中高年50歳からの楽しい介護職

介護に転職を考えている中高年に向けて、介護の仕事内容やお役立ち情報を紹介させて頂きます。

今回のお題は「まだ間に合う国家資格介護福祉士試験まで残り11日からの必勝法」

こんばんは(こんにちは)、始めまして特別養護老人ホーム介護福祉士です。

 

一発目のお題は「まだ間に合う介護福祉士試験まで残り11日からの必勝法」です。

第31回試験の試験日は平成31年1月27日(日曜日)です。
後試験日まで残り11日となりました。そこで今回は今まで試験勉強していないけど、試験を突破し合格すにはどの様な勉強方法をするべきか詳しく記載します。

勉強方法としては、過去問、模擬問題、参考書などがあります。ではこの中からどのような勉強方法をすべきか?それは過去問題を徹底的にやるべきです。

問題と言うのは中央法規の過去3年分です。勉強は2~3時間程度(最初は時間がかかるので)慣れてきたら早くなります

過去問題集125問中100問位以上出来るようになればOKです。ただ注意しなければならないのは、回答と正解番号を覚えてしまう事です。正解だろうが、不正解だろうがしっかりと問題に対して、何故正解なのか不正解なのか理解し問題の解説がありますので毎回読んでください。

そうすれば、問題は125問の×3年分で正解は375問。それに不正解の内容も理解すれば5択なので、1875問の問題の理解が出来るという事です。
模擬問題はお金をかけてもいいなら、試験前直前に試しに行っても良いとは思います
何故私が模擬問題を軽視するかと言うと、模擬問題は私でも作れるし、作成者の癖が必ず出ます。その点過去問は試験元の社会福祉振興・試験センターの問題の傾向が分かります。
この介護福祉士の国家資格を取得する試験内容はとても範囲が狭いです。同じ問題は殆どありませんが、似たような問題は多数あります。
更に試験問題125問中77問できれば合格です。48問も間違えても大丈夫なのです。全く勉強しなくても合格する方多数います。

私は3年前取得しましたが、試しに昨年の試験問題を勉強せずに解いてみたら87問正解です。要は日々介護の仕事を携わっていれば半分は取れる試験内容です。また昨年の試験の傾向に回答が「ウナギの蒲焼は土用の丑の日とあり介護士をバカにするような一般社会常識問題がありました。

ただ確かに試験に落ちる方もいます、私は思うに勉強方法の仕方が間違っていたと思います。任天堂のゲーム機にある模擬問題で勉強し落ちた方もいました。

 

これからもブログで発信していきますので宜しくお願いします。