介護士しまぞーブログ

介護に従事している方、転職を考えている方に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

必見!【麻痺者の移乗介助】ベッドから車椅子へ画像で解説

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

 

介護技術講座【麻痺者の移乗介助】ベッドから車椅子へ

 

お身体の【左側に麻痺がある利用者の、ベッドから車椅子への移乗介助】の方法を解説します。

 

車椅子の部品名称

f:id:shimazo3:20190411034713p:plain

ベッドと車椅子の付け方

 

車椅子とベッドの着ける位置の角度の目安は30度です。

  • 介助者は車椅子と利用者の真ん中に位置します。(黄色丸)
  • ご利用者様の右足が健足(健側青丸)、左足が患足(患側赤丸)です。
  • 準備として、フットレスト(両側)、アームレストで、はずぜるものは外してください。
  • 肌の弱い高齢者は、フットレスト、アームレストにこすっただけで剥離(皮むけ)を起こす重大事故になります。

 

f:id:shimazo3:20190411013606p:plain

 

ご利用者様の右足が健足(健側青丸)左足が患足(患側赤丸)です。

ポイント!

車椅子の着け方は、端坐位になっているご利用者様の健側の右足に、車椅子の左側を位置させます。健側、患側が逆ならば健側の左足に車椅子を着けます。

 

覚えやすいポイント!

健側に車椅子を着ける。
  

 

f:id:shimazo3:20190411011350p:plain

 

  • 利用者様の左足〇 (患側)を引く。
  • 利用者様の右足〇(健側)を前に出す。

ポイント!

車椅子の奥側に健側の右足を置く事によって、ご利用者様の健側の足を

軸に90度回転させます。

そうすると、車椅子の空いた空間(手前側)に患側の左足を置けます。

 


f:id:shimazo3:20190411022901p:plain

 

③介助者の立ち位置は、左足は車椅子のフットレスト手前側、

右足はご利用者様の左足の側。

④移乗介助する際、介助者の姿勢はしっかりと腰を落とす。腰痛予防になります。

⑤利用者様を抱える際は、利用者の両脇から手を入れ、背中を抱えます。

脇を持ち上げる介助は持ち上げた際、利用者様の肩を脱臼、骨折まで

行く危険があります。

     

 

f:id:shimazo3:20190411033344p:plain

 

【注】

利用者のお身体を車椅子にぶつけないように!

介助者とご利用者様の足が絡まないように!

最後は車椅子に、ご利用者様をゆっくりと載せます。

 

動画は私が介護技術を学んだサイトの日本福祉アカデミーさんです。

ぜひ動画を見ながら解説で確認してください。

 

 

 【関連記事:介護技術まとめ】

www.shimazo3.com

  

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。


もし転職するなら、転職エージェントの【かいご畑】がおすすめです。

 

私が実際に転職活動で転職エージェントを利用した時に、とても助かったのが面接同行収入がマッチする施設を探してくれたことでした。

  

 私が直接電話で確認した、かいご畑の6つの特徴、メリット

①:無資格未経験者でも利用できる

②:担当者が面接に同行します

③:履歴者、職務経歴書の作成に相談に乗ってもらえる

④:短時間、残業なしの人気求人が見つかる

⑤:専任コーディネーターがしっかりサポート

⑥:最初の段階で、希望の給与条件にマッチした就職先を探してもらえる

番外:面接後も収入アップの交渉が出来る施設・事業所あります。

 

 

私が更に詳しく直接電話でかいご畑に確認した「かいご畑のおすすめ理由」を下の記事で紹介しています。是非ご覧ください。

↓       ↓

www.shimazo3.com

 

直接【かいご畑】のサイトに行きたい方はこちらをどうぞ!

 

Amazonでの買い物はこちらからどうぞ!】 

 

Amazonオーディオ雑誌読み放題「ファイルウェブマガジンプレミアム」】

 

しまぞーのおすすめ書籍 

 

 

 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

よかったら読者登録、Bマークしてください。とても励みになります。. 

 

今日のサービスショット!