介護士しまぞーブログ

介護に従事している方、転職を考えている方に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

転職希望の方必見,介護の職業は「当日欠勤出来るのか?」について解説!

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士【しまぞー】です。

 

今日は介護士は「当日欠勤は出来るのか?」について解説します。

 

当日欠勤とは、出勤日にかぜや体調不良、親類がお亡くなりになり葬儀に出なければならず出勤当日に休む場合です。

 

まず「当日欠勤は出来るのか?」について回答からお話しすると、

 

「休めます」

 

間違いなく周りの、自分の担当のフロア、ユニットの仲間の職員に迷惑は掛かります。

 

また施設・事業所の規模にもよります。規模が大きければあなたが休んだ場合の代わりの職員を補完することの難易度は低くなるでしょう。


これから下の記事にて、介護の職場での当日欠勤出来るケースを紹介します

f:id:shimazo3:20191120211523p:plain

 

 

たとえば規模が大きい、私の施設特別養護老人ホームですが職員の数は40名を超えます。

これがグループホームでは職員の数は10名程度だと思います。そうなると人数の多い特別養護老人ホームの方が代わりの職員を補完するのが多少容易ではあります。

 

ただ夜勤の辛さもあります。私の経験からも、グループホームより特別養護老人ホームの方が夜勤中の仕事がハードなので、夜勤担当の無理な変更はできません。

 

施設では、夜勤時緊急時の対応や休憩回しの為の夜勤フリー(どこのユニットにも属さない補充要員)として勤務しています。その方が、欠員時の代替人員として欠勤したユニットを担当することになります。

 

特別養護老人ホームの当日欠勤シフト体制変更の難易度ランキング

 

欠勤による人員の変更の難易度が高い順にシフト体制を並べると

 

一位:夜勤

二位:早番

三位:遅番

四位:日勤です。

 

もちろん施設により違いはありますがおおよそこのような順番にはなると思います

 

では一位と二位のシフト変更の難易度の理由を解説します

 

一位の夜勤の欠勤の場合

 

一位の夜勤について何故シフト変更の難易度が高いか説明します。ロング夜勤ですと17時から翌朝9時までの16時間勤務です。ですので休まれると、2回分の労働時間の欠員補充をしなければならないからです。

そうすると、この長時間勤務を補完できる人員はとても限られてくるのです。

 

  • 朝に帰った夜勤者にもう一度夜勤をやってくれなどできません。

 

  • 早番で上がる職員をそのまま夜勤をやってくれなど言えません。

 

  • 翌日の早番にも夜勤を振ることも出来ません。

 

もちろんこれらのシフトの人員配置を組み直し、変更し対応することはあると思います。


【関連記事】↓

www.shimazo3.com

 

二位の早番の欠勤の場合

 

これも意外と厳しいのです。たいがい早番出勤者が休む場合、午前0時すぎて真夜中に体調不良が発覚する事が多いです。

 

そうなると代わりの早番を手配するには、真夜中に連絡取り合うことになり、リーダーは夜中に起こされ対処しなければなりません。

 

シフト変更をする担当はユニットリーダー

 

多くの施設では、シフト変更をするのは介護職員が所属するユニットのリーダーです。またリーダー不在時は主任クラスが変更を決めているでしょう。

 

ユニットリーダーが休みでも、私の経験では必ずユニットリーダーに電話して報告していますね。

 

ここから、私の勤める特別養護老人ホームでの当日出勤の対応、欠勤する場合貴方はどうすればいいのか?について解説します。

 

【関連記事】↓ 

www.shimazo3.com

 

当日欠勤をする理由別に考察

 

当日欠勤で認められるケースは、かぜを引いた場合とご家族が亡くなった場合です。

 

休む原因が【かぜ】を引いた場合


かぜで休む場合は、施設の担当ユニットに電話します。リーダーがいればその方に相談です。とにかく早く連絡です。早ければ早いだけ対応する時間があるからです。

 

かぜならば熱がある、寒気がするなどの症状が出ているはずです。すぐに連絡しましょう。

 

今どきのかぜ症状は、「インフルエンザ」を疑い直ぐに通院すべきです。

 

そしてあなたは病院が空いている時間に通院し、今の冬場の時期ならば、インフルエンザの検査をすべきでしょう。

 

インフルエンザならすぐに検査しその場で判明します。タミフルなどの薬も処方される場合もあるでしょう。

 

インフルエンザの施設での対応を解説しますと、インフルエンザの発生は介護施設にとってはとても対応が難しく大変です。

 

✔ インフルエンザの感染経路は飛沫感染、接触感染です。

 

施設内で入居者が発症した場合は、対象者は「完全居室隔離」です。最悪どんどん他の入居者にうつります。インフルエンザの疑いがある方も居室対応になるので、食事時はとても大変です。

お年寄りの身体は弱いのですウイルスなどが感染しやすく耐性が弱いのです。

 

施設で発生した場合は職員の誰かが施設内にインフルエンザウイルスを持ち込む、もしくは来所するご家族からの感染経路が大半だと思います。

 

つまり職員が自宅でインフルエンザを発生した場合、入居者、他の職員にうつる可能性があるため出勤させるわけにはいきません。

 

これから介護職へ転職する方には、特に冬場のかぜはインフルエンザの疑いがあるので、かぜの症状の辛さを我慢して出勤をしないようにしてください。

 

ぜひこれから介護職へ転職される方は体調管理には気をつけてください。

 

ご家族の葬儀で休む場合

 

私も経験ありますが、お年寄りが無くなる場合は夜間帯特に朝方が多い印象です。

 

ただ夜勤中なら途中で退社出来ないわけではありません。家族が亡くなるととてもやることがいっぱいあります。

 

当然夜勤中でもリーダーに連絡し出来る限り退社できるようにすべきです。

 

その他の当日欠勤の場合

 

介護職で24時間営業の老人施設です。これ以外で当日欠勤は許されないです。そういう仕事なのです。

 

「最初に休めるか?」の疑問に休めると回答したのは基本上記2点のみです。

 

ただし仕事でストレスにより精神的負担を感じているときはリーダーに相談し休むことも重要だと思います。ただし当日欠勤は避けるべきでしょう。

 

パートは休める職場

 

一番当日欠勤が多いのがパート職です。子どもの体調不良や園行事などの理由で休みを取りたいこともあるでしょう。

 

もちろんパートであれば、柔軟に対応しています。基本パートならば夜勤をすることはないので、介護職はその点に関して無理のない職業です。

 

急な休み、当日欠勤を取ったときのマナー

 

急な休みを取ったときは、次の出勤日に勤務先の上司や同僚に迷惑をかけたことに対して謝り、お礼を言いましょう。

 

職場への影響が少なくても、急に休んだことで迷惑をかけたことを伝れば、責任感を持って働いていることが伝わると思います。

 

さらに挨拶は、職員間での人間関係で大切な事だと思います。

 

※休んでいる期間は必ず毎日、施設リーダーに連絡しましょう。

 

連絡が無いと周りの職員が「〇〇さんはどうしたの?」など心配されるのはもちろんの事、逆にあらぬ疑いをかけられることが多いのです。

 

当日欠勤以外の休み希望休は?

 

私の経験では、介護職は有給休暇はとりやすい環境だと思います。またシフトの希望休も取りやすくその法人にもよりますが、月に2.3回は希望休を入れることができます。


もちろん希望休の偏りが無いようにしたいですね。シフト作成者のリーダーを困らせないようにしましょう。


ちなみにこれだけリーダーに責任を負わせても多くの施設ではリーダー手当てなど雀の涙程度なのです。

 

では今日は以上になります。

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

 

今回ご紹介する転職エージェントは【かいご畑】です

↓       ↓

www.shimazo3.com

直接【かいご畑】のサイトに行きたい方はこちらをどうぞ!
 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら読者登録・Bマークしてください。とても励みになります。

 

今日のサービスショット!