介護士しまぞーブログ

介護に従事している方、転職を考えている方に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

私が使っている腰を痛めない移乗介助(トランスファー)方法を画像解説!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

 

今日は、車いすからベッドへの移乗介助で腰に負担をかけない特殊な移乗方法を解説します。

特殊ではありますが、しっかりとボディメカニクスを使用した理にかなったやり方です。

 

まずは、移乗介助の準備と間違った移乗介助を紹介します。
そして正しい移乗介助、最後に腰の負担のかからない、私がおすすめする移乗方法を紹介します。 

 

移乗介助(トランスファー)の注意と準備

 

ベッドに車椅子をつける際の角度は30度

 

f:id:shimazo3:20191019182348p:plain

 

車椅子のブレーキをかける

 

f:id:shimazo3:20191019182519p:plain

 

車椅子のフットレストを外す。(両側ともに)

 

f:id:shimazo3:20191019182627p:plain


移乗介助の際に、利用者の身体が車椅子の器具にぶつからないようにします。
動画では折りたたんでいますが、外せるなら外した方がいいです。

 

車椅子のアームレストも外す

 

f:id:shimazo3:20191019182758p:plain

アームレストを外す目的は、利用者の腕がアームレストにこすらないようするためです
アームレストと利用者の腕がこすれて、腕の皮がはがれる事故は多いです。

 

利用者のでん部を車椅子の前方に移動

 

f:id:shimazo3:20191019182932p:plain

 

移乗しやすいように、利用者のでん部を車椅子の前の方に移動させる。

 

利用者の足を少し前にずらす

 

f:id:shimazo3:20191019183738p:plain

 

利用者の足は、移乗後の位置に近づけておきます。足を前に移動させることで、安全な利用者の移乗がやりやすくなります。

 

特に麻痺者の移乗介助の際には重要です。過去の記事に麻痺者の移乗介助の方法があります。合わせてごらんください。

 

【関連記事】麻痺者の移乗介助↓

www.shimazo3.com

 

移乗させる際の介助者の足の位置は、利用者の足をロックし安定させる

 

f:id:shimazo3:20191019190130p:plain

 

ロックする方法は2パターンあります。

  • 片足ロックは、利用者の両足の間に介助者の片足を入れてロックする方法。

 

  • 両足ロックは、利用者の両足を介助者の両足の間に入ってロックする方法です。

 

私の経験では片足ロックは女性介護士に多いようです。

 

ちなみに私は両足ロックです。片足ロックの場合は、移乗の際に利用者と介助者の足が絡まる危険性があると思うからです。

 

✔ 間違った移乗介助を5つと、それに対する正しい移乗介助を紹介!

 

間違った移乗介助方法【パターン:①】の入れる方向

 

f:id:shimazo3:20191019192539p:plain
f:id:shimazo3:20191019192344p:plain

 

間違った移乗介助方法は介助者が利用者を車椅子からベッドに移譲する際に、上に持ち上げるやり方です。
介助者の腰に負担がくる、利用者にも負担が来ます。

 

正しい移乗介助方法【パターン:①】の入れる方向

 

f:id:shimazo3:20191019193325p:plain
f:id:shimazo3:20191019193445p:plain

 

間違った移乗方法では利用者を上に持ち上げていましたが、正しい移乗介助は利用者を手前に引く(引っ張る)感じです。この方法では腰の負担が少なくてすみます。

 

間違った移乗介助方法【パターン:②】3点支持で支える

 

f:id:shimazo3:20191019194629p:plain
f:id:shimazo3:20191019194540p:plain

 

利用者と介助者の身体が離れている(3点支持が取れていない)と介助者に余分な力が入り、バランスも悪くなります。

 

3点支持の利用者と介助者の身体を近づけるとは 

 

ボディメカニクスの原理である「利用者と介護職双方の重心を近づける」


つまり利用者・介護職それぞれの重心が近いほど移動がしやすくなります。また身体を密着させると余分な力がいりません

※3点支持とは、両腕と肩を密着させることによりバランスを安定させる。

 

正しい移乗介助方法【パターン:②】3点支持で支える

 

f:id:shimazo3:20191019194804p:plain
f:id:shimazo3:20191019194902p:plain

 

介助者は利用者を3点(両腕と肩を密着させて身体を支える)の支持で支えます。
そのことで、体のバランスがとりやすくなります。

 

正しい移乗介助方法【パターン:③】介助者の身体の負担のない力を入れる方向

 

f:id:shimazo3:20191019195842p:plain


ここは詳しく解説します


車椅子からベッドに移譲する際に利用者を前傾姿勢にすると、勝手にお尻がもちあがるのです。アームレストが外してあれば、自然と持ち上がった尻をそのままベッドに移乗介助できます

 

持ち上げる力は必要としないため介助者にとって腰の負担はなくなります。

 する

 

f:id:shimazo3:20191019201429p:plain
f:id:shimazo3:20191019201518p:plain

 

足の支持が取れない(力が入らない)利用者に対する方法です。
左側の写真はロックしていない、右側の写真は介助者の両足で利用者の足をロックし安定させています。

 

間違った移乗介助方法【パターン⑤】移乗の際介助者は両腕を利用者の背中で組まない

 

f:id:shimazo3:20191019202033p:plain

 

両腕を組むと移乗の際、介助者の腕の自由が無くバランスがとりずらく危険です。

 

正しい移乗介助方法【パターン⑤】移乗の際、介助者は両腕を利用者の背中で余裕持って支える

 

f:id:shimazo3:20191019202454p:plain

 

利用者の背中で腕を組まない

なるべく利用者の方を持ち上げないで、利用者の両脇に腕を入れて支えます。

 

私が使っている腰に負担の無い移乗介助(トランスファー)方法

 

f:id:shimazo3:20191019204045p:plain

 

①介助者のわきの下に利用者の頭を入れ頸部をロックする

②利用者のわきの下に腕を入れ込む

 

f:id:shimazo3:20191019204341p:plain
f:id:shimazo3:20191019204442p:plain

 

利用者を手前に引くこと、つまり介助者の重心が後ろになることで、利用者は前傾姿勢になります。その際に利用者のお尻が勝手に上がり、ベッドに移乗できる態勢が作られます。

 

介助者の脇の下から入れ込んだ左腕は、移乗の際、腕を手前に引く形で支えます。

 

介助者の姿勢は腰を落とさず、立ったままの状態で移乗できるので、腰に負担が全くない移乗方法です

 

f:id:shimazo3:20191019205330p:plain

 

f:id:shimazo3:20191019205646p:plain
f:id:shimazo3:20191019205526p:plain

 

介助者は、下半身全体で回転し利用者をベッドへ移乗します。腰をひねらず、体全体で回転します。

 

この介助方法を使えない利用者と注意点

まずこの介助方法を使う際の注意点は、そもそもこのような移乗方法を使われたことのない利用者にいきなり使用すると、「びっくり」させてしまいます。

 

足が硬直、拘縮している利用者、ひざが折れない利用者にこの方法は使えません。

手前に身体を引いた時に、足が折れないと、そのまま前にスライドしてしまい前傾姿勢が取れずベッドへの移乗が出来ません。

 

その他の身体介助【動画解説】

 ↓      ↓

www.shimazo3.com


www.shimazo3.com

 

www.shimazo3.com

今回の動画は【asada】さまからお借りしました。

 

この動画では、その他利用者の状況に合わせた8種類の移乗介助(トランスファー)が紹介されています。

 

 私のおすすめした移乗介助(トランスファー)は動画の「9分50秒」からです

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

 

もしあなたが、あなた自身が勤める介護施設に対して、

以下のようなことを思っている場合

  • 上司とうまが合わない、
  • 人間関係が悪い、うまくいっていない
  • 給料が安いので生活できない

などの職場環境の悪さを感じているなら、転職も視野に入れた活動のため転職エージェントに無料相談をお勧めします。

 

なぜなら、今の介護での人材に関しては売り手市場です。

 

介護職員が、いい条件の施設・事業所を選ぶことができます。いい条件とは給料だけでなく職場環境の良い施設を選択できるのです。


紹介料や登録料は一切かからないのが転職エージェントです。

 

では転職エージェントを使ったメリットを紹介します

 

あなたの希望内容に沿った内容から転職・就職先を探してもらえる

 

最初に転職エージェント会社の担当者と相談する際に、自分の希望条件を言う事によって、あなたに合った施設事業所を担当者が探して紹介します。

 

具体的な希望の給料条件にマッチする就職先を探してもらえる

 

これは介護職員にとっては一番重要なところですよね。自分で就職先を探す際はなかなか希望の給与条件を相手企業に伝えることに気が引けやすいと思います。

 

しかしその点転職エージェントの担当者は、分かっています。電話で最初に担当者からどの位の年収を希望しているのか確認されます。


もちろん無理な条件は難しいですが、実際私もエージェントを利用した転職で年収が一気に140万円上げることが出来ました。


具体的には、介護福祉士の資格を取得していて介護歴4年目くらいなら最低の年収希望は400万円と伝えても良いでしょう。(ただし首都圏です)

※最後に実際私が年収を140万円上げた記事を添付します

 

希望の勤務地にマッチした就職先を探してもらえる

 

  • 車通勤ならどのくらいの距離なら大丈夫ですか?

 

  • 電車通勤ならどこまで通勤できますか?


など担当者は、希望通りの通勤距離で施設、事業所を探します。

 

希望の業態、施設をを探してもらえる


デイサービスが希望、特別養護老人ホーム、グループホーム希望などです。


たとえば人間関係で悩むことが無い転職をするなら、新規オープンの施設に絞って転職活動もできます。


そのような条件を絞ってエージェントに転職先の依頼をすることも可能です。

 

転職エージェントの利用は相談だけでなく、就職が決まり転職しても

紹介手数料など、介護職員に金銭的な負担は一切ありません。

 

私がおすすめするのは大手転職エージェント【かいご畑】

 

全国展開している【かいご畑】は無資格、未経験者でも大歓迎


私がおすすめする【かいご畑】は、全くの介護職未経験でも利用できます。

 

もちろん、【かいご畑】は介護の仕事を紹介する転職エージェントでもありますが、派遣会社として紹介業もしています。

 

【かいご畑】を利用する5つのメリット


まず【かいご畑】のメリットは、上にあげた「転職エージェントのメリット」希望の「給料条件」、「勤務地」、「業態」を探すことは前提です。


更に私が直接かいご畑に連絡し面接の同行が可能か?など確認しました。

 

 私が直接電話で確認した、かいご畑の5つの特徴、メリット

①:無資格未経験者でも利用できる

②:担当者が面接に同行します

③:履歴者、職務経歴書の作成に相談に乗ってもらえる

④:短時間、残業なしの人気求人が見つかる

⑤:専任コーディネーターがしっかりサポート

 
それでは、転職エージェントに【かいご畑】を選ぶ5つのメリットを紹介します。

 

【かいご畑①】無資格未経験者でも利用できる!

 

未経験者には、【キャリアアップ応援支援制度】があります。入社後介護の初任者研修の資格を受講させてくれるのです。

初任者研修の費用は【かいご畑】さんが費用を負担してくれるので0円で資格が取得できちゃうのです。

 

【かいご畑②】は担当者が面接に同行します!

 

私の経験ではこれは重要です。なぜ重要かというと・・・

 

  • 面接30以上前に専任のコーディネーター(担当者】合流し、面談の心構えなど作戦を練ります。

 

  • 面接ではとても緊張します。面接中に返答が困ったときなど、助け舟(援護)を出してくれます。

 

【かいご畑③】は履歴者、職務経歴書の作成に相談に乗ってもらえる!

 

担当者があなたの履歴書、職務経歴書をしっかり確認するとのこと、なかなか書く機会がないのは承知しています。


一旦簡単に職務経歴書を書けば担当者が、しっかりしたフォーマットを作り文章の作成までしてくれます


無料で相談に乗ってもらいたいかたは、かいご畑のホームページを覗いてみてくださ い。
↓     ↓

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑

【かいご畑④】は短時間、残業なしの人気求人が見つかる!

 

かいご畑では、正社員、パートアルバイト、派遣社員のように希望の働き方を紹介することができます。自分の働ける希望の時間、希望の日数で働くことができあます。

例えばパートとして転職を考えているときに希望の勤務時間、曜日を紹介することができます。

 

【かいご畑⑤】は、専任コーディネーターがしっかりサポート!

 

面接のサポート、履歴書、職務経歴書のアドバイスがあり安心して面接にいどめます。

転職するかまだ具体的に決まっていない方など、相談だけでもOKです!

 

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑  target=

 

 かいご畑の評判、口コミ
(男性Aさん50歳、未経験での派遣の仕事)
コディネーターさんが、一生懸命中高年の私の年にあった職場を、探していただきました。今の職場は私と同年代も多く、喫煙所に集まり愚痴を言いながらも、コミュニケーションが取れて働きやすい職場です。

(男性Bさん30歳代、介護歴3年目)
かいご畑さんには、サイトで登録後すぐに連絡があり、希望の給料、勤務地から探していただきました。すぐに連絡が来て複数の勤務先を紹介していただきました。
来年は国家資格の介護福祉士を取得して、この仕事を人生の最後仕事として極めていきたいと思っています。

(女性Cさん40歳代、介護歴10年目)
働く時間が指定出来て、主婦にはとてもいい働き方が出来ている。
介護を始めたころは、正社員で働いていたが、子供が出来て、時短で働きたいと思い派遣社員と言う働き方を選びました。
今はパートで働いていて時給が高く、効率的な働き方が出来ていると思います。


 

  【かいご畑】

 target=

 

さらに派遣という働き方に興味がありましたらこちらからどうぞ!

 

紹介する派遣会社は【きらケア介護派遣】です。


いずれにしてもサイトを閲覧する、登録する際にお金はかかりません。ぜひ比較してください ↓

介護・福祉の派遣/求人情報なら【きらケア介護派遣】

www.shimazo3.com

  

 【私が年収を140万円上げた記事です】↓

www.shimazo3.com

 

  【介護転職関係まとめサイト】↓

www.shimazo3.com

 

  【介護転職関係まとめサイト】↓

www.shimazo3.com

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。