中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

中高年50歳の転職,介護は3K?資格,仕事内容は,向き不向き,就くメリットデメリットまとめて考察

こんにちは、特別養護老人ホームの介護福祉士です。 

 

今回は介護業態への転職‣就職を考えている方に向けて介護の仕事に関する情報、「資格」「向き不向き」「メリット・デメリット」

「3K 」「介護職へ転職する方法」について記事にしています。

 

f:id:shimazo3:20190403184646p:plain

 

介護職に就く為に資格は必要か?

 

基本必要ないです。無資格者(初任者研修受講していない)方でも、正社員に採用されるところも多いです。

 

ただ無資格で採用後、ほとんどの介護業態では入社後【初任者研修】を受講するよう指示されます。その際の費用は介護事業所、施設持ちとなるところが多いです。

 

資格取得に関しては、見学や面接等で確認してください。

 

介護の資格の過去記事です。参考までに!

 

介護の入り口【介護初任者研修】

↓      ↓
www.shimazo3.com

介護福祉士受験必須資格【実務者研修】

↓      ↓ 

www.shimazo3.com

介護歴3年で受験でき手当がつく国家資格【介護福祉士】

↓      ↓ 

www.shimazo3.com

認知症の資格ならこれ!【認知症実践者研修】

↓      ↓
www.shimazo3.com

 介護の医療的ケア 【喀痰吸引,経管栄養】

↓      ↓

www.shimazo3.com

 ケアプラン作成【ケアマネージャー】

↓      ↓
www.shimazo3.com

 

介護の業態にはどのようなものがあるのか?

 

介護の施設・事業所の種類と特徴が載った記事です。参考までに

kaigo.homes.co.jp

 

介護の職業とはどういった仕事なのか?

 

一言で言えば、お体の不自由な高齢者の身体介助、生活支援を行います。

そして三大身体介助と呼ばれる(排泄介助、食事介助、入浴介助)があります。

 

三大身体介助

 

排泄介助とは


おむつを交換する、トイレ誘導し介助する。

よく言われる介護の3K (汚い、きつい、危険)が伴う介助です。

介護の初任者研修、ハロワの研修などでは教えてくれない重要な仕事です。

 

食事介助とは

 

スプーン等で食事をするのをお手伝いする。(誤嚥の危険がる重要な介助です)

 

誤嚥(ごえん)とは、食物や唾液は、口腔から咽頭と食道を経て胃へ送り込まれます。

食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態を誤嚥(ごえん)と呼びます。

誤嚥は肺炎の原因ともなります。誤嚥性肺炎の事です。

 

誤嚥性肺炎は食物が気管に入り込むことによる食物が原因の肺炎と言うと少し違います。

口腔内の雑菌が食物と一緒に気管に入りその紛れ込んが雑菌により肺が炎症する病気です。

 

入浴介助とは

 

お風呂に入るのをお手伝いする。(更衣介助、体を洗う)

 

施設では機械浴のチェア浴、ストレッチャー浴、リフト浴、個浴の入浴方法に対して、ご入居者の身体状況に合わせてそれぞれの入浴方法を選びます。

 

高齢者の尊厳にかかわる介助です。

 

その他にも、口腔ケア介助、移乗介助、服薬介助等あります。

 

※入浴介助の記事です。特別養護老人ホームにはいろいろな入浴方法があります。
よかったらご覧ください。

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

生活支援

 

訪問介護では、買い物、掃除、食事作り、洗濯等です。

 

施設においても、掃除、洗濯はあります。私が勤める特別養護老人ホームでは掃除や洗濯は専門の業者が行っています。

 

あなたは介護に向いてるかチェック!

 

では介護職にはどのような人が向き不向きなのか?を紹介します。

 

介護職に【向いている方】

 

  • 排泄物を扱う事に抵抗が無い方。

 

  • 昔「おばあちゃんがとても好きだった」など、お年寄りのお世話に興味がある方。

 

  • サービス残業はほとんどない業態です、その様な条件があれば面接時、残業の有無を確認してください。

 

  • お年寄りのちょっとした変化に気づくことが出来る、注意力がある方。

 

  •  職員、入居者とのコミュニケーションが図れる方。

 

  • 動物が好きな方(動物が好きな方は根拠はないですが向いていると思います)

 

介護職にあまり【向いていない方】

 

  • 潔癖症(排泄物に抵抗がある方)

 

  • 他職種の職員と連携して介護を行っていきますので、協調性がない方は介護職に向いてないと思います。

 

  • 人とのコミュニケーションが嫌いな方、とは言っても苦手程度であればあまりコミュニケーションを必要としない業態もあります。

 

  • 前職がホワイトカラーの職業で30歳、40歳台でプライドが高いとまず持ちません。

 

  • デイサービスなら自立者が多くレクリエーション活動が盛んな為、コミュニケーションが必要になります。

 

  • 特別養護老人ホームでは介護度が高くコミュニケーションを取らなくても働けます。

しかし正直この様な職員と一緒に仕事をすると、こちらがストレスたまります。

 

介護職に就くメリット、デメリット

 

介護職に就くメリット

 

  • 誰でも仕事に就くことが出来ます。中卒、高卒、ヤンキー、元犯罪者等が就ける仕事です。

 

  • 特別養護老人ホームや介護老人保健施設などは、面接自体があまり履歴書を見ない、面接時の人物本位(印象)で採用を決める事務長や施設長が多いです。

 

昔気質の方が多く「よっし、やってみるか?」で決まってしまう事もあります。

一応本部には通しますが、採用に関しては、管理者が人事権を持ってます。

 

  • なかなか我々40歳台にもなると正社員採用を探すのが大変です。しかしこの介護の職業は正社員希望者にとっては、数少ない正社員採用になります。

 

  • 私が一番メリットとして挙げるのが、ネットで検索すれば近場の就職先の介護業態別にリストを上げることが出来ます。

 

  • 具体的にはグーグル検索で(特別養護老人ホーム)、(介護老人保健施設)と打って(一覧)と検索すれば、市町村別に施設リストが載ってます。更に新設オープン等も載っています。そこには連絡先もありますし、その施設名をされにグーグル検索すればホームページがあります。そこから連絡することが出来ます

 

  • 自転車、バイク、車通勤が出来るのが良いです。一般サラリーマンにある毎日、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車にのり痴漢に間違われる危険性が無い事が良いです。

 

  • 3か月程度で、身に付く介護技術を覚えてしまえば、介護ならどこでも通用する仕事です。いっちょ前です。

 

  • 年収は一気に上げることが可能です。実際私の経験ですが、一昨年の源泉徴収税額(年収)は300万円弱でしたが、今年は年収413万円でした。

 

一年で100万円増です。業態を変えたせいでもありますが、介護職は今処遇改善加算をめぐり大きく年収は変わってきています。


私の年収が140万円増えた記事です。良かったらどうぞ!

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

介護職に就くデメリット

 

  • 女の職場のあるあるがいっぱいです。派閥、かげぐち、ちくりなど毎日「わんさか」あります(笑)
  •  よく言われるのが、この仕事についてしまうともう他のホワイトカラーとは言わないまでも、多職種に移ることが難しい事です。それはあると思います。

 

介護の3K【汚い、きつい、危険】の仕事内容

 

3Kの【汚い】

 

毎日排便の処理を行う、おむつ交換などでは多少便が体についても臆せない精神ではないと務まらないです。

 

3Kの【きつい】

 

大人の体を持ち上げる、支える動作をしますその為力入ります。

介護職員で腰痛の方は多いです。

しかし小さな女性でも出来るように、介護技術にはボディメカニクスと言う「てこの原理」を利用した介助方法があります。

 

また夏の入浴介助は汗だらけで行います。

 

3Kの【危険】

 

多いのが職員が腰を痛める方が多いです、正直しっかりとしたボディメカニクスを使えばそのような事は無いです。また感染症などが多くその意味では危険です。

 

 介護の仕事の3Kの記事です。良かったらどうぞ!

↓      ↓

www.shimazo3.com

 

【中高年の介護への転職】その方法について解説

 

中高年の介護業態への転職の方法,ハローワーク経由


高年の介護業態への転職は多いです。 介護職に就く入り口としては、ハローワークで職業訓練からの就職です。かく言う私もハローパークで職業訓練を受けました。

 

ハローワークではなかなか自分の就きたい魅力的な仕事の求人があっても、その様な求人は希望者が多くなかなか職に就くのが難しいです。

 

そこでハローワークでは、中高年者には介護職を紹介されるケースが多いのです。

 

確かに他のブログでも記載していますが、介護職は正社員が約束された職業であります。

ハローワークに通う40歳台の転職者にとって正社員とはとても魅力的な言葉なのです。

 

逆に40歳台での転職において、介護職を考える必要が無い方は、転職活動でハローワークに行く必要が無いです。

つまり自分のスキルで転職する事が出来る方は利用しませんよね。


そういう意味では、介護職に就く40歳台のミドルは、今までのキャリアを捨てる、捨てざる負えない方々です。


※すみません、気分を害さないでください。私の経験を書いてます。

 

 ハロワークから介護職に就く方法

 

自己都合で前の会社を退社し、介護に興味があって失業保険を受給するなら、ハロワの職業訓練をお勧めします。

失業保険の自己都合退職なら、失業給付を受けるのに90日待機期間があります。

 

しかし介護の職業訓練を受ければ、待機期間は解雇同様7日間のみで失業給付を受けることが出来る裏技があります。

 

今は実務者研修の職業訓練もあります。就職後取るとなると、仕事をしながら研修を受けなければならないので、それを避けるいい方法です。

www.shimazo3.com

初任者研修は介護職の入り口の研修ですが、実務者研修は国家資格介護福祉士の受験資格の必須の研修です。

 

そして職業訓練を卒業すれば晴れて初任者研修や実務者研修の修了として、介護の資格持ちとして就職活動が出来ます。

 

そして介護の求人を探して就職活動します。

 

ネット以前は、新聞広告や電話帳で調べてた!

 

以前は就職活動をする際は新聞広告に求人広告があり、そこでめぼしい施設を探して連絡する方法を取っていました。しかし今は介護職を探す方法として私が一番お勧めするのは、ネットを使い転職先を探す方法です。

 

 一般的な就職活動はグーグル検索


例えば特別養護老人ホームのグーグル検索の場合、キーワードを打ち、スペースで空欄開けて、お住まいの市町村を打ち検索すれば、近場の施設がずらっと出て来ます。

 

気になる施設を見つけたら、その法人のホームページに必ず求人ページがあります。そこで条件等を確認し直接電話します。

 

条件(給与)や仕事内容は過去のブログに紹介していますが簡単に記載すると。

 

最初の1年目の給料は年収300万円程度です。この金額が我々家庭を持っている男性は厳しい金額になります。

 

4.5年経験し介護福祉士の資格を取ると年収はグーとアップします。私が勤める特別養護老人ホームで東京近郊なら、年収は400万円近くにはなります。

 

ここまで行けば、更に奥さんも働いて年収が合計800万円になれば、生活はしていけますよね。

 

この辺が介護職に就いた場合のビジョンにはなると思います。

 

面接編はこちらからどうぞ!

↓      ↓

 

 

最後に介護に転職・就職を考えている介護職の方へむけて・・・

転職したくなったらまず、エージェントに無料相談しましょう。

 

もしあなたが、あなた自身が勤める介護施設に対して、

以下のようなことを思っている場合

  • 上司とうまが合わない、
  • 人間関係が悪い、うまくいっていない
  • 給料が安いので生活できない

などの職場環境の悪さを感じているなら、転職も視野に入れた活動のため転職エージェントに無料相談をお勧めします。

 

なぜなら、今の介護での人材に関しては売り手市場です。

 

介護職員が、いい条件の施設・事業所を選ぶことができます。いい条件とは給料だけでなく職場環境の良い施設を選択できるのです。

 

たとえば人間関係で悩むことが無い転職をするなら、新規オープンの施設に絞って転職活動もできます。

 

そのような条件を絞ってエージェントに転職先を依頼することも可能です。

 

転職エージェントの利用は相談だけでなく、転職先の紹介から全て介護職員の負担がありません。

 

私がおすすめする転職エージェントは・・・

 

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート しろくまナビの【ハートフル介護士】をお勧めします。

 

なぜなら、ブラック施設を紹介しない、ホワイト施設を紹介する転職エージェントだからです。

 

転職する際利用出来るエージェントのチェックポイント3つ

 

 しろくまナビの【ハートフル介護士】様に転職の際、重要なポイントを3つ挙げて、私が直接電話して確認しました。

 

【重要ポイント1】面接の同行について

 

しろくまナビさんによると、希望であれば、しっかりと面接同行し、サポートしていただけるとのことです。

 

【重要ポイント2】履歴者、職務経歴書について

 

担当者がしっかり確認するとのこと、なかなか書く機会がないのは承知しています。

一旦簡単に職務経歴書を書けば担当者が、しっかりしたフォーマットを作り文章の作成までしてくれます

 

【重要ポイント3】介護職未経験可か?

 

全くの未経験、無資格OKとのこと。

担当者によれば、介護の入り口である初任者研修を、無料で受講を支援してくれる施設を紹介できるそうです。

 

全く至れり尽くせりですね^^

 

なにせ、就職活動に転職エージェントを利用するのは全くのタダ無料なのです。


介護職へ転職を考えている方、クリックしても無料です、どうぞご覧ください。

↓      ↓

 【しろくま介護ナビ】介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート  target=

 

 ホワイト施設とは

 

介護業界にはいまだに、「残業が多い」「有給休暇がとりにくい」ブラックの職場環境が多い のが現状です。

 

しかし、私の経験では、わずかではあるがホワイトな施設つまり・・・

  • 残業がほとんどない。
  • 有給休暇はとりやすい。

このような職場環境の良い施設はあります。ただ個人では"なかなか見つけにくい"のです。

 

というのも、ホワイト施設は介護職員の離職が少なく定着率がいいのでなかなか求人が出ないのです。

 

しかし、しろくまナビの【ハートフル介護士】では、あなたの担当者が施設に頻繁に通い・・・

  • 職場の雰囲気
  • 有給休暇のとりやすさ
  • 残業の有無
  • 施設長の人柄

 

などの新鮮な情報を施設の担当者から得ている。

過去に紹介した人材から施設の現状などを聞き取っている。

 

その情報により、しろくまナビの【ハートフル介護士】では転職活動を失敗しないための職場環境の良い施設を紹介しています。

 

ぜひ、みなさんの転職活動では、【しろくま介護ナビ】ハートフル介護士を利用してホワイト施設を見つけてください。

 

 介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】  target=

 

さらに派遣という働き方に興味のある方こちらをどうぞ!

↓      ↓ 

 

 

今日はブログを読んでいただきありがとうございます。また宜しくお願いします。

よかったら読者登録、Bマークしてください。とても励みになります。

 

今日のワンショット!