中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

介護技術を画像解説!私が使っている腰を痛めない移乗介助(トランスファー)方法

こんばんは、特別養護老人ホームの介護福祉士です。

 

今日は、車いすからベッドへの移乗介助で腰に負担をかけない特殊な移乗方法を解説します。

特殊ではありますが、しっかりとボディメカニクスを使用した理にかなったやり方です。

 

まずは、移乗介助の準備と間違った移乗介助を紹介します。
そして正しい移乗介助、最後に腰の負担のかからない、私がおすすめする移乗方法を紹介します。 

 

移乗介助(トランスファー)の注意と準備

 

ベッドに車椅子をつける際の角度は30度

 

f:id:shimazo3:20191019182348p:plain

 

車椅子のブレーキをかける

 

f:id:shimazo3:20191019182519p:plain

 

車椅子のフットレストを外す。(両側ともに)

 

f:id:shimazo3:20191019182627p:plain


移乗介助の際に、利用者の身体が車椅子の器具にぶつからないようにします。
動画では折りたたんでいますが、外せるなら外した方がいいです。

 

車椅子のアームレストも外す

 

f:id:shimazo3:20191019182758p:plain

アームレストを外す目的は、利用者の腕がアームレストにこすらないようするためです
アームレストと利用者の腕がこすれて、腕の皮がはがれる事故は多いです。

 

利用者のでん部を車椅子の前方に移動

 

f:id:shimazo3:20191019182932p:plain

 

移乗しやすいように、利用者のでん部を車椅子の前の方に移動させる。

 

利用者の足を少し前にずらす

 

f:id:shimazo3:20191019183738p:plain

 

利用者の足は、移乗後の位置に近づけておきます。足を前に移動させることで、安全な利用者の移乗がやりやすくなります。

 

特に麻痺者の移乗介助の際には重要です。過去の記事に麻痺者の移乗介助の方法があります。合わせてごらんください。

 

【関連記事】麻痺者の移乗介助↓

www.shimazo3.com

 

移乗させる際の介助者の足の位置は、利用者の足をロックし安定させる

 

f:id:shimazo3:20191019190130p:plain

 

ロックする方法は2パターンあります。

  • 片足ロックは、利用者の両足の間に介助者の片足を入れてロックする方法。

 

  • 両足ロックは、利用者の両足を介助者の両足の間に入ってロックする方法です。

 

私の経験では片足ロックは女性介護士に多いようです。

 

ちなみに私は両足ロックです。片足ロックの場合は、移乗の際に利用者と介助者の足が絡まる危険性があると思うからです。

 

間違った移乗介助を5つと、それに対する正しい移乗介助を紹介

 

間違った移乗介助方法【パターン①】の入れる方向

 

f:id:shimazo3:20191019192539p:plain
f:id:shimazo3:20191019192344p:plain

 

間違った移乗介助方法は介助者が利用者を車椅子からベッドに移譲する際に、上に持ち上げるやり方です。
介助者の腰に負担がくる、利用者にも負担が来ます。

 

正しい移乗介助方法【パターン①】の入れる方向

 

f:id:shimazo3:20191019193325p:plain
f:id:shimazo3:20191019193445p:plain

 

間違った移乗方法では利用者を上に持ち上げていましたが、正しい移乗介助は利用者を手前に引く(引っ張る)感じです。この方法では腰の負担が少なくてすみます。

 

間違った移乗介助方法【パターン②】3点支持で支える

 

f:id:shimazo3:20191019194629p:plain
f:id:shimazo3:20191019194540p:plain

 

利用者と介助者の身体が離れている(3点支持が取れていない)と介助者に余分な力が入り、バランスも悪くなります。

 

3点支持の利用者と介助者の身体を近づけるとは 

ボディメカニクスの原理である「利用者と介護職双方の重心を近づける」


つまり利用者・介護職それぞれの重心が近いほど移動がしやすくなります。また身体を密着させると余分な力がいりません

※3点支持とは、両腕と肩を密着させることによりバランスを安定させる。

 

正しい移乗介助方法【パターン②】3点支持で支える

 

f:id:shimazo3:20191019194804p:plain
f:id:shimazo3:20191019194902p:plain

 

介助者は利用者を3点(両腕と肩を密着させて身体を支える)の支持で支えます。
そのことで、体のバランスがとりやすくなります。

 

正しい移乗介助方法【パターン③】介助者に身体の負担のない力の入れる方向

 

f:id:shimazo3:20191019195842p:plain


ここは詳しく解説します


車椅子からベッドに移譲する際に利用者を前傾姿勢にすると、勝手にお尻がもちあがるのです。アームレストが外してあれば、自然と持ち上がった尻をそのままベッドに移乗介助できます

 

持ち上げる力は必要としないため介助者にとって腰の負担はなくなります。

 

正しい移乗介助方法【パターン④】利用者の足をロックし、ひざ折れを防止する

 

f:id:shimazo3:20191019201429p:plain
f:id:shimazo3:20191019201518p:plain

 

足の支持が取れない(力が入らない)利用者に対する方法です。
左側の写真はロックしていない、右側の写真は介助者の両足で利用者の足をロックし安定させています。

 

間違った移乗介助方法【パターン⑤】移乗の際介助者は両腕を利用者の背中で組まない

 

f:id:shimazo3:20191019202033p:plain

 

両腕を組むと移乗の際、介助者の腕の自由が無くバランスがとりずらく危険です。

 

正しい移乗介助方法【パターン⑤】移乗の際、介助者は両腕を利用者の背中で余裕持って支える

 

f:id:shimazo3:20191019202454p:plain

 

利用者の背中で腕を組まない

なるべく利用者の方を持ち上げないで、利用者の両脇に腕を入れて支えます。

 

私が使っている腰に負担の無い移乗介助(トランスファー)方法

 

f:id:shimazo3:20191019204045p:plain

 

①介助者のわきの下に利用者の頭を入れ頸部をロックする

②利用者のわきの下に腕を入れ込む

 

f:id:shimazo3:20191019204341p:plain
f:id:shimazo3:20191019204442p:plain

 

利用者を手前に引くこと、つまり介助者の重心が後ろになることで、利用者は前傾姿勢になります。その際に利用者のお尻が勝手に上がり、ベッドに移乗できる態勢が作られます。

 

介助者の脇の下から入れ込んだ左腕は、移乗の際、腕を手前に引く形で支えます。

 

介助者の姿勢は腰を落とさず、立ったままの状態で移乗できるので、腰に負担が全くない移乗方法です

 

f:id:shimazo3:20191019205330p:plain

 

f:id:shimazo3:20191019205646p:plain
f:id:shimazo3:20191019205526p:plain

 

介助者は、下半身全体で回転し利用者をベッドへ移乗します。腰をひねらず、体全体で回転します。

 

この介助方法を使えない利用者と注意点

まずこの介助方法を使う際の注意点は、そもそもこのような移乗方法を使われたことのない利用者にいきなり使用すると、「びっくり」させてしまいます。

 

足が硬直、拘縮している利用者、ひざが折れない利用者にこの方法は使えません。

手前に身体を引いた時に、足が折れないと、そのまま前にスライドしてしまい前傾姿勢が取れずベッドへの移乗が出来ません。

 

その他の身体介助【動画解説】

 ↓      ↓

www.shimazo3.com


www.shimazo3.com

 

www.shimazo3.com

今回の動画は【asada】さまからお借りしました。

 

この動画では、その他利用者の状況に合わせた8種類の移乗介助(トランスファー)が紹介されています。

 

 私のおすすめした移乗介助(トランスファー)は動画の「9分50秒」からです

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

 

もしあなたが、あなた自身が勤める介護施設に対して、

以下のようなことを思っている場合

  • 上司とうまが合わない、
  • 人間関係が悪い、うまくいっていない
  • 給料が安いので生活できない

などの職場環境の悪さを感じているなら、転職も視野に入れた活動のため転職エージェントに無料相談をお勧めします。

 

なぜなら、今の介護での人材に関しては売り手市場です。

 

介護職員が、いい条件の施設・事業所を選ぶことができます。いい条件とは給料だけでなく職場環境の良い施設を選択できるのです。

 

たとえば人間関係で悩むことが無い転職をするなら、新規オープンの施設に絞って転職活動もできます。

 

そのような条件を絞ってエージェントに転職先を依頼することも可能です。

 

転職エージェントの利用は相談だけでなく、転職先の紹介から全て介護職員の負担がありません。

 

私がおすすめする転職エージェントは・・・

 

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート しろくまナビの【ハートフル介護士】をお勧めします。

 

なぜなら、ブラック施設を紹介しない、ホワイト施設を紹介する転職エージェントだからです。

 

転職する際利用出来るエージェントのチェックポイント3つ

 

 しろくまナビの【ハートフル介護士】様に転職の際、重要なポイントを3つ挙げて、私が直接電話し確認しました。

 

【重要ポイント1】面接の同行について

 

しろくまナビさんによると、希望であれば、しっかりと面接同行し、サポートしていただけるとのことです。

 

【重要ポイント2】履歴者、職務経歴書について

 

担当者がしっかり確認するとのこと、なかなか書く機会がないのは承知しています。

一旦簡単に職務経歴書を書けば担当者が、しっかりしたフォーマットを作り文章の作成までしてくれます

 

【重要ポイント3】介護職未経験可か?

 

全くの未経験、無資格OKとのこと。

担当者によれば、介護の入り口である初任者研修を、無料で受講を支援してくれる施設を紹介できるそうです。

 

全く至れり尽くせりですね^^

 

なにせ、就職活動に転職エージェントを利用するのは全くのタダ無料なのです。


介護職へ転職を考えている方、クリックしても無料です、どうぞご覧ください。

↓      ↓

 【しろくま介護ナビ】介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート  target=

 

 ホワイト施設とは

 

介護業界にはいまだに、「残業が多い」「有給休暇がとりにくい」ブラックの職場環境が多い のが現状です。

 

しかし、私の経験では、わずかではあるがホワイトな施設つまり・・・

  • 残業がほとんどない。
  • 有給休暇はとりやすい。

このような職場環境の良い施設はあります。ただ個人では"なかなか見つけにくい"のです。

 

というのも、ホワイト施設は介護職員の離職が少なく定着率がいいのでなかなか求人が出ないのです。

 

しかし、しろくまナビの【ハートフル介護士】では、あなたの担当者が施設に頻繁に通い・・・

  • 職場の雰囲気
  • 有給休暇のとりやすさ
  • 残業の有無
  • 施設長の人柄

 

などの新鮮な情報を施設の担当者から得ている。

過去に紹介した人材から施設の現状などを聞き取っている。

 

その情報により、しろくまナビの【ハートフル介護士】では転職活動を失敗しないための職場環境の良い施設を紹介しています。

 

ぜひ、みなさんの転職活動では、【しろくま介護ナビ】ハートフル介護士を利用してホワイト施設を見つけてください。

 

 介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】  target=

 

さらに派遣という働き方に興味のある方こちらをどうぞ!

↓      ↓ 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。