中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

今回のお題は介護職員10年勤務8万円支給内容を紹介します。

特別養護老人ホームの介護福祉士です

今回のお題は介護職員10年勤務8万円支給内容を紹介します」

「今回のお題は介護職員10年勤務8万円支給内容を紹介します」

私が回答したヤフー知恵袋の質問と回答をご紹介します

 

【質問】

介護職員の給料upについての質問です。某社会福祉法人の相談員の職種に就いています。介護福祉士とは、兼務で実際は相談員の仕事をしていますが、そのような場合でも、国の政策で、相談員も給料上がるのかと思い質問させていただきました。

 

 【回答】

今年の秋の消費税導入に対する介護職10年勤務8万円支給の話でしょうか?まず今までの処遇改善加算は介護職員が対象でしたよね。つまり貴殿が今までに介護職を兼務して改善加算を貰っていて10年勤務(同施設、事業所)なら間違いなく支給対象にはなると思います。要は介護職を兼務なら貴殿の施設、事業所次第なのです。

まずこの話が閣議決定されたのはおととしです。ただ予算が1000億円も使う割には対象者が少ないという事で、問題にはなってました。

政府は一昨年、2019年10月に予定される消費税増税分の使い道として、勤続年数10年以上の介護福祉士に月額平均8万円相当の処遇改善を行うことを含む「新しい経済政策パッケージ」を閣議決定しました。公費1,000億円を投じます。職員のキャリアアップを評価することで、定着率の低い職業である介護事業所、施設の介護現場での人材の定着を目指す考えです。

政府はこれまで、介護人材確保のため介護職員の処遇改善加算として、3万7千円の処遇改善を行っています。、2017年度予算では介護職員の経験等を評価する処遇改善加算を新設し、月平均1万円相当の処遇改善を行っています。更に消費税率引き上げ後の2019年10月以降に、3万7千円にさらに上乗せする形(今までの処遇改善加算の上乗せ)で、総額1,000億円程度の処遇改善を行うこととしました。

新たな処遇改善については、介護人材確保の取り組みをより一層進める観点から、特に経験・技能のある職員に重点的に配分する考え。具体的には、勤続年数10年以上の介護福祉士に月額8万円相当の処遇改善を行うことを算定根拠としている。

処遇改善の対象は介護福祉士だけではなく、他の介護職員の処遇改善にも充てられるよう柔軟な運用を認めることを前提としてすすめる考えだ。

また、財源については、交付金ではなく介護報酬の中で今後調整していく。この場合、公費1,000億円に加え、保険料財源1,000億円が必要になるため、保険料負担が増すことになります。

 

そして昨年の12月に厚生労働省でこの件に関して会議がありました。内容としてはまず支給対象者は、

①10年同施設、事業所で勤務している介護福祉士に8万円支給です

②10年勤務の(転職OK)介護福祉士。

③介護福祉士

④その他の職種、ケアマネージャー、看護師、リハビリ、相談員上から優先的に支給されるようです。

 

介護福祉士の人数は150万人です。予算は1000億円なので一人当たり6万円程度です。なので10年勤務だけ対象だと予算は余ります。その為上記の様な支給方法になるでしょう。

今年の秋の消費税導入に対する介護職10年勤務8万円支給の話でしょうか?まず今までの処遇改善加算は介護職員が対象でしたよね。つまり貴殿が今までに介護職を兼務して改善加算を貰っていて10年勤務(同施設、事業所)なら間違いなく支給対象にはなると思います。要は介護職を兼務なら貴殿の施設、事業所次第なのです。まずこの話が閣議決定されたのは一昨年です。

閣議決定された当初は「同じ事業所、施設で勤続10年の介護福祉士に8万円支給でした。

ただ予算が1000億円も使う割には対象者が少ないという事で、問題にはなってました。

 今日はありがとうございました、また明日よろしくお願いいたします。