中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

今回は介護老人保健施設での経験を紹介します【パート①】

こんばんは(こんにちは)、特別養護老人ホーム介護福祉士です。

「今回は介護老人保健施設での経験を2回に渡り紹介します」 

     【パート①】

今回は小規模多機能居宅介護から転職した、介護老人保健施設老健】のお話しです。

この介護老人保健施設老健】での出来事はいい意味でも、悪い意味でも人間関係の厳しさと介護の楽しさを教えてくれた経験です。

まず、介護老人保健施設とは老健と略され、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)を受け入れています。介護保険法第8条第28項により定められた、厚生労働省が管轄するサービスです。

食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されるものの、提供されるのは自宅などに戻るためのリハビリが中心です。
特別養護老人ホーム(特養)と比較すると、同じ介護保険施設(3種類あり特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型施設)どちらも入居して介護サービスを受けることができる施設ですが、介護老人保健施設は在宅復帰を目指すための施設という性格が強く、一定期間(3か月毎に継続審査がある)で退去することが前提になっています。(ただし現状は、特養入所の待機施設の意味合いが強い)


私は老健介護福祉士を取得してから一念発起して居宅系(グループホームや小規模多機能)からの転職でした。
私が何故この老健を就職先に選んだかというと、介護福祉士の資格を取得し、更に自分のスキルを磨きたかったのです。そのスキルが、介護技術でした。

そしてその介護技術が出来ない介護福祉士として周りからのバッシングが凄い経験でした。

入職したら直ぐに、女性のリーダーが私に付いて教育されました。その方がとても厳しい女性だったのです。毎日、怒鳴られながら指導されました。指導係からはおむつの始末を見て「あなたのお父さんお母さんがこの様は介護をうけたらどう思うの!」でした。

フロアには私以外が閲覧できる教育ノートがあったらしいのですが、皆さん私の不出来を書いていたらしく、また上司も教育ノートで私の仕事の進捗状況を判断していました。

その為、私のフロアのフロア長(ナース)からは、私が「利用者とのコミュニケーションが好き」と言ったら「コミュニケーションなど10年早いわよ!」でした。

はっきり言って、老健は、介護=介護技術、出来なければ全否定、私の勤めた老健の介護職員も介護技術バカの様な方々が多かったのを思い出します。

コミュニケーションを批判する上司、皆さん考えられますか?です。(笑)
当時はまだ副フロア長の男性がとても人格者の方でした。しかし私が入職して直ぐに退職してしまったのです。そこからこのフロアの職員と、私の関係は悪化したと思います。(次についた副フロア長は女性でした)

しかも、毎日、日勤リーダーと言う名の雑用係を押し付けられました。【雑用と言うと怒られますが】従来型の施設なので50名のテーブル拭き、お茶配り70杯(2杯の方もいます)、エプロン配り、手の消毒、おしぼり配り、口腔ケアセット、等を1日5回任されていました。トイレ誘導だけは手伝ってもらいました。
ただ介護度が低い為、クリアーな方が多く、コミュニケーションが楽しかったです。
また利用者からも「一人で頑張ってる助けてあげて」言われたり、皆さんがほんとに私が困っている時に助けていただきました。
特に思い出深いのが私が帰るドアを開けるとき、フロアから20名ぐらいが「お疲れ様~」と手を振っていただいた時です。ほんと「やったな~!」と言う思いでした。

 

今日はここまでとします。また明日続きます宜しくお願いします。