、それをするのは派遣会社です。

残業はありません。ましてやサービス残業などもってのほかです。


上記に記した通り、それは雇用契約が派遣会社との契約であり、施設が勝手に派遣社員を残業させることができないからです。

 

国家資格取得で時給が大幅アップ

 

介護職を3年以上経験して、介護福祉士資格を取得すれば、時給は大幅アップです。

私の経験では、最初の無資格時の時給は1200円程度でした。

 

しかし、国家資格の介護福祉士資格取得後、時給は1650円になりました。

※かいご畑での時給相場ではなく、あくまでも私の経験です。

 

これがパート・アルバイトでは、このような時給のアップはありません。上がっても100円程度です。

 

【かいご畑】の専任コーディネーターがしっかりサポート

 

面接のサポート、履歴書、職務経歴書のアドバイスがあり安心して面接にいどめます。

転職するかまだ具体的に決まっていない方など、相談だけでもOKです!

 ↓      ↓

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑  target=

 

 かいご畑の評判、口コミ
(男性Aさん、未経験での派遣の仕事)
コディネーターさんが、一生懸命中高年の私の年にあった職場を、探していただきました。今の職場は私と同年代も多く、喫煙所に集まり愚痴を言いながらも、コミュニケーションが取れて働きやすい職場です。

(男性Bさん、派遣社員介護歴3年目)
50歳代でも働きながら資格を取得出来て、いい仕事が見つかった。
派遣としての働き方で良かったのは、あまり人間関係のしがらみのしばられないところです。やはり噂通りお局はいますね(笑)、ただ派遣社員は少し離れた立場でかかわることができるので、精神的には楽です。来年は国家資格の介護福祉士を取得して、この仕事を人生の最後仕事として極めていきたい。

(女性Cさん、派遣社員介護歴10年目)
働く時間が指定出来て、主婦にはとてもいい働き方が出来ている。
介護を始めたころは、正社員で働いていたが、子供が出来て、時短で働きたいと思い派遣社員と言う働き方を選びました。
パートで働くよりも時給が高く、効率的な働き方が出来ていると思います。

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑  target=

 

 

介護の派遣会社の売り上げの仕組み

 

派遣会社は当然人材を派遣するという商売ですので、マージンを紹介先(介護施設、事業所)より紹介料として頂きます。

 

時給1500円の方は、500円施設より手数料を頂いているようです。

それでも介護施設・事業所は、人材不足の為、人材派遣会社を利用するのです。

 

 一般社会の派遣労働と介護の派遣労働の違い

 

一般社会では、派遣労働での働き方は、賞与がない、責任がある仕事がこない、正社員の嫌な仕事がまわされるなどデメリットがあるようです。

 

しかし、介護の派遣は、多種の派遣先(介護施設、事業所)で働くことによって、いろいろな情報、労働環境、やり方を身に付けることが出来る為、スキルアップが望めます。

 

基本、介護職は転職がデメリットではありません。多種多様な介護施設、事業所で働くことがスキルアップにつながります。

 

最後に

 

派遣という働き方は、私はとてもお勧めです。ブラックと言われている介護職ですが、ますます人材不足が叫ばれています。

 

その様な環境が人間関係の悪化につながっています。悪い職場環境、しがらみから逃れて介護の仕事に専念できるのです。

 

 介護施設の人間関係に関する記事です。参考までに

www.shimazo3.com

【介護の転職まとめ記事】 ↓

www.shimazo3.com

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・マークしてください。とても励みになります。

 

 今日のナイスショット!