中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

年収300万円の介護士が結婚できる方法、大公開!年収年代別でみる

年収300万円の介護士が結婚できる方法、大公開!年収年代別でみる

この記事を書くにあたって、介護士の結婚に関する記事を見てみました。

 

いきなり衝撃的な記事を見つけました。

介護士男性が、未婚率が33.4%という記事です。女性介護士は10.8%が結婚していない、という記事です。一般社会での男性の未婚率が23%だそうです。

 

ちなみに、同じ職場で働く看護師は12.1%です。

医師は9.4%です。

つまり医師は90%以上生涯で結婚している。看護師は88%が結婚している。

介護士は男性が34%結婚していない、女性はわずか10%が結婚していない

という事になっています。

以外や女性介護士は人気なのですね。

 

f:id:shimazo3:20190430130941p:plain

 実務教育出版から『速攻の教育時事』(2020年度試験用)より引用しました。

 

 

 

f:id:shimazo3:20190416193857p:plain

 

年収別でみる介護士の結婚

 

介護士の未婚率が高いのは、私の印象でも大体同じです。確かに介護職員だから結婚ができないということも間違いではないようです。

 

ただそのようなサイトを最後まで読むと転職サイトが多いです。転職サイトで高収入を謳って「転職エージェントを使って高収入の施設に転職しましょう。そうすれば結婚できますよ」という宣伝広告です。

 

転職で収入が上がるから結婚できる確率は確かに上がるでしょうね。
また結婚相談所のサイトもありました。

 

今回は実際に介護士として働いてる、私の介護士の結婚に対する現実的な話をしていきたいと思います。

年収300万円で結婚できるのか?

 

私の年収は良かったら下のサイトをご覧ください。給料明細を写真で取って添付してあります。
業種による給料の違いも分かりますので、是非覗いてください。

www.shimazo3.com

 

最初に勤めたグループホームでは、年収が270万円ぐらいです。この年収で、家庭を持ち 家族を養っていけるか?と問われれば難しいと思います。

 

ただ、奥さんも常勤(正社員)で働いていて同じ年収があれば、生活は出来るし普通に家庭生活を築けると思います。

夫婦合わせて600万円あれば生活できるでしょう。

年収400万円、合計1000万円?

 

私は今年収413万円ですが、妻は年収580万円で、合計1000万円です。
この金額であれば、子供2人と奥さん合計4人いたとして、十分に子供を高校大学と進学させ、不自由なく教育を受けさせる事が出来ると思います。

 

しかし実際の話、今いくら貯金が出来てるかと言うとほとんどできてません。
私には子供はいませんが、外食などでお金を使ってしまっているからです。

 

50歳にもなると身体のあちこちに悪い所が出てきます。医療費も合わせれば、 お小遣いも含めて月に8万円は使っています。

 

私のケースではあまり参考にはなりません。
例えれば、私の弟は40歳で年収900万円です。子供が一人中学生です。 奥さんはパートで、接客をしています。

 

子供が 小さい頃には、毎年2.3回海外旅行に行ってました。 つまり900万円ぐらい年収があれば贅沢な生活はできるようです。

 

しかしその金額まで行くと、社会保険料を30%近く払ってると思います。年収が100万円くらい上がったところで、ほとんど手取り収入は変わりません。

 

年代別で見る介護士の結婚

 

少し話が逸れているので戻したいと思います。介護士は結婚出来るのか?

年代別で分けてみたいと思います。

20代の男性介護士の結婚


20代はまだそれほど結婚してる人は少ないと思います。
一般的にも男性の結婚率は20%未満で、それほど結婚を焦る必要はないようです。しかし私は介護の現場で働いていて、この20代での女性との出会いが、結婚成就に影響してくると思います。

20代での結婚は、以下のパターンがあります。

  • 大学時代のサークルで知り合ってそのまま付き合い結婚した。
  • 年上の同僚女性介護士が、若いツバメのイケメン男性介護士を捕獲した。

介護士でも、20代の若い男性は出会いはあるようです。

ちなみに私は大学生時代に今の妻と出会い、28歳の時に結婚しました。

30代の男性介護士の結婚

 

30代の介護士は、結婚に関して真っ二つに分かれます。結婚していない介護士は目立ちます。

ここが分岐点だと思います。30代の介護士ですと、リーダーもしくは主任クラスになってると思います。その様な方は、他の職員からの人望もあり、介護職員の中でも一般社会常識をそなわった方が多いです。

その多くの方は結婚をしていて、子供がいる家庭を持っています。

 

ただ30代で結婚していない方 は、女性にとって結婚相手としてして考えるにはひかえさせる問題を抱えている方多いです。

 

怒られるかもしれませんが 、具体的には以下の方は、結婚をしていないというイメージがあります。

  • パチンコや競馬などばくちが好きな方
  • 普段の服装がだらしない方
  • 30歳過ぎでも実家で親と生活されている方
  • 親の年金を当てにして生活している方

以上に当てはまる方は結婚はされてない方多いです。

 

実際子供のいる家庭を持つ介護士は、私生活で子供相手に下手な言葉使いが出来ません。生活の中でもだらしない部分は見せられないです。

 

つまり結婚している介護士の男性は、だらしないの反対、几帳面な方が多いです。 
独身や子供がいない家庭は、だらしない生活の方が多いのです。

40歳、50歳の男性介護士の結婚

 

40歳、50歳台の方の多くは、中途入職で既婚者の方は多いです。

逆に40歳台で介護職に転職して、介護施設で働いている方で職場結婚される方は見たことないです。

40歳台の介護施設で働いている女性の多くはパートです。

パートの女性は、ほとんどは既婚者です。

 

40歳、50歳台の男性職員にとって若い女性介護職員の場合は、自分の子供の年齢に近いです。

石田純一ではあるまいし、結婚相手には現実的に無理でしょう。

 

男性介護士の職場結婚

同じ職場での介護士どうしとの結婚は

 

ぶっちゃけちゃいますけど、女性介護士は、性格がきつい方多いです。

容姿も決して美人とは言えない方が多いです。

 

たまに、姉さん女房の介護士が、若い「ツバメを食べてしまう」みたいな事はあります。



介護職での収入の男女差は無いです。
私の特別養護老人ホームの女性介護士の年収は、男性と変わらず。400万円ほどいきます。

 

女性で年収400万円を貰える仕事は、意外と少ないと思います。

 

女性の職業で多いのは「一般事務仕事」や「コールセンター」を思い浮かべますが、それらの仕事では年収400万円は難しいでしょう。

 

介護士同士の結婚ならば年収は400万円、1世帯で800万円近くいくので、将来設計を立てる上で有利な結婚だと思います。

 

ただ、介護士同士の結婚はそれほど多い印象はないです。

実際の話、女性の介護士が男性の介護士と結婚しようと思ってないし、万が一結婚でもしようものなら周りから残念な印象を与えます。


私も介護職に入職する新卒の女性の方には、「男性介護士とは、苦労するから結婚するな」よく言ってます。

 

同じ職場で働くか看護師との結婚

 

介護士にとって看護師との結婚は、逆たまだと思います。

しかし残念ながら施設の看護師の女性は、既婚者がほとんどです。

正社員でも、パートでもです。

何故介護施設での看護師は既婚者が多いかというと、介護施設は新卒の看護師はいません。介護施設では看護師を教育すべき医師がいないからです。

 

通常新卒の看護師は、看護師の国家資格取得後、医療従事者として現場で学ぶため大きな総合病院を就職先として選びます。

介護士と看護師の結婚はありますが、施設で出会っての結婚は見たことないです。

 

 看護師が介護士と結婚するということはあまり多くないような気がします。

 

看護師は、介護士対して上から目線でプライドの高さを押し付けているかたもいます。もともと看護師は、医師を結婚相手に求めて働いてる方も多いみたいです。
それがいきなり高収入の医師から、低所得の介護士と結婚するのはまれなケースだと思います。

 

介護士だって、私生活でも上から目線の看護師と 結婚したくはないと思います。

 

確かに介護施設では男性介護士は看護師と一緒に働きます。はた目からは、同じ施設勤務出会うには良い環境と思われるかもしれません。

 

確かに収入の良い看護師との結婚は、とても良いと思います。
しかし私の介護歴で、なかなか 介護士と看護師の結婚が成就するというケースは、見たことありません。

 

最後に

 

 年収300万円でも結婚は出来ます。介護職でなくてもその位の年収の方、職種は多いです。

 

ただ、マイホームは持ちたいですよね。

しかし年収300万円程度では、住宅ローンを組むのは難しいと思います。

ただローンは夫婦の所有に出来ます。その場合は、二人の合算収入で住宅ローンを組めます。

 

出会いを求めて結婚願望もある女性も、結婚したら働きたくない方もいます。

そうなると後々喧嘩をした時に「貴方と結婚などしなければならなかった」という罵声をあびさせらえないように相手を選びましょう。

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

良かったら、読者登録・マークしてください。とても励みになります。